スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
テスト
2016 / 01 / 13 ( Wed )
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| page top↑
卒園式
2012 / 03 / 16 ( Fri )
3月16日、とてもいいお天気の中、俊太はめでたく幼稚園を卒園しました。

本当に一瞬の出来事のように過ぎ去った3年間。

行事や出来事が多いと、時間の経つのは早いもんですよね。

年長さんは本当にしっかりとしています。

もうすぐ一年生ですからね~、当然なのかも知れませんが、練習に練習を重ねた卒園式はとても立派なもので、ママも感動しました。

6歳ってもう幼児ではないんですね~。

学童期に入るわけですから、それなりに学習出来る年齢に達したということなのでしょう。

宇宙人だった3歳児とはわけが違います。

これからはいよいよ義務教育の始まりです。

勉強の世界へようこそ~という感じですが、落ちこぼれることなく、学ぶ楽しさを大事にして、よく遊び、よく学んで欲しいと思います。


幼稚園での3年間、運動会やリズム会、その他たくさんの行事や発表で、俊太が一生懸命頑張っていた姿をママは一生忘れることはありません。

最後の先生からのメッセージにも「何事にも最後まで丁寧に一生懸命頑張ることが出来る俊太クン。それは素晴らしいことです。」と書いてくれていました。


先生にとっては、多分、地味で目立つ子供ではなかったと思うけれど、俊太の性格を良く知ってくれていたと思うと、嬉しい気持ちでいっぱいです。

俊太にも、幼稚園での思い出を大事にして、小学校でも一生懸命頑張って欲しいと思います。

卒園、おめでとう
3年間、良く頑張りました

shunta120316_1.jpg

shunta120316_2.jpg
トラックバック(0) | page top↑
俊太☆6歳
2012 / 03 / 14 ( Wed )
3月9日、サンキューの日は俊太の日
めでたく6歳の誕生日を迎えることが出来ました。

あの大震災で命を亡くした子供達もたくさんいたわけで、こうして家族で子供の誕生日をお祝い出来るという事は当たり前のようで、奇跡的なことでもあります。

これからも一日一日を大切にすくすくと成長していく姿を見守っていきたいと思います。


さて、3/9は幼稚園での3月生まれの誕生日会がありました。
ドンピシャの日に最後の誕生日会をしてもらえる俊太ってやっぱりラッキーボーイだわ~

先生手作りのお誕生日カードには114cm、20kgと書いてありました。
「何事にも最後までしっかり頑張れる俊太クン」というメッセージがありまして、まさしく俊太を良くとらえてくれていると思います。

卒園を前にして、担任の先生の当たりはずれを論じるのはいささか不謹慎ですが、年少からの3年間、ママは正直この年長の先生が一番好きです。

仕事だからとか関係なく、心から子供が好きそうだし、いつも笑顔だし、感情的に怒ったりするタイプじゃないし、何よりも連絡帳などに書かれるコメントに心がこもっていて、良く子供を見てくれているのが伝わったからです。

大体、どの子供にもワンパターンな文章を書く先生も多い中、年長の先生はとても丁寧に気持ちを込めて、子供に特化したコメントを書こうと努力してくれているのがわかりました。

保護者が言うのも何ですが、こういう先生は本当に適職だと思います。
お別れするのが寂しいですね~

そんな先生とのお誕生日会でのツーショット
shunta120310_1.jpg

パパとママの結婚記念日はいつも俊太の誕生日に影を潜めるのですが、これまた3/6ですので、こちらのお祝いも兼ねまして、難波のお店にご飯を食べに行きました~

shunta120310_2.jpg  shunta120310_3.jpg

決してママが手を抜いたわけでなく、次の日はこれまた家で軽くパーティです。
shunta120310_4.jpg

三日も連続でお祝いするなんて、バカ家族かも知れませんが、金土日というウィークエンドでもありましたので、こんなことになりました~

俊太が今ドハマリしているポケモン
身内の皆様から頂いたお陰で、こんなに賑やかなポケモンワールドになってます
一体全体、何がこんなに楽しいのかわかりませんが、ポケモン命の俊太です
shunta120310_5.jpg


卒園式はもう目の前。

俊太の幼稚園の制服姿はもう見ることが出来ません。

そして一人息子の我が家ですから、母親の私も、もう幼稚園に足を踏み入れることもなさそうです。

あっという間の3年間。

色々あったけど、赤ちゃん上がりだった俊太がしっかりと成長を遂げた3年間。

思い出ぎっしりの幼稚園生活ももう終わりです。

何だか、寂しいなぁ

3月16日、ママはきっと号泣するぞ
トラックバック(1) | page top↑
カウントダウン
2012 / 02 / 28 ( Tue )
最近、何故かとっても忙しい気がします。
卒園を間近に控えて、何だかんだと幼稚園の用事も盛りだくさん

今年は学級委員だし、卒園の記念品などを考えてみたり、気ぜわしいです。

まずは俊太のこままわし大会

冬休みから連日練習を重ね、クラス代表の座を狙っていた俊太ですが、残念ながら負けてしまいました。
俊太は自分がライバルだと思っていた2人とはいい勝負をしたようですが、全然予測していなかった友達が代表の座を射止めたので、ショッキングだったようです。

