スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
石切参道
2008 / 01 / 27 ( Sun )
我が家は山の手にあるのですが、近所にはそこそこ有名な石切神社、石切参道があります。秘かに「年寄りの原宿」と呼ばれているそうですが、あまり信じてはいけません ここは我が家から徒歩で行ける距離なのですが、平地のない完全な坂道が参道となっている為、降りたら最後、上って家まで帰ってくるには相当な覚悟と根性が要ります。だってベビーカ付きですからねっ なのでほとんど行きません。が、土曜日の深夜に藤井隆と陣内智則の番組で石切を取り上げていました。こんなに近所なのにTVを見たら、早速影響受けちゃって、行ってきましたがな~。
shunta080127_2.jpg

まずは藤井&陣内に従って、よもぎ天ぷらとじゃがいもが有名な「大和屋」。普段は天ぷらなんて食べない俊太もムシャムシャ食べてました。アツアツで美味しかったです 北海道の丸ごとじゃがいもは甘くていいお出汁がきいててこれまた美味しかったわ~。こういうじゃがいもってスーパーで売ってるのとは大きさも味も全然違うんだな~。
shunta080127_1.jpg

お次も藤井&陣内に従い、「出雲そば」でよもぎうどんを食べました。TVの力はホントに凄くて、売り切れ続出の様子です色んなTVで放送されてるみたいで赤井英和のステッカーも貼ってありました。
shunta080127_3.jpg

よもぎうどんはうどんなのにそばのような細さで、お出汁もお上品であっさりいい味してました。
shunta080127_4.jpg

その後はこれまた藤井&陣内に従い(何度従うねんって?)、陣内のポスターが一杯貼ってあるお米屋さんでひじきご飯を試食。それから漬け物屋であれこれつまみ食いしておきましたぁ(これは従ってない)
ちなみに我が家はホテルセイリュウの裏にあるのですが、このホテルの特集もやってました。藤井と陣内が来てたなんて、知ってたらダッシュで行ったのになぁ。だって一応紀香の旦那でしょ
しかしTVで見ると結構広くて豪華に見えるし、普段からちょくちょくお邪魔してるママはびっくり 実際は全然違うんだけどね…。でも出演してたホテルマンはいつもいる人で間違いありませんでした 石切良いとこ、一度はおいで~
スポンサーサイト
| page top↑
ラピート
2008 / 01 / 24 ( Thu )
一昨日、所用でママの実家へ高速ひとっ走りで帰ったのですが、な~んと俊太はバァバから大好きな「南海ラピート」を頂きました 俊太は大喜びです。ジジババ&ママ姉にすっかりなついてくれて、3人に預けて用事を済ますことが出来ました。ママを探して家の中をウロウロしてたらしく、居ないことには気付いたみたいだけど、泣くこともなく、みんなに遊んでもらえておりこうだったそうで、それはそれは結構なことです。ボク、おりこうなのです
shunta080124.jpg


