スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
ほっぺんくらぶ
2008 / 03 / 13 ( Thu )
今日は学研の「ほっぺんくらぶ」体験に行って来ました これは学研教室が運営している幼児用の親子ふれあい教室です。2歳で習い事なんてママったら教育ママゴンみたいで嫌なのですが、何故か近所のお友達は学研に通っている子供が結構いて、ママもどんな所なのか興味があったのです。
俊太は2歳になったばかりですが、このような教室では「入園準備クラス」という来年から幼稚園に行くという学年のクラスが相当になってしまうようです。でもこのクラスはママと離ればなれでやるみたいで、俊太にはちょっと厳しいだろうなと思ったので、1~2歳用の「のびのびコース」を体験しました。こちらは親子一緒に参加します。5組程の親子がいて、恐らく俊太が一番大きいのかなと思ったのですが、入った途端、俊太、ギャー泣き 窓辺に立って、「イヤイヤ、ブーブー(車で帰る)」と言って泣き叫んでいました。初めての場所なので、仕方ないのですが、やっと予約の取れた体験教室の60分を無駄にして欲しくないとママも必死 何とかなだめようとしたのですが、一歩も動いてくれません。すると先生が近寄って来てくれて、「お母さん、無理強いしないでそっとして上げて下さい」と言われました。ママとしては無理強いしたい気持ちなんですけど・・・。
挨拶から始まって何やら楽しそうな音楽が流れてきました 「出席を取ります」と言って、一人一人の名前を呼んで、子供は返事代わりにタンバリンを叩きます。俊太の番になって、先生がタンバリンを持って来てくれて、「シュンタくん、シュンタくん、どこですか~?」と歌ってくれました。俊太はドギマギしていました。まだ涙で濡れた顔ですが、ちょっとタンバリンを叩いてみたい、でもやっぱり無理・・・みたいな気持ちが錯綜していたのでしょう。「ママ、あって(ママがやって)」と言うので代わりにママが叩いておきました でも少しずつ先生のやることに興味を持ち始めている感じ。そして、先生が「みんなで鈴をならして遊びましょう。鈴を取りに来て下さ~い」と言った瞬間、動きましたね~、我が息子 俊太は鈴に心を奪われたらしく、一目散に取りに行って、ご丁寧に「あ~と(ありがとう)」と言って、ママのところに戻ってきました。ここから、俊太はエンジョイ一直線 急に楽しくなったらしく、鈴を鳴らしたり、クレヨンで色を塗ったり、シールを貼ったりする遊びを喜んでやっていました その都度先生が「シュンタくん、上手だね~、えらいね~」と褒めてくれるのもたまらない様子 そしてトンネルをくぐる遊びの時は、一番乗りでチャレンジしていました 
最後は先生に「ばっば~い(バイバイ)」と元気に手を振っていたので、それなりに満喫したようでした。
問題は入会するか、否か。結構楽しいし、有意義ではあるんですどね、1回60分で月に2回、4000円は微妙な感じ。それもこれも常に「子育て支援センター」と比較しちゃうからなんです。支援センターって時間も長いし、子供達もたくさんいるし、おもちゃも一杯あるし、自由に遊ぶ時間がたっぷりで、その後に先生が色々やってくれるんですよね。しかも無料。でもほっぺんくらぶは先生が一人一人に目を届かせる為にも、少数だし、自由に遊ぶとかはないし、おもちゃはないし、更に習い事となると、天気体調に問わず、行かなきゃ損みたいな感覚になっちゃうし、俊太が機嫌悪かったら、勿体ないしなぁ。
今日の体験もすごく良かったんだけど、でもこの60分に2000円の価値があるかって言われたら、う~んって思っちゃうママってケチですか?色塗りもシール貼りも家で出来るしなぁ。体を使った遊びとかダンスは支援センターでやってくれるしなぁとか考えたら、めっさ、微妙。いっそ、「入園準備クラス」で母子分離型だったら、また違った経験が出来て意味があるかなぁ。でも毎回泣くだけだろうし、2歳になったばかりの俊太にそこまでさせる必要ってある?ないなぁ。幼稚園に行けば嫌でもママとは別れるしね~。いやいや、子供にとって何が良いか、ホント悩ましいなぁ

