スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
異変
2007 / 09 / 13 ( Thu )
昨日、ちょっと面白い事がありました。連日の終電帰りで疲労困憊のパパが珍しく夕方の4時頃に早引けしてくるというので、散歩を兼ねて俊太と一緒に駅まで迎えに行きました(車で迎えに行ったれよって?)。俊太がノロノロと歩いていると、向こうからパパが歩いてきます。きっと俊太は喜ぶだろうなぁと思ったら、ところがどっこい、パパを見つけるなり、ウギャーと爆泣き ママにしがみついて、怖がっています。これって何でしょうか?パパのスーツ姿を外で見るのが初めてで何となく怖かったのか、こんな真っ昼間に歩いているのはパパのはずがないと別人と思っているのか、とにかくミステリーで軽くパニック状態の俊太でした。でも家に戻ってきたら、いつものようにパパに向かって笑いかけてご機嫌さん子供の心は良く分かりませんな!
今日はまたまた支援センターに行って来ました。俊太はかなりここが気に入っているし、ママも誰かしら知り合いがいるので、とても居心地がいいのです。今日も外で足けり乗用車に乗ったり、シャボン玉をしたり、ノリノリで歌遊びをしたり楽しそうでした。そして、最近の俊太はアンパンマンの真似が出来るようになったのです。ホッペタに手をやって、「マンマンマン(アンパンマンのこと)」と言います。俊太のホッペタは既にアンパンマンだから、拳なんて不要なんだけど、一応教わった通りマスターしてくれました。でもまだまだ食パンマンやらカレーパンマンやらバイキンマンやらキャラクターは途方もない数がいるので、覚えるのは一苦労です
それともう一つ、プチ嬉しいことが 遊び終わって帰る準備をしていると、下駄箱で俊太が自分の靴をちゃんと見つけて履く真似をしていました。たくさんある靴の中からちゃんと自分のものを見つけられて、しかも履いてるなんて、ママ感動です(履いてないけど真似してた)
カメのようなゆっくりな歩みだけど、俊太も確実に成長を遂げているなぁ。
当たり前だけど、それが妙に嬉しいのです
shunta070913.jpg

| page top↑
じぃじばぁば、あそぼ!
2007 / 09 / 07 ( Fri )
今日はいつもの子育て支援センターで敬老の日のイベントとして「じぃじばぁば、あそぼ!」の会が行われました
単純にジジババと孫が一緒に遊びましょうというものです。俊太のジジババは来ないけど、面白そうなので参加してきました。
じぃじは一人も見当たりませんでしたけど、ばぁばはたくさん来ていました。みなさん、小さな子供達が可愛いようで、とても温かい眼差しで見つめています。とそこへ、何やらカメラマンが…!東大阪ケーブルテレビが撮影に来ていました。世代を越えた大人と子供の関わりを取材しにきたらしいのですが、所詮ローカルのケーブルテレビですからね~。放映時間もたった3日後で、しかも一日に5回も繰り返し放送されるそうです。ボ~ク、ボ~ク笑っちゃいますってね いかに軽い感じの番組かわかるでしょう。
さて、イベント開始。撮影も開始。ママ、秘かにテレビに映りたい気持ちで一杯です。でもカメラマンはチビちゃん達を追いかけてます。俊太、映れ 笑顔しろ 愛想のいい女の子にカメラがズームイン。頼むから俊太の落っこちそうなホッペタも映してやってくださいよ。全然駄目でした。映った形跡ゼロ。こりゃきっと1秒も映ってないだろうなぁ。しかもじぃじばぁばとの遊びには目もくれず、一人でおもちゃで遊んじゃってもう論外。誰がそんなア~タを映すのさ
さて、3日後の月曜日です。ママ、何だかんだ言いつつも、気になるのでちょっとTVを付けてみました。一番最初にぐる~っとカメラが室内を一周なめまわしたその瞬間だけ、ママの背中にじゃれあって遊んでいる俊太が映ってたぁ でも本当に若干1秒。自分じゃなきゃ絶対確認出来ない程の一瞬で、はい終わりです。お友達の親子なんてかなりの間、独占アップでいいなぁ。また可愛い顔してTV向けの笑顔バッチシだもんなぁ。俊太なんて、別室で一人で遊んでたから映るわけないもんね。
というわけで、最初で最後かと思われたTV出演も、ほとんどエキストラ状態で呆気なく終わりました。俊太の気が乗らなかったのか、じぃじばぁばとも全然遊ばないし、今日は参ったなぁ

