スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
路頭に迷うママ
2008 / 04 / 11 ( Fri )
今朝、何の気なしに見たTVの星座占いでまんまと最下位だった乙女座のママ そして気休めにもならないラッキーアイテムが「ガーリックライス」だって!こんな占いを信じたわけじゃないけど、今日はその通りの一日になったのです。トホホ・・・
昨日は雨&嵐で一歩も家から出られず、今日も曇り空で公園の水はけが悪いかも・・・と思ったので、ドリーム21という室内遊戯施設に連れて行こうと思いました。こちらは体育館のようなところにたくさんの遊具があって、広々と遊べる施設なのです。何度か俊太も行ったことがあるし、100円で使用出来るので、いざ出陣。これは時間制限ありの完全入れ替え制だったので、昼一に行って来ました。
車を駐車場へ停めて、チケットを購入。そしてのびのび広場の受付に到着。さっ、入って遊びましょと思った瞬間、悲劇スタート 俊太がいきなり「ブーブー(車に乗る)」と言って号泣し始めたのです。その泣き方は今にも注射される直前のような泣き方。ここをどこと思っているのか、「いやいや!」と言って、それはそれは大声で泣き始めたのです。
ママは一生懸命なだめました。「俊ちゃん、ここは遊ぶところだよ。中に入ったら滑り台とか遊ぶものがたくさんあるよ。一緒に遊ぼう。」と言っても、聞いちゃいません 「いやいや。ブーブー(車に乗る)」を連呼 周りにいた子供達が「あの子、何で泣いてるの?」とママに尋ねたら「どうしてだろうね~。聞いておいで!」なんて言ったもんだから、その子供が俊太に「何で泣いてるの?」なんて直撃インタビューに来ちゃいました。俊太の泣き声倍増 何で泣いてるかなんて、こっちが聞きたいよ。受付からは遊具が見えてないので、中に入ったら、俊太も思いだして、遊びたくなるだろうと思い、無理矢理抱きかかえて、チケットを渡して入りました。遊具が目に入った瞬間、変貌してくれる俊太に期待・・・したママが馬鹿でした 俊太はもっとひどく泣きだして、「もう~いや~いや~ブーブー(車に乗る)」と言ってききません。
おい、何か嫌な思い出でもあるのかよ~!!!もうママは折角ここまで来たのに、こんな羽目に遭って、撃沈&ブチ切れ 何で楽しめないのかな~???
仕方なく、受付の人に「やっぱり出ます」と言うと、哀れに思ったのか、「どうしたんだろうね~」と同情され、お金を返してくれました。(別に嬉しくはないけど~)
ママは駐車場で意味不明な俊太にキレてしまって、もう怒鳴りちらしてしまいました。
「何が嫌なん?遊びに連れてきてあげたんやろ?楽しめよ!」「泣いてばかっりで情けないな!」「そんなに車が好きやったら、一人で乗っとき!」と次々に怒鳴って、俊太をチャイルドシートに乗せ、ママは車の外でクールダウンしようと必死でした。こんな精神状態で運転したら人の一人もひいちゃうよってな勢いだったものでして・・・。
車の中から聞こえる俊太の泣き声。あ~もうどうすればいいのって感じで、ママはむしゃくしゃしたんです。最近、色々と気苦労があって、ママのストレスも溜まってて、心身共に疲れ気味で、それでも頑張ってこうやって連れてきているのに~!という思いがあったから、こんなに怒鳴ってしまったのだと思います。もっと気持ちに余裕がある時だったら、「嫌やったら、帰ろうか。」って言えたかも知れません。
でも言ってしまったものは元には戻せません。俊太もママがこんなに怒っていることが相当ショックなようで、車の中でもかなりへこんだ表情をしていました こういう顔をされるとまた自己嫌悪に陥って、「あ~ママって母親失格っていうより人間失格かも?」とママもへこむのです。
俊太は泣きすぎてヒックヒック言ってるし、ママもへこんでいるので、二人でイトーヨーカドーのフードコーナーで休憩することに。俊太もちょっと可哀想だなと思ったので、大好きなポテトを買ってやったのですが、ママのことをかなり気にしているようで、これ以上怒らせたら、やばいと思っているらしく、あまり勢いよく手を出しません。「食べていいよ。」と言うと、一応食べていますが、何だか悲しげな顔をしているので、ママも辛くなってきました。俊太なりに嫌だった理由があるのかも知れないけど、言葉が話せないから、泣くしかなかったのでしょう。時間が経てばそう思えるけど、あの瞬間、あの場所ではママも怒りを止めれなかったのです。ママって未熟者 どうぞ「鬼」と呼んで下さい!
