スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
一人の時間
2007 / 11 / 11 ( Sun )
今日はママが家で一人で過ごしています。そうです、独りぼっちです パパと俊太は午前中から奈良の実家に行ってしまい、夜まで帰ってきません。つまり、ママは今、「自由の身」、こんなに長時間フリータイムを確保出来たことは今までありませんです。
え~実を申しますと、ママがパパにお願いしたのです。毎日俊太と一緒で家事、育児に追われて、疲れてるし、たまには完全に解放されてゆっくり休みたいと。なので出てけ!と(っていうのは言い過ぎで、出来ましたら、二人で実家なんぞに行ってみてはいかがですか~?ジジババもさぞかし喜ぶと思いますよ~とやんわりお願いしたのです。)パパも快く「いいよ」と言ってくれたし、実家に帰るのは嬉しいみたいなので、これ幸いです
さて、二人は出掛けて行きました。俊太はいつものパパとの散歩と思っているようで、「バイバイ」と元気に手を振って出ていきました。こんな時に泣かれでもしたら、心が痛むけど、颯爽と行ってくれるなら、ママも気楽です。ママはあえてどこにも出掛けず、ただダラダラと過ごすと心に決めています。のんびりTVを見ながら、昼寝でもしようかな~と思っていたのですが、秘かにママには気の重い任務があって、いや、むしろこの任務と引き換えにパパは出掛けてくれたようなものなのです。かなり呆れる話なのですが、パパが会社から「読書感想文」という宿題を持ち帰ってきました。わかります?「読書感想文」って小学生とか中学生の時に散々夏休みの宿題とかで出たアレです。高校生があちこちに包帯巻いちゃうっていう物語なんですけど(映画にもなったらしい)、その本を渡されて、読んで感想を提出しなさいって言われたんですと!パパね、毎日深夜帰りなのに、軽く失神しそうな青春物語を読む暇なんてないし、40前のおっさんにはどう頑張っても共感出来ない内容に感想もへったくれもないっしょ そしてパパは恐ろしく国語が苦手ときてるので、その宿題を丸ごとママに依頼したというわけなのです。しかし、激務の最中にこんな宿題出すなんて、その会社も嫌がらせとしか思えないですよね?
ママだってそんな宿題は本来お断りなんですけど、まぁたまにはパパの役に立ってやるかとその渋々その宿題を引き受けてあげました ママって超優しい こんな嫁さん、おりませんで~ 折角の一人のひとときなのに、こそばゆい物語を熟読し、久々のワードで感想文をペチペチと書き、何とか仕上げることが出来ました。100%嘘で固めた感想文の出来上がり~ ほい、これを持って会社に行きたまえ~
というわけで、ママの貴重な一人の時間もこんな感じであっけなく終わりました。でも夜遅くに帰ってきた俊太を見た時は可愛かったぁ しばらく会わないとやっぱ可愛いもんだね たまには俊太と距離を置くことも、よろしおすなぁ
| page top↑
男達の間
2007 / 11 / 06 ( Tue )
今日は大学時代の友達が2人、子供連れで遊びに来てくれました。子供達の紹介を簡単に、トモ君3歳、ナオ君3歳(兄)&マサ君0歳(弟)、そして俊太1歳という顔ぶれです。何と4人の男の子集合なのです ママの友達は何だか男の子が圧倒的に多い男女って本来半々のはずなのに、ママの知る子供達は7:3ぐらいで男の子が多いです。このままじゃ、俊太が結婚出来ないじゃんね~(ママってバカ?きっと全国的には半々のはず…。)
今日はとっても賑やかな一時となりました。トモ君とナオ君は月齢もかなり近い3歳児同志とあって、すぐに仲良く遊び始めました。じゃれあったり、おもちゃを取り合ったり、オバケごっこをしたり、やっぱり「男同士の遊び」という感じでとにかくずっと動きっぱなし。お昼ご飯とおやつの時は迅速に着席してモリモリ食べるところもやっぱりわんぱくキッズって感じです。俊太はと言いますと、2人のお兄ちゃんに圧倒されているようで、興味深そうに見つめながらも、さすがに仲間に入るのはちょっと難しそうです 俊太はどちらかと言えば赤ちゃんのマサ君と同じグループかなぁ。マサ君はもうすぐ生後10ヶ月になるんだけど、もう伝い歩きもしてるし、果敢に動きまくって、たくましいんです。俊太の10ヶ月の頃はただ座っているだけ、体力の全てを夜泣きに注ぐという極悪息子だったんですけどね
ママがマサ君を抱っこすると俊太はやきもちを焼いてすぐに泣いてしまいます。いいじゃんね、ちょっとぐらい抱っこしても。ママは今、懐かしの回想録に浸っておるのだから。俊太は少し眠くなったので昼寝開始 俊太の昼寝中も子供達はずっと楽しそうに遊び続けています。俊太が生まれてから、たくさんの子供達を見るけれど、一人一人個性があって、性格もそれぞれ違うし、面白いなぁ
年齢と共に変わっていくこともたくさんあるだろうし、俊太の3歳児がどんな風になるのか楽しみです。
あっ違~う!その前に「魔の2歳児」がやってくるんだったぁ