ボク、TVに出た?
shunta070907.jpg

| page top↑
感動
2007 / 09 / 02 ( Sun )
昨日はパパが散髪をし、その後ママも美容院に行き、夜は風呂場で俊太がパパに髪を切ってもらうという家族3人ヘアーカットデーでした(かなりどうでもいい情報を公開してしまった…。)
今日はとても面倒くさいことに、ママは運転免許の更新手続きに門真まで行って来ました。俊太が居ると平日は身動き取れないし、日曜日だと近くの警察ではやってなくて、門真まで行かないといけません。ホント、すんごい面倒くさいイベントです。2年ちょっとしか経ってないのに、もう更新ですか~?ババ混みで入り口に辿り着くまで散々待たされて、その後延々2時間もビデオを見せられて、やっと新しい免許証をゲットです あたしゃ、このまま無事故無違反を続けますよ、絶対ね!
え~最近の俊太はちょいと男らしいところが出てきました。一つはテーブルに上ったこと何それって感じだけど、俊太にしてはとてもスゴイことなのです。お友達が来ると、毎度当たり前のように上って楽しそうにしてますけれど、俊太だけはそんなことを一度もやったことがなかったのです。でもある日、突然、ソロリソロリと上り出して、テーブルの上で立ち上がりました。俊太、ワンダフルです
shunta070831.jpg

そして、後ろ向きで下りようとした時、足が下に届かず、そのまま尻餅を付いてスッテンコロリン 泣きべそかいて、その後二度と上ろうとはしませんでした。後にも先にもたった1回の貴重映像、収めといて良かったぁ ボクは二度とやりませんよっ
それから、お誕生日にもらったプーさんの「足けり乗用車」。これにやっとこさ、一人で乗って遊べるようになったのです。マジ、遅すぎです 下手すると生後半年ぐらいから乗れてしまったりするらしいのですが、恐ろしいことに俊太はやっと乗れるようになったのです。本来ならそろそろ三輪車あたりに挑戦しててもいい頃ですけどね…。子育て支援センターにもたくさんの「足けり乗用車」があって、俊太より小さい子供もみんな当たり前のように乗って遊んでいるのですが、俊太はまたいで座るという基本中の基本が怖いらしく、ママのサポートなしには乗れません(そんなたくましい体しといて何が怖いのかってね)。抱っこして乗せてあげても、自分の足で蹴って進むということが全くわからないようで、ジッ~っと乗ったままです。俊太と乗り物合わせて完全オブジェ状態でした。見るに見かねた友達が何度、俊太の背中を押していった事か?勿論、その度に俊太は泣いて泣いて泣いて…って感じで、ママもうんざりでした。でも、俊太なりの長い観察研究もやっと終わったようで、支援センターから帰ってくると、急に自分で乗って足で蹴って進んでいました。こんなの当たり前にやられると何てことないけど、半年がかりでマスターされると、かなり涙ちょちょぎれます

研究に時間がかかっちゃってすいませ~ん
shunta070903.jpg

最後にもう一つ、夕方、家族3人で駅前のチビスーパーまで歩いて買い物に行きました。駅前まで遠回りで700~800mぐらい、ややアップダウンがあります。大人の足だと10分ちょっとです。その道程を俊太は何と30分以上かけて、一人で歩いたんです すぐに抱っこだろうと思ってベビーカを持っていたけれど、全く使わずでした。急な坂も結構あったのに、俊太はヨチヨチと一生懸命歩いてました。途中、パパと「俊太、凄いね。このまま駅まで歩けるかな?」って話しながら、段々マラソンを応援するかのような気持ちになって、頑張れ頑張れって応援してました。薄暗い中、俊太は抱っこをせがむでなく、小さな歩幅でしっかり歩いてます。駅に近付くと俊太の大好きな電車の音が それを聞いた俊太はスピードアップしつつ、そのままゴール (いやいや、ボクはまだ歩けますけど~。勝手にゴール作んないで~) 
俊太、頑張ったぁこんな長い距離を歩けるなんてパパもママも感動です
出来の悪い子ほど可愛い…なんて言ったら、俊太に怒られるけど、何もかも出来るようになるのがゆっくりな俊太だから、出来た時の感動は人一倍だなぁ それも悪くないね~。でも早かったら早かったで、「うちの子天才かしら」って勘違いにふけったり出来るし、それも捨てがたいなぁ。そんな日が来るかしら?
もうすぐ1歳半健診。チェックされると聞いている事柄は今の時点でほとんど出来ない俊太なので、またギンギンに嫌な予感がしま~す 1歳半、個人差がどんどんと広がるお年頃ですねっ。
(既に格差社会の始まりかしら?)
| page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。