「さっきは怒りすぎてごめんね。仲良ししようね」と一応フォローを入れると、「うん」と分かってるのかどうかわからないけど、俊太も返事をしました。家に着く頃には元に戻ってたけど、今日も聖母マリア様のようにはいかなかったなぁ。
占いを信じたわけじゃないけど、夜はやけくそでガーリックライスなんぞを作って食べました はぁ~、明日の乙女座は上位だといいなぁ 
| page top↑
いちご組
2008 / 04 / 09 ( Wed )
今日は支援センターの「いちご組」に参加してきました これは2歳児の親子20組を1クラスとして全5回に渡って行われる親子広場です。いつもの自由遊びとは違って、これは一応みんなで遊びましょうという主旨の保護者付プレスクールみたいなイメージのものです。支援センターはいつも色々な企画を考えているので、公の施設とは言え、とても子育てを支援してもらってまさに「子育て支援センター」だなぁと感心&感謝しています 
ママ用の首からぶら下げる名札をもらって付けていると、俊太が泣いてそれを外せと言います 俊太に付けるぞうさんの名札も「いやいや!」と言って付けてくれません。自分が嫌なのは仕方ないけど、何でママも付けちゃ駄目なのかなぁ。いきなり、ブルーだよ
でも他のママさんがみんな名札をぶら下げていて、子供達も動物の名札を付けているのを見て、「俊太、みんな付けてるね。俊太もぞうさん付けようか!」と言うと、これまた賛成多数に弱いらしく、「ぞうさん、ぞうさん」と言ってあっさり付けました。何でしたら「いっしょ、いっしょ(みんなといっしょ)」と言って喜んでおりまして。。。どうせならアウトロー路線でいけよってね!
今日は初回ということで、自己紹介から始まり、歌遊びや手遊びなど、色々とやってくれました。この2歳児20組は学年で区切っているので、俊太の同級生になるべく4月~3月生まれの子供達が20人いるわけです。普段通っている時は赤ちゃんもいるし、1歳児や3歳児もいるので、遊び方も発達程度も様々です。今日は一つの学年単位で区切っていて、月齢で言うと3月生まれの俊太は一番最後なのですが、こうやって眺めていると、はっきり言って2歳を過ぎると見た目には月齢の差なんてよく分かりませんでした。体格で言うと、俊太なんて結構大きい方です。2歳も過ぎると、月齢というよりも性格の差の方が目立つ感じがします。
特に男の子はやんちゃ度が増してきて、とにかくジッとしてない。動きが激しいです。みんな通い慣れているせいか、あまりママのそばにべったり・・・という子も居ませんでした。そしてみんな自己主張がはっきりしてきて、おもちゃの取り合いがあっちこっちで勃発 自己紹介をしている間も子供は座ってられなくて、みんな好き勝手に遊びたい放題です。先生は「子供は無理強いせず好きにさせていいですから~!」と言ってくれています。さてさて、そこへきて我が息子の俊太はと言いますと、これがまたジッとしてるんですね。相変わらず、ママのそばからは離れません。自己紹介を聞くのが楽しいわけじゃないのでしょうけど、ママから離れて遊びに行くのはちょっと・・・ってな感じでずっとママの膝の上で座っていました。こんな調子なのは勿論俊太だけ。他のママさんも大体男の子がいる人は「うちの子はかなりやんちゃで困りもの・・・」と言った自己紹介をしているのに、ママは「うちは割と大人しい子です。」と正反対のPRをしたわけです。
歌遊びや手遊びやダンスは楽しそうにやっているし、俊太の個性だからいいんだけど、何だかママって男の子を育てたって感じがしないわ~と思ったりします 俊太の周りだけ時間がゆっくり流れているような感じなのです だからと言って、育てやすいわけではありませんけど~