毎日、みんなとコマ勝負をしていたので、大体、誰が強いかを把握していて、「あの2人に勝てたら、優勝出来る!」なんて分析していたのに、そんなコマ勝負の遊びにはあまり参加していなかった少年が、さらっと優勝をかっさらうのだから、実力の世界って残酷ですな

しかも俊太が言うには「コマも忘れたくせに~」と、代表の座を射止めた彼は、本番当日にコマを忘れてきたってんだから、本当に不条理なもんです。

更に、みんなブルーシートの上で回していたのに、ラッキーな事に彼のコマだけツルツルの床の上で回ってたんだから、これまたラッキーボーイとはいるもんですな

まぁ俊太はとにかくその2点が不満だったようで、「残念だった…」と布団で泣きながら眠りにつきました。

先生が「俊太くんが一番熱心に練習してました」とお褒めの言葉は頂きましたが、頑張れば報われるというシンプルな構図は世の中なかなか成り立たないわけで、頑張っても上には上がいる…という事をコマから学ぶなんて、お茶目じゃないですかぁ

そして、卒園遠足
神戸の何だか忘れましたが、青少年なんとかのプラネタリウムを見に行って、さぞかし楽しかったようで、大喜びで帰ってきました
最後の思い出、楽しめて良かったね

そして、そして、年長のサッカー大会
これはサッカー教室とは関係なくて、年長児が全員やるサッカーのことです。
クラス対抗、男子はクラス各2チーム、全12チームでのトーナメントです。
俊太のクラスは2チームとも準決勝まで進んだのですが、どちらも負けてしまい、3位決定戦を同じクラス同志でやって、俊太チームは4位でした

惜しくも賞状に届かずですが、勿論、俊太の活躍は全くなくて、2年間もサッカーを習わせたのに、一般園児と何ら変わることなく、ママも特に言葉はありません。

家に帰ってから、最初は「頑張ったね」なんて心にもない事を口にしていたのですが、段々イライラしてしまい、「ママはさ、1回でいいから俊太がシュートするところ見たいよ。ゴールしなくてもいいけど、せめてシュートするとこだけでも見たいよ。2年間もやったんだよ、一度も見てないよ。」
と思いをぶつけてしまいました。

子育てバイブルに従えば、こういうことは良くないのかも知れません。

けれど、ママも人間ですから、一度くらい、息子の晴れ姿とは言わないまでも、「シュートシーン」ぐらい見たいのは当然です。
だって習わせたのはサッカーですよ
陸上ではない…

一度もシュートするところを見れぬまま、サッカーとお別れなんて、情けなすぎる~

しかし、ママの言葉を聞いた俊太は「無理なものは無理なんだ~!!」と号泣して、家中を暴れ倒していました。
ドアをドーンと閉めたり、「俊太がいなくなったらいいんだよね」と言って、カーテンにくるまったり、ママへの苛立ちをどこへぶつけたらいいのか、とにかく走り回って、泣いていました。

まぁ、言われなくても自分が一番わかっているんだろうと思います。

頭でわかっていても、体が反応しない、反応が遅い、これはもう運動神経と呼ばれるものですから、確かにね、難しいです。
「どうやったらシュート出来るかわからない。やりたいけど、出来ない。」そうつぶやく俊太。

しゃあないね、頑張っても出来ないんだもんね

でも、サッカー教室もあと4回。
まぐれでも、誰かの流れ弾でもいいから、偶然に「足」に当たって、シュートになってくれないかなぁと悪あがきをしてしまうママです。
トラックバック(3) | page top↑
スモウマンの作品展
2012 / 02 / 04 ( Sat )
今年もやってきました作品展
作品展に向けて、フルパワーで作業に取り組んでいた俊太ですが、インフルエンザの猛威でクラスは10人近いお休みが続出、そして学級閉鎖になってしまい、間に合うのでしょうか?と思いましたが、きっちり間に合いました~

運動神経は鈍いけど、手先は器用な俊太ですから、こういうのはママも非常に期待を持ってしまいますね~

もうまどろっこしい説明は抜きにして、親ばかフルパワーでじゃんじゃん載せちゃいましょ

出ました、俊太の大作『スモウマン』 裸ん坊のおすもうさんが力強い感じで、指1本ずつが全開しております。
shunta120204_1.jpg
こちらは『14ひきのピクニック』 きっちり14匹を描きました~
shunta120204_2.jpg
こちらは『幼稚園のお山』 葉っぱ一つ一つに全て筋を描いたところが几帳面の彼らしいです
shunta120204_3.jpg
紙粘土で作った自画像です。こんがり焼けて日焼けサロンに通った坊主みたいになってます
shunta120204_4.jpg
お船に乗った俊太
shunta120204_5.jpg
ペットボトルで作ったお船です。乗っている人が後方へひっくり返った感じが笑えます
shunta120204_6.jpg

子供の作る作品は素敵ですね~
技術じゃなくて、心で描くから素敵なんでしょうなぁ

3年かけて、「人間を描けるようになる」、素晴らしい成長でした

正門の前での記念撮影。3年間、確かに大きくなったばい
<年少>           <年中>          <年長>
shunta120204_9.jpg shunta120204_8.jpg shunta120204_7.jpg


トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。