ナオ君とトモ君と俊太でハイチーズ
shunta071106_1.jpg

お~っと、目の前にマサ君がいましたぁ
shunta071106_2.jpg

| page top↑
止まらない男
2007 / 11 / 04 ( Sun )
ぼやぼやしてる間に11月になってました ここ1週間は支援センターに行ったり、お友達の家に行ったり、我が家にお友達が来たりと、まぁいつも通りの生活なのですが、俊太にちょっとした変化が起きています。最近の俊太は「止まらない」のです。ジッとしている静的イメージの強い俊太なのですが、ここ1、2週間の間に不気味なくらい「止まらない男」なのです
俊太が歩けるようになってから5ヶ月程経ちました。もうほとんどこけることもなく、しっかりとしたヨチヨチ歩きになってきて、少しばかりの小走りもマスターしつつあります。体の使い方が分かってきたからなのか、今は「動く」ということをとても楽しんでいるように見えます。ベランダに出たり入ったり、床の隙間に入ったおもちゃを腹這いになって覗いてたり、おもちゃカバンを持って、どこに行くのか「バイバイ」と言ってみたり…。寝ている時と食べている時以外、本当にちょこちょこと動き続けています。家の前の廊下から見える電車を毎日飽きもせず「デンシャ、デンシャ」と喜んでるところも、やっぱり男の子だなぁ。
shunta071104.jpg

この土日は大したお出掛けもせず、近所の新築マンションのモデルルーム見学に行きました。見学してアンケートに答えるだけで「マック500円券」を頂けるんです。買う気ゼロの身で申し訳ないけど、パパなんて受付に着くなり、広告の引換券渡しちゃうし、いい歳してちょっとお恥ずかしいわっ 
いや~、やっぱり新築マンションっていいですね。全てが新品って気持ちいい!見てるだけでも楽しいです。ディスプレイされている家具もとってもオシャレ。俊太もアスレチックのように各部屋を出たり入ったり、ベランダの小石をいじって遊んでおりました。一度も家探しをしたことのないママにとって「新築」は憧れです まっ、「新築」に住むことは一生ないだろうなぁ。でもね、このモデルルームって実際の立地じゃないでしょ。だから本当にマンションが完成して、いざ入居するまでドキドキですよね。周囲の見晴らしとか騒音とかその他諸々の細かい部分は実際に住んでみないとわからないですもんね~(誰の心配しとんねんって?)。とにかく買う気ゼロの我々を100%見抜いてくれた担当者は、ほとんどセールスすることなく、快く「マック500円券」をくれました。いやいや、ホントすいません。サンキューソーマッチ
しかもマックのクーポンで今とってもお安いのです。御陰様で家族揃ってマックランチをエンジョイしました。フライドポテトってやっぱり子供の体にはあんまり良くないと思うけど、たま~にだったらいいよね。(しかし、何で子供ってポテト好きなんでしょうか?)

ボクね、ポテト好きだよ
shunta071103.jpg

| page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。