今日は激寒の中、支援センターへ行きました。最近、とにかく寒くて外で遊ぶことは出来ないし、一日家の中にいると、DVD鑑賞と電車が走りまくる音でママの電車ノイローゼが悪化するので、電車のない支援センターはまさに天国でした 体を動かして遊ぶことも出来るし、俊太も元気一杯に遊んでいます。今日は数ヶ月ぶりにユウト君というお友達に会いました。ユウト君は一足早く2歳になっていて、かなりおしゃべりが出来ます。ユウト君ママは久々の俊太を見てびっくり仰天 「私の知ってる俊ちゃんじゃな~い」と驚いています。数ヶ月前の俊太はこんなに活発に走り回ってなかったし、他のママさんに笑顔を振りまくことなんてなかったし、先生に寄りつくこともなかったし、まぁ何と言いましょうか、まだまだオブジェと呼ばれることに抵抗のなかった頃だったわけです。今日は二人でレトロな電話のおもちゃで遊んでいたり、おもちゃをあげたりもらったり、少しずつ絡み合って遊んでいました。最後のダンスの時間に俊太は先生のところへ行って「俺っちと手をつないでおどってくれよ~」って先生に手を差しのばしているところなんて、ユウト君ママはもう昔の俊太とは完全に別人だと言って大笑いしてました 確かに最近のセンターでの俊太の振る舞いはかなりたくましくて、もう泣き虫弱虫なイメージはありませんね~。慎重派には変わりないけど、人と交わることが楽しくなったり、人への恐怖心が無くなってきたようで、俊太にとって安全で居心地の良い楽しい場所という位置づけが出来たみたいです。もう通い始めて1年経つだもんね~。逆に言うと、こうなるまでに1年もかかったわけでして、折角連れてきても、全然楽しそうにしてもらえなかったあの日々が、帰りの車で泣き虫な我が子に呆れて、やけくそにCDのボリュームを大きくしたあの日々が、もう完全に笑い飛ばせるようになりましたぁ~ いやいや、子供は勝手に成長していきはりますな…。んだ、んだ
| page top↑
電車とキューリ
2008 / 01 / 20 ( Sun )
この週末はとってもお寒くて1月って感じですね ママは再び白いたい焼きを食し、いい気分になっています。パパと俊太はこの寒さに負けじと週末恒例のお散歩へ 休みの日には午前中、パパと俊太は電車に乗って散歩に出掛けるんです。俊太もパパに連れて行ってもらえるのはわかっているので、ママにバイバイと大手を振って出掛けていきます。その間、ママは一人で家事を済ませ、のほほんとのんびり過ごすというわけです 掃除や洗濯も俊太が居ないと、何てスムーズに進むのでしょうかぁ。いつもの半分ぐらいの時間で終わっちゃいます。掃除も洗濯も炊事も家事全般に言えることだけど、はっきり言って邪魔が入らなければ全然嫌じゃないです。…ということを子供を持って初めて知りました。台所に居ると、俊太は水筒を持ってきて、「お茶を追加してくれ~」と言い、次に「氷を一つ食べたい」と言います。言わないけど、身振り手振りでアピールするのです。無視しても、横でギャーギャー言い続けるだけなので、速やかに対応した方がベターであることをママはもう悟っています。その度に洗い物を中断し、ってな感じでいちいち邪魔されてしまうので、プチストレスが積み重なるというわけで、こうやって誰もいない家で家事をするならばお茶の子さいさいな自分に見事変貌しました おめでとう
お恥ずかしい話ですけど、実は今、ママは軽い電車ノイローゼにかかっています。一日中、家の中で電車が走り続け、時に壁にぶつかったまま「ジージー」と鳴り響く車輪の音 あるいはソファの下に入り込んだまま倒れて鳴っていたり、とにかくずっと電車が動いているんです。しかも電車のDVDまで流れていて、この激しい電車攻めに、発狂しそうになる時があるのです。何でしたら、ほんまもんの近鉄電車の音も外から響いてきたりしますし… 俊太もはっきりしゃべる単語と言ったら「デンシャ」と「アーバンチ(アーバンライナー)」の二つぐらいなので、これまた連呼連呼の嵐です。誰かママを「電車」から解放して下さ~い それからもう一つ、俊太は大のキューリ好き スーパーでもキューリを見つけると「キューキュー」と言って叫びます。子供ってその時々で好きな物が変わったりするのですが、俊太のキューリ好きはもう半年ぐらい続いています。朝昼晩欠かさず、毎日1~2本のペースで消化するのですが、良くもまぁ飽きないもんだなぁと感心しています。でもね~、キューリって意外に高いんですよ。冬場にこんなにキューリを買ってる客ってママぐらいじゃないかなぁ いっそ栽培した方がいいかもね~。しかし、こんなにたらふくキューリを食べても、実は栄養がほとんどない水分のみの食べ物だなんて、緑色してるくせに役立たずな野菜ですよ…トホホ

