スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
年末の悪夢
2007 / 12 / 27 ( Thu )
ママはどうも日頃の行いが悪いようでして…。クリスマスのディナーバイキングは元気モリモリだったのに、昨日、急に歯が痛くなったのです。それも笑っちゃう程の「激痛」です。左半分は全く噛めない程、痛いし、何もしなくても痛くて仕方がありません。これじゃ、お正月は流動食になっちゃうよ~ こんな時は迷わず歯医者に行くべきなのですが、ママの横にはピッタリフィットの俊太がおるわけでして、こういう時は本当に迷います。年の瀬じゃなければ、土曜日まで踏ん張って、パパに預けて行くのですが、年末ということでどこも土曜日は休診。今日か明日までしか診察してくれないところばかりで、俊太を連れて行って治療が可能かどうか悩みに悩んでいました。ママが治療している間、横で大人しく座っているなんて到底出来るわけありません。意味無く泣き続けるだろうなぁというママの予測には絶対の自信があるのです。どうしよう、わしゃ、困ったわい でもこの痛みを抱えたまま、正月を迎えるのは無理だぁ。
ママの薄~い記憶を辿ること5分。確かどこかの病院が子供連れOKで治療中も面倒を見てくれる便利なところがあると公園のママが言ってたなぁ。でも病院名もそれを言っていたママさんも全く思い出せません。必死にネットで検索。あった~ 確かにあった~ 小さな子供連れでも安心して来て下さいと書いてあります。ママはそのまま電話を取り、事情を説明すると、お子さんも一緒に来てもらって大丈夫ですよと快い返事。わしゃ、救われたわい!
そして病院に着くと、たくさんの治療用ベットが並んでいる診察室とは別の個室のようなところに案内されました。なるほど~、こんな感じになってると俊太と一緒でもちょっと安心。と思ったら、俊太は自分が何かされると思っているらしく、いきなり号泣 スタッフの方が二人来てくれて、俊太に風船を渡してくれたり、バルーンアートで犬を作ってくれて、一生懸命あやしてくれています。それでもなかなか泣きやまない俊太。ママがレントゲン室へ行っている間、スタッフの方が抱っこしてくれているけれど、レントゲン室の中からも俊太の悲鳴がガンガン聞こえてきます。部屋に戻ると鼻水と涙でグシャグシャに濡れた俊太がおりました スタッフの方も「こいつはかなり手が焼けるぜ」って感じが漂っています。結局、ママは仰向けで寝ながら、お腹に俊太を座らせ、しかもその上にアンパンマンやらトミカの本を置いて、俊太の手を握ってなだめるという究極の姿勢を保ちつつ、治療をしてもらったのです。その間、スタッフの方は絵本を指差して俊太に色々話しかけ、気を紛らわせようとしてくれているのですが、俊太は泣き続け、早く帰ろうと出口を指差してばかりいます。ママは結局虫歯ではなくて、歯の中が化膿しているらしく、飲み薬を処方され、短時間で済みました。逃げるように帰ろうとする俊太ですが、一応風船だけはもらっておこうとしっかり握っているところがナイスな奴です。お会計が済むまでソファで待とうとしても、俊太は出口のドアの前にしゃがみこんで、俺は一歩も動かねえと言っています ふ~っ、何だか疲れたな~ 俊太連れで病院に行くのはとにかく疲れます。最近は知恵がついてきて、初めて行くところでも「病院」というのは雰囲気で分かるらしく、強烈な拒否反応を示すし、これからが思いやられます。ママもこんな年の瀬にまさかの悪夢だわ~。ツイてない師走…やれやれ

ボクは二度と行きませんよ!
shunta071227.jpg

スポンサーサイト
| page top↑
クリスマス
2007 / 12 / 24 ( Mon )
昨日はさっさとプレゼントをあげてしまったのですが、今日がクリスマスです 今日は南港のATCにお出掛けすることにしました 本当は家でお料理でも作ってゆっくり過ごす方がいいのかも知れないのですが、ママは絶対嫌なのです だってママは普段あまり遠出していないので、こういうイベント時にはとにかく外へ出て、シャバの空気が吸いたいのです。家族連れも多いけど、カップルもたっくさんいます。若い恋人同志の二人が手をつないで仲良く歩いている姿を見ていると、ママはとても新鮮な気持ちになってゾクゾクしちゃいます(変態か?)
ATCへ着くなり、いきなりゲームコーナーでパパが無駄に燃えてしまいました。チョコレート詰め合わせのUFOキャッチャーに挑戦し出すと、なかなか取れず、ムキになるパパ。「俺は息子の為に取ってやりたい!」と寒い宣言してるけど、こういう言葉ってもっと大事な舞台で言って欲しいですよね~。今流行の「KY(空気読めない)」の雰囲気が漂っています。しかし、とにかく取れない!もういくら遣っているのか計算するのも恐ろしいです。頭にきて、店員に「これはどうやって取るんですか?全然取れません!」って食ってかかってしまいました。ゲームだから仕方ねえよって顔されたけど(おっしゃる通りでして)、無理矢理、輪っかの方向を取り易く替えさせるところまで追い込んでやったのです(どうぞママを鬼と呼んで下さ~い)。最後はもうママだって必死にパパを応援してしまいました。そして、遂にゲット~ UFOオッパッピーです よく分からない達成感に包まれた一瞬でした。
(ゲームセンターが儲かるわけだよ…)

