スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
悩み事
2007 / 08 / 03 ( Fri )
8月に突入1歳を過ぎてからというもの、時間が経つのがとても早く感じます。この分だとあっという間に2歳の誕生日を迎えそうな勢い…マジですよ
今日は朝からマンションのお友達アイリちゃんと一緒に公園に行こうとエントランスで待っていると、ポツポツと雨の音が!台風が近付いていて曇っている上に風が強く、天候的には最悪だけど、外遊びを監視する保護者にとってはこの上ない絶好のコンディションというわけで是非とも行きたかったのに、残念ながら雨天中止です お砂場セットを握りしめたアイリちゃんはかなり残念そう
このままアイリちゃんの家で遊ぶことにしました。お昼ご飯まで食べさせてもらって感謝感激です。お友達のママさんに作ってもらったご飯もぺろっと平らげるところは、俊太、お見事。が、さすがにお代わりまでは言えませんねっ!2歳になったばかりのアイリちゃんは本当におしゃべりが上手。お片づけも完璧に出来るし、ご飯も一人でちゃんと食べられるし、小さなぶどうまで自分で皮を出してちゃんと食べられるんです
ママ、比べちゃいけない、と頭で思いつつも、抑えられないこの衝動。アイリちゃんを見た後に俊太を見ると、何といいましょうか、確かに「赤ちゃんあがり」って感じなわけです。確かに月齢の差はあるけれど、とはいえ一応同級生になるわけで、俊太は全てにおいてあまりにスローリーなので、ママは最近特にもどかしく感じてしまうのです。
ママの最近の悩みは、スプーンですくえない(だから一人で全然食べれない)、コップで飲めない、単語を発しない、ご飯の時にテーブルに足をのせる、歯磨きをすると死にものぐるいで抵抗してくる、オムツ替えを嫌がる、とにかく泣き虫…等、ホントきりがなく、もう俊太の一部始終が全部悩みだって思ってしまう時があるのです。そして真の悩みはこれらの原因が自分にあるのでは?と育児の仕方に自信が持てないことなのです。
本当に俊太自身のペースでゆっくり成長しているなら、それはそれでいいと受け止められるのですが、もしやママの接し方や育て方に問題があって、なかなか出来るようにならないのかしら、と思ったりもするわけです。ママさんの中にも色々なタイプがいて、かなり放任主義の人もいるし、心配症な人もいるし、それぞれ独自の育児法があるのでしょうが、ママはもしかすると、ちょっと過保護気味なのかなぁと思ったりします。でも、過保護にしようと思ってしているのかと言われると、俊太がベタベタしてくる子供だから、それに応じているうちに自然となってしまったわけで、もっと放置すべきなのかと言われると、泣き声が大きくなる一方で、これを無視すると子供の気持ちを邪険にして逆に変な方向に行くんじゃないか…、とにかく正解が分からぬまま、悩んでばかりいます。まぁ言い訳でもないんだけど、何でも早く出来る子供ってお母さん次第っていうより、もって生まれた本質的なものが作用している気もするんだけど。でも育て方っていうのは確かにあるしなぁ。
とにかく毎日、育児に追われつつも、色々と悩み巡らし、これといった解決策もないまま、俊太を見守る日々が続いているわけです。もう、ママもどうしたらいいのだ~って分けが分からなくなる時も多々あり、石切参道の占いにでも行こうかしら~なんて思ったり思わなかったり…。
ただ、ご飯だけは良く食べ、歩くようになっても体は一向に締まらず、相変わらずポチャポチャした肉付きは、ママが何を教えたわけでもなく、俊太の持って生まれた旺盛な食欲によってなし得たものなので、やっぱ人それぞれの個性とかペースなのかなぁと俊太の体を眺めています
あ~、結局、育児って難しくてわかりませ~ん。本当にこれでいいのかと悩んでいる間に歳月は勝手に流れ、気が付けば俊太も親から巣立って行くのでしょう そして大人になった俊太を見て、「子育て間違ったんかな~?」とパパと二人でヒソヒソと語り合ったりしている20年後が何となく想像出来て怖いです。

帽子かぶって公園行ってきます!
shunta070803.jpg

雨だから行けなかった…
スポンサーサイト
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。