次回はこいのぼりのシール貼り遊びがメインなので、シール大好き俊太が喜ぶといいなぁ

ボクは最近、レールを作るのが上手になったのです
shunta080410.jpg
| page top↑
おこりんぼママ
2008 / 04 / 06 ( Sun )
最近、パパは体を壊して通院の身、現在療養中です。我が家にピンチが~ 早く回復してくれるといいのだけど、家に入院患者がいるような感じで、何だか切ないです。健康第一とは良く言ったものですが、本当にその通り、親も子供も体が一番大事ですね。俊太はナイーブなので、パパの身を案じ、「パパ、タイタイ(痛い痛い)」ばかり言います。でもパパのお腹には絶対乗ろうとしないし、触れてはいけない箇所はちゃんとわかっているようです。そういうことは何となく理解出来るようになっています。
とはいえ、みんなで家にこもっていても仕方ないので、俊太と二人で公園へ サクラが綺麗な季節になりました。今年は残念ながら花見には行けそうにありません。去年は大阪城公園でお花見出来たんだけどね。
しかし、いつも行く公園も今日はすごい人。日曜日ってやっぱりパパさんの人数が多いですね。この公園はかなり広いので、レジャーシート敷いて、お弁当食べてる家族もたくさんいました。俊太はまたまたのんびりボーロを食べて、お茶をすすりながら、電車鑑賞を始めてしまって、やれやれ・・・ 食べる前にまず遊べよ!って毎度毎度思うのですが、俊太は食べてから遊ぶタイプらしいです。さっ、じゃ、そろそろ遊びましょっかね~、ってな感じでよっこらしょと立ち上がる俊太。まぁ相変わらずな奴です。

ボクは食べてから遊ぶのです
shunta080406_1.jpg

ブランコも好きだよ!
shunta080406_2.jpg


ママは最近、朝から晩まで俊太を怒っている気がしてなりません 一つ一つの事にとてもとても時間がかかるのです。もちろん、俊太がやろうとして時間がかかるのは一向に構わないし、焦らせるつもりも全くないのですが、どれもこれもやろうとしなくて時間がかかるのです。朝起きて、オムツを替える、着替える、まず、この工程を終えるだけでも、2、3度は怒鳴ってしまいます。「いや、いや」の繰り返し。オムツをはずした途端に逃げてしまって替えられない。「早くしろ!」って何回言ってしまってるんだろうと自分でも嫌になる時があります。そして、ママは「早く着替えて」と言っているのに、俊太はすっぽんぽんの状態で「氷が食べたい」等と、冷蔵庫の前でわがままを言い出す。食事も真面目に食べない、歯磨きをしようとすると逃げ出す、お風呂に入ろうと言うと逃げ出す、ねんねしようと言うと氷を食べると言い出す(これは何で?)、氷をあげたら「おおきい、おおきい (もっと小さいのをくれ!)」と文句を言う、一事が万事この調子で朝からもうプリプリしてしまうのです。もっと心を穏やかに、優しく接しようと何度も言い聞かせるのですが、どうしても出来ません。朝起きたらね、ママも少しゆっくりとコーヒーでも飲みたいわけですよ 寝ている時以外、常に秒刻みでママに何かを要求する俊太。2歳児とはこういうものなのでしょうかぁ でもジジババの家ではいっつも「おりこうさん」と言われるのですが、ママは何だか腑に落ちません。