ボク、虫歯になっちゃうじゃん
shunta071224_1.jpg

今日はATCで動物王国というのをやってました。面白そうなので入ってみると、動物園と違って室内で小規模だから、すぐ目の前に動物がいます。この距離感が俊太を虜にしたようで、ウサギ、キツネ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、フクロウ、カメ等、たくさんの動物を興味津々で見ていました 5月に動物園に連れて行った時は、ほとんど目線も合ってないし、全然わかってなかったけど、今日はちゃんと動物を意識出来ていました。半年経つと随分成長しているようです。

ボクはのろまなカメが好きだよ
shunta071224_2.jpg

ポニーちゃんに乗れるコーナーがあったのですが、対象年齢が3歳からだったので、今回は残念ながら乗れません。一応、写真だけ撮りました。
shunta071224_3.jpg

ここでアニマルパフォーマンスショーというのがあって、動物達が色々と芸を見せてくれます。俊太は柵にかぶりついて釘付けでした。犬がクリスピーをキャッチするところなんかとっても面白かったようです。今日は俊太に動物を見せてあげられて、これも楽しいクリスマスプレゼントになりました
今日のディナーはまたまたお決まりバイキング パパとママもバイキング好きだけど、俊太がいると色々なものをチョイス出来るのが本当に助かるのです。俊太がゆっくり座って食べ続けてくれるので、こちらもゆったりと食べれます。しかも俊太はイクラ丼のイクラを一粒ずつつまんで食べるという願ってもない程、時間の掛かる手法で食べてくれるのでこれまた重ねてラッキーです 今夜も満腹で、デリシャスクリスマスでした。
shunta071224_4.jpg

そしてママはプレゼントに新しいお靴を買ってもらいましたぁどうもありがとうございます今年も無事にママと俊太はプレゼントを手に入れることが出来ました。めでたし、めでたし。
ぬぉぉぉ~、パパのがない どこにもない 買ってないからない
どうか気の済むまで打ちっぱなしで練習して下さ~い
| page top↑
クリスマスプレゼント
2007 / 12 / 23 ( Sun )
今日は一日早いクリスマスプレゼントを買いに近所の上新電機に行きました。プレゼントは勿論プラレールです ところがどっこい、お店の中に入ると、おもちゃコーナーのレジ待ちの客がド~ンと大行列 何事かと思うぐらい、それぞれおもちゃを抱えて列をなしています。このお店、普段はレジなんて誰一人並んでいないし、まさかこんな事になってるなんて… クリスマスを舐めるとエライ目に遭いますね!クリスマス特別パッケージのプラレールを買い求め、ママも延々と並びました。来年はもっと早めに買っておかないといけないね~。
そして家に着くと、明日を待ちきれず(親の方が)、早々に贈呈式を始めたのです。俊太も何やら期待を隠せぬ様子 俊太クン、メリークリスマス
shunta071223_1.jpg

開けてみるとたくさんのレールと新幹線が入っています。俊太はこのレールがどんな風になるのか興味津々。でも自分では出来ないので、早くやってくれと訴えています。
shunta071223_2.jpg

パパとママがいつにない連係プレーで大きなレールを完成させました~ 俊太、すんげえものが出来上がったと少しビビッています。
shunta071223_3.jpg

でも、触らずにはおれません
shunta071223_4.jpg

この後もパパがどんどんレールを増やし続け、家中レールだらけに 俊太は呆気に取られちゃって、置いてきぼりって感じです。
shunta071223_5.jpg

でも、その後はず~っと楽しそうに遊んでいたし、かなり気に入ってくれたようでやれやれです。でも我が家は一日中電車の音がしているので、ママは少し電車ノイローゼ気味…(当分治らないねっ)

