スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
ティッシュ
2007 / 10 / 12 ( Fri )
俊太は「うたのえほん」という本が大好きです。16個のボタンがついていて、それぞれ16曲の童謡が流れるというもの。2種類の本を持っています。毎日毎日朝から晩までそのボタンを押しまくり、ママはうんざりするぐらい聞かされていて、ちょっとうるさいぐらいなのですが、本人が超お気に入りなので、こればっかりは仕方ありません。
でも最近、えほん効果なのか、こんな歌を口ずさんでおります。「ポッポッポ~、ハッ、ポップ~」、はいはい、これ何でしょうか?童謡の大御所、「はとぽっぽ」です。後にも先にもこのワンフレーズだけなのですが、確かに歌っているのです。何か微妙に間違っているけれど、リズムはバッチシ「はとぽっぽ」です
今日もプチサプライズが一つ。よくティッシュペーパーを箱からジャンジャン出して遊んじゃう悲劇って子供が必ず通る道なのですが、俊太は今まであまり興味を示しませんでした。もう大体そういう時期も過ぎつつあるし、俊太はしなかったな~と思っていたのですが、こりゃまた油断禁物でして、今日はテーブルの上から勝手に箱を取って、気付いた時にはティッシュ天国の真ん中に俊太がおりました。ママが驚いて、「俊太、何やってんの~!」と言うと、してやったりの顔でゲラゲラ笑っています。ママも一瞬は腹が立ったけど、こんなに嬉しそうにイタズラしてる俊太を見るのも珍しいので、好きにさせてあげようと思って放置しておきました。
shunta071012_1.jpg

ママが寛大な心で放置した結末は、ベランダが恐ろしいことに…。おいおいっ、キミはベランダで何をしたかったのか、説明してくれ~
shunta071012_2.jpg

| page top↑
コップ
2007 / 10 / 10 ( Wed )
晩ご飯の時、にゃんと俊太が「コップで飲む」という偉業を達成しましたぁ こんな当たり前のことが出来るのに1歳7ヶ月を迎えてしまってお恥ずかしいのですが、とにもかくにも感動のワンシーンだったのです。
かなり前からコップで飲むことを試し続けていたのですが、教えているママが完全にやる気を失うぐらい、ふざけたボケばかりかましてくれるのです。コップを口元まで持っていくと、食べようと噛んでしまったり(コップを食べるなよ!)、自分でやらせようとすると、コップを持たずにテーブルに置いてコップの中に顔を突っ込もうとしたり(アンタ、鳥か?くちばしでもあるんでっかぁ?)、教えようにも教えられないって感じだったのです。最近になってやっとママが飲ませてあげると、少しずつ飲めるようになっていたのですが、自分でコップを持つことが出来なくて、常にママが家来のようにコップを支えてあげていたわけです(すげぇ面倒臭い)。
そして、今日もまたママがコップを持って、飲ませてあげていると、割と上手に「ゴクゴク」とやっています。おっ、いつになくなかなかいい感じ!俊太に「自分で持ってごらん」と言うと、まさかのコミュニケーション成立。俊太は両手でコップを持ちました。そして、上手にコップを斜めに持ち上げて、「ゴクゴク」と飲んでいます。半分ぐらいはこぼれているけれど、半分は飲めているわけで、一人でここまで出来たのは初めてです
うわっ、うわっ、俊太飲めてる~ すご~い、すご~い ママは大慌てでデジカメを手に取り、激写です。いやいや、いつかは出来るもんですね~。

ボク、一人で飲めたよ
shunta071010.jpg

| page top↑
お得ランチ
2007 / 10 / 07 ( Sun )
先日、TVを見ていたら、「大阪国際交流センターホテル」という微妙にマイナーなホテルのランチを特集していました。1000円ちょっとで普通のランチにサラダや野菜料理、デザートが食べ放題というかなりお得感たっぷりの内容。バイキング好きと「お得感」という響きに目がない我が家ですから、ちゃんと行って来ました~
ホテルに到着すると、人がわんさか並んでいます。TVの影響はやはり恐ろしい 予約の名前を記入すると、何と40番目でした。軽く1時間待ちですって。いや~ホントに行列好きの日本人だわさ。待ち時間も長いので、近くの神社で俊太を遊ばせることにしました。

