スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
運動会
2007 / 09 / 29 ( Sat )
遂にママが一人で高速道路を運転して実家に帰りました~行きも帰りもパパ無しで一人で運転出来たのです。一人と言っても、勿論後ろには俊太という宝を乗せての重大任務。でも自分でも驚くほど冷静に落ち着いて運転できました。やれば出来るのだ~!
さて、実家といっても、正確には勇兄ちゃん、菜緒姉ちゃんのいる姉宅で~す。俊太はここが大好き。可愛がってくれる兄妹がいるに加えて、おもちゃ王国だからです 運動会前の準備ということで、学校が早く終わるらしく、二人とも早々に家に帰ってきてくれて、俊太とたくさん遊んでくれました。俊太は子供が居ると、大人には目もくれず、とにかく二人にくっついて遊んでいます。ママ、何だか楽だわ~ ママが見えなくなると泣くけれど、視野に入っていれば、特に絡んでくることもないし、楽しそうにしているので、姉とティータイムでおしゃべり出来る余裕がありました。歳が離れたいとこって一緒に遊ぶのは無理があるけど、こうして可愛がってくれるのは大変ありがたいことです。

ボクはここが好きなんだぁ~
shunta070928.jpg

9/29(土)、今日は二人の運動会の日です。折角なので、俊太を連れて応援しに行くことにしました。出来れば見に来て欲しくなさそうなシャイな勇ちゃんと、踊るの大好き菜緒ちゃん、この対照的な二人がどんな感じで運動会に参加しているのかとっても興味がありました。ところで俊太クン、グラウンドに着くなり、「マァ~(何か食べる物くれ)」と叫んでいます。ちょっとや~ね、アンタいきなりですかぁ?仕方なく、腰を下ろしてパンをほおばる俊太でありました。

運動会って何だろう…。ボクはパンが好き
shunta070929.jpg

徒競走、ダンス、ソーラン節など、二人は一生懸命やっていました。2学期から転校してまだたった1ヶ月足らずなのに、ちゃんと溶け込んで、みんなと同じように出来ているので立派です。ママね、近い将来、俊太もこんな風に頑張ってやるのかな~と思ったら、ジーンとしてきちゃいました。
子供の運動会ってやっぱり大イベントだよね~。俊太の晴れ舞台はパパとママで一生懸命応援するからな~。食べてばっかりじゃなくて、ちゃんとやんだぞ
スポンサーサイト
| page top↑
プール
2007 / 09 / 23 ( Sun )
残暑っていうか夏真っ盛りの日々。ママ、こんなに暑いのにベランダの掃除に励んでしまいました。 はい、誰か褒めて~(褒められて伸びるタイプのママです)
え~、さてさて、こんなに暑くてどうするのって感じで、パパが「プールに行こう!」というので、鶴見緑地のプールに行くことにしました。スパワールドのプールよりこっちの方がとっても楽しいです。綺麗だし、流水プールが気持ちいい 俊太も多分楽しいはずですが、一つ困ったことが…
最近の俊太は「後追い」症状が出ています。家の中でもママの姿が見えないと大泣き。プールでもママが抱っこしてないとすぐ泣きます。家のリビングのドアだって、ママが閉めようとすると、ダッシュで止めにくるのに、パパが出ていこうとすると、自分からドアを押してチャッチャと閉めちゃう始末です。でも不思議なことにパパと二人で散歩に行くのはいいみた~い 自分が出掛ける場合は良くて、ママに自分が置いて行かれるというシチエーションが嫌なようです。話戻るけど、そんな調子なので、プールでもママと一緒じゃなきゃ駄目男です。パパがトイレやタバコで見えなくなっても、全然気にならないくせに、ママがちょっと居なくなると号泣です。というわけで、ママ、非常にくたびれます。ママもプールでスイスイ泳いでみたいけど、俊太を抱っこしたまんまじゃそうもいかず、気持ちいいけど、かなり筋肉痛になりました。
今日のプールで今夏は最後かなぁ。さすがに10月になってプールってちょっと変よね。そろそろ公園でしっかり外遊びしてもらわないといけないし、お砂場デビューってのも実はまだなので、近々デビューさせてみようかと思います。