家が電車天国になったよ
shunta071223_6.jpg

| page top↑
師走
2007 / 12 / 21 ( Fri )
今年もあと10日 何かやり残したことはないだろうか~と考えてみても、やり残したことだらけのような気がしてよくわかりませんな
この前俊太が風邪をひいた時に、珍しく食欲がなくて、何か食べやすいものをと思い、ヨーグルトやゼリーを与えていたのです。ご飯はほとんど食べないけれど、そういうものはのどごしが良いのか、一応食べておりました。それからというもの、食欲が戻ったのにも関わらず、食事の度に「ピィ~(ヨーグルトorゼリーのことらしい…)」を連発します それもご飯を食べる前とか食べてる最中にくれと言って聞きません。ママがご飯を全部食べてからね!と言い聞かせても、全然理解してくれなくて、「ピィ~ピィ~ピィ~」と言い続けます。(お前は長渕剛か?) 終いには号泣して、ご飯をどけろと言ってもうぐちゃぐちゃな状態になってしまうので、ママも意志が弱いのか、どうすることも出来ず、結局あげてしまいます。毎食、こんな感じなので、我が冷蔵庫にはヨーグルトとゼリーの在庫を欠かすことが出来ません。ただ、俊太はゼリーを食べれば気がおさまって、そのまま食事は続けてくれるので、まっいいかなぁ、いつかは飽きるかなぁと思ったりしているのですが、やっぱり少し悩ましいです
最近、めっきり寒くて家の中でばかり遊んでいるのですが、たまには外で体を動かせたいなぁと思い、午前中はちょっと暖かい予感がしたので、公園に行きました。人っ子一人居ませんね(しかも全く暖かくないじゃん
人が居ないと俄然はりきる俊太クン。すべり台を何度も何度も繰り返しています。
shunta071221_1.jpg

そして横を走っていく電車に夢見心地の様子。ここは電車がじゃんじゃん通るので、その度に立ち止まって飽きもせず、眺めています。ホント、何が楽しいのかママには意味不明です。
shunta071221_2.jpg

とそこへ、珍しくお友達のトモちゃんがやってきました。俊太より1学年上のトモちゃんは今度の4月から幼稚園に通う女の子。お砂場でおままごとをして遊んでいるけれど、電車が横を通っても、見向きすらしません。全く興味なしって感じです。個人差はあるだろうけど、やっぱり男女の差ってあるだろうな~。トモちゃんは俊太にお砂場セットを貸してくれて、俊太は一応「あ~ちっ(ありがとう)」と言ってました。何かをしてもらったりすると「あ~ちっ(ありがとう)」というのは何となくわかっているようで、少しずつ条件反射的な動きは出てきたかなと思います。しかし、公園は寒い 俊太は動き回るから温まるけど、ママはどんどん冷えています。ささっ、早く帰りましょう

ボクは電車命なので帰りたくない
shunta071221_3.jpg

| page top↑
おふらんす
2007 / 12 / 18 ( Tue )
ちょっとした自慢話を一つ。今日は久々に支援センターに遊びに行きました。受付に着くと、先生がお二人、口をそろえて、「俊ちゃん、今日は何だか格好いいコート着てるね~」と言ってくれたんです。ママもそんなこと言ってもらえると思ってなかったので、予想外に嬉しくて心弾んじゃいます。え~っとこれは確かにとても貴重なコートなのです。何を隠そう、おフランスのパリでママ自身が買ったもの俊太の為にパリまで一っ飛びしてきた…なんて芸能人みたいなことが出来たら幸せなのですが。。。ママは10年前、OLをやっていた頃に会社の慰安旅行でパリに行きました。当時、甥っ子の勇ちゃんは1歳。ちょうど今の俊太ぐらいの時でした勇ちゃんは初孫だし、身内はこぞって勇ちゃんにプレゼント攻勢に燃えていた時代。そしてママももれなく「勇ちゃん命」として生きていたわけです。パリで見つけたとってもオシャレなアニエスベーのベビー用コート。少々お高かったけど、その頃のママはあんまり節約意識なんてなかったし、勇ちゃんの為ならとためらいなくゲットしたのです。でも勇ちゃんは他にもたくさんコートは持っていたし、そんなに何度も着なかったんじゃないかなぁ。そして時を経て10年後、実家の蔵にお古として綺麗に残っていたのです。今度は我が息子、俊太が着るのに丁度いい時期。ではありがたく頂きます!というより返却されたって感じ???
そのコート以外にも俊太はほとんど勇ちゃんのお古を着ています。でも本当に助かるのです。全部一から買い揃えるなんて、ママにとってはアメリカンドリームに近いですからね
今日はダンスの時間に、上機嫌でディズニーを踊りまくっていました。先生も褒めるのが上手で「俊ちゃん、うまいうまい!」とか言ってくれるから、お世辞でも何でもとにかく嬉しいです。今日は二回も褒められちゃったなぁ、良かったね、俊太

フランスってどこだろう?
shunta071207.jpg

| page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。