ボクの裸、見ないで~
shunta080313.jpg
| page top↑
春近し・・・
2008 / 03 / 12 ( Wed )
最近、おまるにまたがってくれない俊太にやる気消沈のママでしたが、2歳になったのを機に再チャレンジ こんどはおまるじゃなくて、トイレの補助便座形式にして座らせてみることにしました。これが意外に気に入った様子。まだおしっこはしてくれないけど、座ることは嫌がりません。今朝もこうして頑張らせてみましたが、まだまだシッシは出来ないね~。気長に頑張ろうぜ~
shunta080312_1.jpg

今日はとってもあったかくていいお天気 春到来って感じですね~。こんな日はお外で遊ばせなくてはと公園弁当を作るママです。俊太は公園に行くと何かを食べれると期待しているので、これは欠かせないアイテムなのです。そして、今日は三輪車を持って公園デビューすることに いいお天気なので公園はたくさんのお友達がいました。俊太はトーマス三輪車に乗って、ウキウキワクワク ボク、格好いいでしょ~ もちろん、自分ではこげませ~ん。ママ、やって~
shunta0803012_2.jpg

しかし、俊太とほぼ同月齢のお友達もみんなしっかりして、元気まんまん。さりげない動作にもびっくりさせられることが多くて、俊太はこんなんでいいのかとまたまた悩ましい気持ちになってしまいます。女の子でも結構活発なもんですね。子供用のブランコも、みんな一人で乗り降りしてて、ビビッてしまいました。え~、そういうのって一人で出来るんだ~。俊太なんていちいち抱っこで乗り降りさせてるのにな~。みんな勝手にやってるみたいで、あえて教えたとかではないみたい。う~ん、ママ、辛いぜ 更に最悪なことには、石畳の上を嬉しそうに歩いていると、つまづいて、前つんのめりにこけてしまい、おでこに大きなタンコブを作ってしまいました 俊太はやっぱり体の使い方とか運動発達がかなり遅い方です。限りなく慎重派なので、危ない橋を渡らないから、やんちゃ坊主に比べると経験値が少ないんだろうな~。2歳になったし、春到来だし、これから公園でたくさん遊んで強くなるんだぞ
| page top↑
祝☆2歳
2008 / 03 / 09 ( Sun )
本日、俊太、めでたく2歳です おめでとう~朝から誕生日プレゼントが届いて、俊太は大喜び 音の鳴るプラレールなんて初めてだぁ~。本格的な踏切も嬉しいな。豪華なブロックも届きました~。自動車や電車も作れるんだって、スゴイスゴイ。オイラ、幸せだ~
shunta080309_1.jpg

さて、朝からたくさんプレゼントもらったけど、パパのじぃじばぁばからもらったお祝いで俊太に三輪車を買ってあげようとトイザらスに行くことにしました。2歳の記念に新しいものにチャレンジです。車でレッツゴ~と思ったら、な・な・なんと、車がパンクしとるぞ~ 誰の仕業じゃ~ ガッビーン
shunta080309_2.jpg

これは緊急事態です。ひとまず空気だけ入れてもらいに行ったけど、このままじゃまずいということで、新しい車に交換!そんな簡単に交換っておい!って感じですが、実は我が家の車は燃費悪い&諸々の摩耗の為、新しい車を購入することになっていたのです。契約も終了していて、来週納車予定だったのですが、急遽、本日取りに行くことに決定。しかし、タイミングがいいのか悪いのか、パンクって一体何事でしょうか???長い間お世話になったこの車ともお別れです。最後の記念撮影よん
shunta080309_3.jpg