これ、秘かに白浜の俊太
shunta070825_p.jpg

| page top↑
おそろい
2007 / 09 / 21 ( Fri )
今日はお友達のケンタ君が遊びに来てくれました。ケンタ君は2歳で、俊太より1学年上になります。去年遊びに来てくれた時は2人でおっぱいをあげてた時期もあったのに、もう2人とも随分大きくなって、適度に絡み合いながら遊べるようになりました。ホント、子育ては怒濤のように歳月が流れていくから、恐ろしい
そして、今日はいきなりサプライズが ケンタ君を駅まで迎えに行くと、何やら見覚えのある服装の男の子がいるではありませんか~。おやおや、ケンタ君が来ているシャツは俊太が持っている服と同じです ラルフの赤いシャツは俊太の出産祝いにケンタママとその仲間達から頂いたもので、何故だかケンタ君がそれを着てやってきたのです。聞くところによると、たまたまケンタ君もおばあちゃんに買ってもらったとのこと。なるほど、じゃ、俊太も同じ服に着替えさせて、おそろにしちゃいましょう。(息子のお着替えで初めてワクワクしたわっ!)
お~っと、またまたびっくりだぁ。何と黒いズボンまで全く同じでした。上下とも同じ。ワンサイズ違いってとこでしょうか。俊太は体も顔もデカイし、この二人、同級生といっても全然おかしくないでしょう。
shunta070921.jpg
しかもこのストライプ系のシャツで2人が走り回ると、何だか見てる方が軽く目が回りそうです。
俊太はケンタ君の遊んでいることを真似したくて、邪魔ばっかりしてました。最近、俊太は自分より年上のお兄ちゃんが大好きなようで、同じマンションのお兄ちゃんにもよく可愛がってもらっています。俊太のそういう思いはわかったけどね、アナタ、長男だから、一生お兄ちゃんは出来ませんからね~
| page top↑
スパワールド
2007 / 09 / 16 ( Sun )
ボク、ミニカーを上手に並べられるようになりました
見てみて、すごいでしょ~
shunta070918.jpg

今日は家族で天王寺のスパワールドに行きました。温泉とプールがある施設で何とキャンペーン期間中は1000円で行けるし、俊太は秘かにプール好きなので、レッツゴーです
到着してびっくり仰天。何じゃこりゃっていうぐらい人一杯 家族連れ、友達同志、カップル等、とにかくよくこんなに人が集まってくるなぁというぐらい人だらけ。プールなんてギュウギュウ詰めです。俊太も赤い海パンはいて、やる気まんまんだけど、人の多さに圧倒されてやや不安げ。でもプールに入ると、楽しそうで、顔に水が掛かってびっくりしても、さほど泣かないし、俊太はやっぱりプール向きかも~ もう少し大きくなったら、スイミングに通わせてもいいかなぁ。プールの後は温泉へ パパと俊太は男湯へ。ママは一人で女湯です(当たり前!)再びびっくり仰天。女湯も人で溢れかえってる上に、洗い場が混み合って、ズラ~っと30人以上並んでます。どないなってんの~ 洗わないと温泉入れないのに、洗い場まで辿り着かないなんて一体 温泉の中にたくさんのエステやマッサージがあって、洗い場まで辿り着けないママはあかすりをやってもらうことにしました。もうね、いくらキャンペーン中だからってこんなに混雑してたら駄目っしょ でもあかすりで体ピカピカにしてもらったからいっか(どないやねん!)
さて、お風呂を終わって、パパと俊太を探しに行くと、あれ~見つかりません。どこ行ったんだろう?と思ったら、これまた本日3度目のびっくり仰天。勝手に館内着なんか着ちゃってました~
shunta070916.jpg