たまにはママと一緒にはいチーズ
shunta071007_1.jpg

1時間程してからホテルに戻るとまだまだたくさんの人がいます。ママ達の後にも2ページに渡って予約客の名前が!行列はまだまだ続きますよん そして晴れてママ達入場。ランチ開始!っていうより試合開始って感じです。
日替わりランチを頼んだのですが、はっきり言ってかなり手抜きランチです。このメインメニューはどうでもいいみたい。それよりもバイキング形式の野菜料理がたくさんあって、スープやデザートも豊富で、サイドメニューの方に力を入れているって感じです。そしてこのバイキング料理は結構美味しいです。家だとこんなにたくさんのメニューは作れないし、主婦になると、どうしても作る側の気持ちになってしまって、手間のかかってそうな品を取ると得した気分になってしまうのは私だけでしょうか~?何と、ママ達2時間近くもタラタラと食べ続けてしまいました もちろん、俊太は子供用のイスに2時間座ったまんま、愚図ることもなく、ちゃんとお座りをして、黙々と食べていたんです。普段はともかく、こんな時こそは我が子がおっとりとした食いしん坊息子で助かった~と思う瞬間ですね(またまた俊太は無料)
shunta071007_2.jpg

3時まで食べ続けちゃって、いつのまにやら、満席&待ち行列だったはずの店もかなり閑散となっています。やばい、これじゃまた最後の客になっちゃうよ。出ましょ、出ましょ。3人で食べまくったのにお会計はたったの1980円でした。ご馳走様ですというよりも、申し訳御座いませんと言って方がいいですね
俊太はお店を出た途端、いきなりシャツをめくってお腹をボーンと見せておりました。それ自慢ですか~ 気を付けないと小児メタボとかになっちゃうし、忘れてたけど、来週は1歳半健診があるから、そろそろダイエットしなきゃね~。(明日からは納豆きゅうり生活だな)。

お風呂で寝ちゃいました~
shunta071007_3.jpg

| page top↑
同級生
2007 / 10 / 04 ( Thu )
朝晩はすっかり冷え込んできた今日この頃 俊太もそろそろ長袖姿になってきました。最近はまっているのが「みんなのうた」のCD。いつも支援センターで先生が歌や手遊びをしてくれる時のお気に入りソングを先生がコピーしてくれたのです。俊太はこれを聞きながら、一人でフラフラと踊るのが楽しいらしく、食事中でも寝る前でも「かけてかけて」とせがみます。勿論、実際にはしゃべれないので、CDプレイヤーを指差すだけなんですけど~
でも俊太が歌や踊りが好きなんて、この子の性格からするとやや意外だったりします それから「時の人:小島よしお」の「そんなの関係ね~、はい、オッパッピー」も大好きで、ママが真似すると、大笑いしています。まっ、これはどうでもいいんだけど。
さてさて、先日、ちょいとびっくりなことがあったのです。ママが日々車で通っているスーパーの近くで、見知らぬ親子から声を掛けられました。「あの~もしかして豊高じゃないですか?」はっきり言って東大阪市に住んでいて、北摂の高校名を聞くのはかなり懐かしく、珍しいのです。こんなところに同級生がいるなんて奇遇と思ったけど、こんな嬉しい再会はないわけで、「久しぶり~」となるはずなのですが、はて???ママ、そのお方の顔を存じませ~ん(あ~たはだ~れ?)
よくよく聞きますと確かに同じ高校の45期生で同級生なのですが、何と言っても同じ学年に650人近くいましたから、全員の顔なんて知らないわけです。ですけど、有り難いことに彼女は私を知っていた いや~ん、ママってもしや有名人?ママは当時バスケ部で鉄アレイ持って走ったり、青春まっただ中で、彼女も陸上をやっていたので、よくグラウンドなどで会っていたのでしょう。自己中心的で周りが見えてないママは全然知らなくて、聡明な彼女は私を知っていた…。っていうか15年近く経っているのに、彼女の記憶と全く同じ風貌の私って一体 いやいや、世の中はとても狭いです。しかも、彼女の子供は俊太より2ヶ月違いの男の子。これまたすんごい偶然ねっ。とにかく彼女の勇気ある一言で私達は奇跡の再会をしたわけです。そして家に来てもらって一緒に遊ぶことにしました。
しかしね、ケイ君は大人しそうに見えて、結構やんちゃです。ママ、自分の家なのに、ケイ君の行動には何度も衝撃を受けました。気が付いたら、勝手に網戸を開けて、ベランダに立ってたし、キッチンの引き出しからかつお節が飛び出てたし、洋間に立て掛けてたパパのパターが倒れてたし、普段、俊太が絶対やらないことを次々にやってくれました。でも、これ普通なんです。これが子供の普通の生態です。引き出しやらキッチンやらドアやら、子供が勝手なことをしないように色々と養生するのが普通なのですが、うちは全くやってないのです。俊太は好奇心が少ないのか、異常な恐怖心からか、その手のことをほとんどやらかしません。だから友達が来てイタズラが始まると、ママ、唖然呆然、更に友達のママの方がこの危険だらけの無防備な家にちょっと驚いている始末なのです
でも、好奇心のままに行動している子供のやることはかなり笑えます。親としては振り回されて大変なんだけど、思わず笑ってしまうこともしばしば。そういう意味では俊太も、もう少しママを驚かせて欲しいな~と願う、相変わらずないものねだりのママでした

「オッパッピ~
shunta071003.jpg

| page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。