え~トイザらスでは三輪車を求めて試乗してみました。2歳だと早い子供は自転車に乗ったりするのですが、俊太の運動神経&性格から、いきなり自転車は無理だなぁという雰囲気を存分にかもしだしていたので、やはり基礎コースからということで三輪車にしました。色んなデザインのがあったのですが、俊太はトーマスの三輪車に一目惚れ。他の三輪車に乗せようとすると「いやいや」と言います。三輪車の前に付いてるトーマスの電車が気に入った様子。俊太の好みを尊重して購入です。わ~い、ボクのマシンだ~
shunta080309_5.jpg

帰りにケーキ屋さんで予約しておいたバースデーケーキをゲット。今回は俊太の誕生日&結婚3周年をコラボでお祝いです。やった~、ケーキ屋さんの前のボードに俊太の名前が載ってました~
shunta080309_4.jpg

夜は家族で手巻きパーティをしました。手巻きということはママはほとんど何も作らないことを意味するのでお恥ずかしいのですが、一応エビフライと唐揚げは作りました~ そこんとこよろしく~
shunta080309_6.jpg

ケーキはゴージャスなのです どさくさにまぎれて「俊太2歳」と「結婚3周年」の2枚のチョコプレートを入れて貰いました(迷惑な客かも~?)
shunta080309_7.jpg

ハッピバースデートゥユ~、ハッピバースデートゥユ~、ハッピバースデーディア俊太くん、ハッピバースデートゥユ~、パチパチパチ、はいはい、俊太くん、ローソク消して~、ふ~ってやって…。俊太は何のこっちゃって感じだったので、ママが消しておきました~。来年の誕生日には自分で消せるかなぁ。次回は頼みますよん
shunta080309_8.jpg

まぁ何はともあれ、今日はこうやって俊太の2歳を無事にお祝いすることが出来ました。親としては至らないこともたくさんあるし、自分の子育てが正しいのか悩むことは多いけど、誕生日を迎えて一つずつ歳を重ねて成長していく姿を見ると、やっぱり感慨深いものがあります。生まれてから丸2年、良く育ててきたな~と自分を褒めてみたり…。去年の今頃はまだ歩くことも出来なかったし、言葉なんて皆無に近かったけど、この1年で俊太も元気に動き回れるようになったし、言葉も少しずつ増えてきました。イヤイヤ病も人並みに発症してるしね 周りの子供と比較しちゃうと、物足りないことばかりだけど、俊太だけを見てると、少しずつ着実に成長しているから、それで十分です。またこれから1年、「魔の2歳児」と呼ばれる難しい時期に入るけど、一日一日の成長をしっかり見守っていきたいと思います。だってもう、0歳の俊太にも、1歳の俊太にも二度と会えないのだから。
俊太くん、お誕生日おめでとう そして1歳の俊太くん、さようなら~
パンクしたセプターワゴンもさようなら~(何だか一番お気の毒!)
ちなみに新しい車「オーパ」のナンバープレートは「3012」です。これは俊太の出生児の体重「3012g」から取りました。誕生日に「3012」の車に乗り換えるなんて、こりゃまた奇遇でワンダフルだわ