こんな格好してるから、全然分からなかったよ。しかもこれから帰るのに、何でそんなの着てるわけ~!早く着替えて下さい。
とにかく人いっぱいのスパワールドだったけど、まぁまぁ楽しかったです。もっと空いてると気持ちいいんだろうけど、正規料金では来るつもりのない我々でございます…。
| page top↑
うさぎっこ
2007 / 09 / 14 ( Fri )
今日はいつもの支援センターに隣接されている保育所の「うさぎっこ」に参加しました。これは保育園の園児達と一緒に遊ぶイベントです。今回は「リズム体操」ということで3歳児達と一緒に遊ぶことになっていました。保育園の3歳児とは、幼稚園でいうところの年少さんにあたるので、集団生活にもかなり慣れてきているようです
いつもの支援センターはほとんど自由に遊んで良いのですが、こちらの「うさぎっこ」はちと勝手が違います。まず、園児達は常に先生の指示に従って行動しています。一方、一般参加の親子は子供達が自由気ままに遊び始めるので、かなり乱れ模様です。といっても一般参加の子供達は1歳、2歳児が多いので、まだ言うことを聞くレベルに達していません。俊太も初めての場所にも関わらず、色々と気になる物があるようで、転がっているバケツ(おもちゃではなく本当に掃除で使ってそうな奴)をずっと掴んで遊んでいました。とそこへ、3歳児クラスの担任っぽい先生が「危ないからやめとこうね!」とやや厳しめに注意して取り上げてしまったのです。支援センターの場合だと、仮にも子供が持っているものを取り上げる場合、代わりの物に興味を持たせてからさりげなくとか、何か一工夫して上手にやってくれるのですが、こちらの先生は容赦なしで、ママもちょっと唖然としてしまいました。どうもこのお方、かなり怖い先生のようで、園児達への口調も常に怒りっぽい感じ!一緒にダンスしてる姿も全然楽しそうじゃないし、PTAのおばちゃんみたいな雰囲気で、もう本当に仕事でやってますって感じでした。もう一人の若い先生はとても優しそうだったのですが、これが俗に言う「あたりはずれ」なのかしら~なんてふと思ったり。まぁちょっと見ただけで判断するのは悪いけど、やっぱり我が子がはずれの先生に当たったら、残念だよなって思います
それはさておき、俊太はこのリズム体操がかなり気に入ったようで、ノリノリでした。園児達が踊る番なのに、一緒に混ざって踊り狂ってるし、終わった後はそのまま園児達と一緒に三角座りして完全に同化してました。何が怖いって、3歳児に混ざってもあんまり体格で見劣りしないところが怖いです。脳みそは別にしても、体だけだと全然いけちゃうって感じ。一人だけ小さくちょこんと座ってるイメージかと思ったら、とんでもない 違和感ゼロです。でもまたまたその怖い先生が「勝手にクラスに混ざって座るなよ!」って目つきをしてました。この人、とにかくおっかねえよ
ついでに1歳児クラスのお部屋で保育中の様子をちょっと覗いてみたんだけど、なかなか大変そうでした。おやつタイムの直後みたいで、先生は後かたづけをしつつ、服を着替えさせたり、おむつを替えたり、大忙し。ママは家で家事をしつつ、若干イライラしながら俊太と向き合ってるけど、保育園の先生達も顔に余裕がなさそうに見えたり、とにかく忙しそうと感じました。親も大変だけど、先生も一人で何人もの世話をするんだし、仕事とはいえ、毎日朝から夕方までやってるから、ストレスもあるだろうなぁ。ママは保育園に預けた方が俊太にとっていいかなぁとか考えたこともあるけど、今日はちょっと考え直す一日となりました。

ボク、先生に怒られちゃった!
shunta070823.jpg

| page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。