今日公園で久々に会ったお友達のセイ君もなかなか難しいお年頃(もうすぐ3歳)でママに怒られていました。滑り台に上る時、大きな石を持っていたのです。それを上から転がして遊びたかったらしいのですが、結構大きな石で人にあたると危ないからといつもママに注意されているらしく、「何持っているの?」とママに聞かれると、セイ君は「いし。ちからもち(ボクは力持ち)」とあどけなく言いました。ママが「上から転がしたら危ないから駄目」と言って、取り上げたら、セイ君はとても怒り始めたんです。子供は危険を理解する力がないから、やりたいことを止められると、とても腹が立つのでしょう。それを穏やかに諭せたらいいのだけど、結局のところ、どう説明したって、子供が簡単に理解して諦めるなんてことは2歳児には無理ですね。「この時期色々大変だよね~。」等とママ同志話していました。
今、少しずつ言葉が増えて、その話し方が可愛かったり、電車のレールのつなぎ方が段々上手になったり、そういうささやかな成長に感動をもらったり、笑わせてもらったりと、一番面白い時期なのかも知れません。同時に自我がどんどん芽生えて、赤ちゃんの時のようになされるがまま・・・とはいかず、次々に反抗してくるイヤイヤ期でもあり、親としては笑ったり怒ったりの連続です。俊太と向き合うということは自分自身と向き合うということでもあり、「育児」は「育自」って何かの本に書いてたけど、本当にその通りだなぁと納得するサクラの季節でありました
明日はもっと優しい聖母マリア様のような母でいよう~っと (まず無理だな・・・)
| page top↑
おしゃべり
2008 / 04 / 01 ( Tue )
今日は4月1日 エイプリルフールですね。誰にも嘘はつかれなかったけど・・・。
最近の俊太の成長は目覚ましいものがあります 言葉を聞く能力がかなり発達してきて、聞こえてないだろうなと思うようなボソッと言った一言もしっかり聞いて理解しているし、同時に記憶力も研ぎ澄まされて、一度見たものは完全にインプットされているようです。まさにスポンジが水を吸収する勢い 誰からプレゼントされたおもちゃなのかも100%覚えています。それからお風呂ではスポンジで自分の体を洗うようになりました。と言っても優しく優しくなで回しているだけなのですが、俊太はすっかり自分で洗っている気持ちになっています。一生懸命ゴシゴシしている姿を見ると、やっぱり2歳になったなぁと成長を実感です。
それから言葉も増え始めてきました。どこかに到着すると、「ちゅいた~(着いた)」、食べ物を見つけると、「おいし、おいし」、アンパンマンはこの前までは「マンマンマン」だったのにやっと「アンパン、アンパン」と初めの部分が「アン」に変わってきました。あげだしたらキリがないけど、とにかく細かい成長がたくさんあって、もう油断は禁物です。一人の人間として人格の形成される時期が来てしまった感じ 
更に俊太はどうも左利きの可能性が強まってきて、ママはちょっと悩んでいます。スプーンやフォークは左手で持つし、細かいものも、左手でやっていることが多く、右手に持たせて食べさせても、次の瞬間には左手に持ち替えているので、やっぱり俊太なりに左が使いやすいと思っているのでしょうか・・・。左利きでもいいけど、やっぱり字を書いたりするようになると、右利きのママが教えてあげるのが難しいなぁ。しかし、自分の息子がAB型の左利きなんて、何だか変な気持ち
成長と言えばもう一つ。今日も支援センターでたっぷり遊んでダンスを踊ってきたのですが、このダンスも最初から最後まで完全に覚えたようです 前はところどころ出来なかったのに、今じゃ、どのフレーズもちゃんと振り付け出来るようになりました。ただし、みんなで「ミッキーさ~ん」と呼ぶ時に相変わらず「みやった~」と大声で呼ぶのだけはやめてくれ~

今日はリュックにおやつを持って行くんだよ
shunta080401_1.jpg
| page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。