ボクは力持ちなのです
shunta080120.jpg

| page top↑
お掃除
2008 / 01 / 15 ( Tue )
休みの日にイトーヨーカドーのフードコーナーに行くと「白いたい焼き」という珍しい食べ物を発見しました モチモチ感たっぷりの食感がたまらない一品でして、和菓子が苦手なママも「紫芋」とか「栗」の味は最高で、かつてない味わいを堪能したのです。これ、本当に珍しくてデリシャス もしかすると期間限定なのかも知れないのですが、また是非とも頂きたいのです。俊太もバクバクと食べてました。
珍しいと言えばもう一品。こちらはこの前のプラレール博でゲットした「かまぼこトミカ」です。金太郎飴のように切っても切っても出てくるパトカー 俊太は食べ物に見えないのか食べてくれませんでした…。味は普通のカマちゃんでした。
shunta080111.jpg

最近の俊太はお掃除が大好き ママが掃除機を出してくると待ってましたと言わんばかりに走ってきて、俺にやらしてくれとせがみます。ママも「上手だね~。俊太が手伝ってくれると助かるわ~」とのせてやると、これまた嬉しそう フローリングのお掃除も俊太に任せるとこの通り、しっかり掃除してくれます
というのは真っ赤な嘘で、俊太は真似事だけなので、汚れたフローリングシートをそのまま畳の上でこすったりしちゃうし、まぁ手伝ってるのか邪魔してるのかわけわかんないのですが、こういうことを褒めてあげてるといつか本当に役に立つ日が来るのではないかと、息子が「家事の出来る男」に変身する日を待ちわびるママでありました

ボクは掃除が日課だよ
shunta080117.jpg

| page top↑
社交的
2008 / 01 / 10 ( Thu )
朝から面倒な事が発生 俊太の着替えをして、靴下をはかせようとすると足の裏に変なものが…。最初はゴミがくっついていると思ったら、何とトゲが刺さっていたのです。しかも本人は全く気付いてないので、痛がる様子もなし。でも見つけてしまった以上は放置しておくわけにはいきませんです。毛抜きを使って取ろうとしたのですが、運の悪いことにトゲは完全に皮膚の中に入り込んでいて、ちっとも引っこ抜く箇所が見当たらず。困った末、姉に電話すると「痛くないように丁寧にやってたらなかなか取れないのよね。勢いよくやっちまった方が良いよ。」とヤクザなアドバイス 確かにチマチマやってても全然取れないので、思い切ってかなり強引に抜いてやりました。あ~怖かったぁ
さて、今日も新年2度目の支援センターへ遊びに行きました。新年を迎えて俊太の内面も少しリニューアルされたようです 何を隠そう、俊太は急激に社交的になったのです 先生や他のママさんに自分から寄って行って愛想を振りまいたり、終始ニコニコしています。今までは先生に寄ってこられるとかなり身構えてガードを固めるタイプだったので、こんなにフレンドリーな俊太に先生も「お正月明けて、俊ちゃんは随分しっかりしてきたね~。」とおっしゃっています。先生曰く、年末年始を過ぎると子供達が少し変わるそうです。ジジババ等たくさんの親戚に囲まれたりすることで、子供が成長してお兄ちゃん、お姉ちゃんらしくなってくるそうです。
最後のダンスを終えると、先生は一人ずつ「握手でバイバイバイ。ギュー(抱っこ)」としてくれます。今までの俊太は絶対それには参加せず、ママ以外の人に抱かれるなんてごめんだぜって感じだったのですが、今日は自分からヨタヨタと寄って行き、俺っちもやってくれよと先生と手を合わせて、ギューってしてもらっていました でも自分のキャラにないことをしてしまったのがちょっと恥ずかしかったようで、すぐさまママのところにはにかんでダッシュしてきました。相変わらずシャイな奴だぜ~
それともう一つ、他のママさんにトゲ抜きの話をしていたのですが、横で聞いている俊太はその話を聞く度に靴下を脱いで「このアンヨにトゲが刺さってたんでっせ~」とその箇所をアピールしていたのがリアクション芸人っぽくて笑えました~。最近の俊太は、こちらの話はかなり理解出来ているので、頼もしいけど要注意です。

ボクも変わったのです
shunta080110.jpg

| page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。