ボクはこの三輪車が大好きです
shunta080309_9.jpg
| page top↑
二語文
2008 / 03 / 05 ( Wed )
最近、俊太は少ないボキャブラリーを組み合わせて、二語文を話すようになりました 「ママ、あった(ママがいた)」「ママ、あって(ママがやって)」「ママ、ねんね(ママが寝ている)」等々、簡単な言葉ですが、一応育児マニュアル的には二語文成立なのです。ママ、これからが楽しみ ママにしか分からない言葉でも会話が出来るようになったら、やりとりしてても面白いし、言い聞かせたり、俊太の言い分もちゃんと聞いてあげたり出来そうです。
今日は新しい遊びを俊太が発見。何とママとの徒競走です(嬉しくねぇよ) 俊太は今、「走る」ということをマスターしようと必死です リビングスペースを利用して、「よ~いドン」でダッシュ 俊太は一生懸命走っているつもりです。確かに大分早くなってきたかなぁ。「早歩き」から「走り」にステージアップしたかも知れません。ママと競争するのが楽しいらしく、ママが「よ~い」と言うと、俊太は構えて「ドーン」と叫んで走り出します。ソファまでゴールすると、すぐさま「ママあって(もう一回やって)」と言って繰り返すこと何十回。ママ、ちゅかれました~ 今後は一人で走っとくれよん
話変わって、俊太が男の子だなぁと強く感じた行動なのですが、俊太の持っているプラレールの電車で電池の部分がネジで留められているものがあって、電池を入れ替える時はドライバーでネジを開けなければならないのですが、俊太はこの作業に異常に興味を持っています ドライバーを触って、ネジをゴチャゴチャやって、電池を替えるという作業をやりたくて仕方ないようで、今は勝手にドライバーを持って真似事をしています。それがめちゃくちゃ楽しそうなのです 自分なりに何か出来たのか「オッケー」とか一人で言ってます。ママなんて生まれてこの方、工具なんて自ら触ろうと思った試しがありませんです。俊太を見てると雰囲気的にも機械いじりとかが好きそうな感じ ママが教えれることなんて何もないし、そこらへんはパパに任せるしかありません。
面倒くさい話をばもう一つ。支援センターでもらってきた「みんなのうた」のCDは6曲入りで、連日ガンガンに聴いてきたのですが、最近になって俊太はその「2曲目(ミッキー)」だけが聴きたいと言い始めました。他の曲が始まると、「いやいや」と言うのです。もう面倒くさいなぁと思い、2曲目をリピートモードに設定 同じ歌ばかりがかかりっぱなしで、耳栓でもしたいほどですが、ママも頑張って聴いております。すると最近、その歌の出だし部分だけを聴きたいと言い出したのです。「ヘイヘイ、ミッキー」という出だしなのですが、その部分だけを聴きたいと言って、出だしが過ぎると、始めに戻せというのです。はい、ブチ切れ~そんなん無理っしょ。最初の15秒だけ繰り返し聴くなんて、ばっかみたい そんなものはね、「歌」じゃありませんよ。ただの掛け声でしょ
はぁ~、やっぱり手が焼けるぜ、おいっ

ボクは「ヘイヘイ、ミッキー」のとこだけが好き
shunta080304.jpg

| page top↑
公園
2008 / 03 / 02 ( Sun )
遂に3月突入 2歳の誕生日まであと1週間となりました~。嬉しいけど、やっぱし寂しい 誕生日のお祝い計画をそろそろ考えましょかね~。その前にあと4日で結婚3周年だわ~(今年も素通りの予定
さて、今日は暖かく良いお天気だったので、3人で公園へ 俊太は公園まで歩く途中、下りの坂道でスッテンコロリンして、後頭部にたんこぶが出来るアクシデントがありました たんこぶの一つも出来てこそ男ってもんだよね~
俊太は公園でもママと一緒に居ると、すぐに甘えてきて、何でもママと一緒にやろうと言います。子供が走り回って追いかけるのに大変…なんて経験を一度ぐらいはしてみたいものですが、ママには縁遠い話でして。。。でも今日はパパと一緒だったので、いつもよりは積極的に遊んでいたかなぁ。ボールをキックするのも上手になったし 遊びの途中、俊太はおやつタイムでのんびりベンチに座って、おかしを食べながら電車を眺める至福タイムに入ったのですが、パパとママは二人でサッカーをして遊んでいました。大の大人がボールをキックしまくって、遠くで小さな子供がベンチで一人、ポツンと座っているなんて異様な光景だわ 普通、逆でしょ!
もうすぐ花見の季節だし、また外遊びが始められそうな予感 俊太の体力作りと運動能力を開花させる為にも、これからじゃんじゃん外で体を動かさないとね~ だって俊太はまだ走れないし、歩き方も微妙に「ヨチヨチ感」が残っているのですから 体重が重いから俊太も大変なのかな。

ボクはこうしているのが一番幸せなのです
shunta080302.jpg

| page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。