スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
今日もまた・・・
2008 / 08 / 06 ( Wed )
支援センターでは夏場にプールもやってくれます テラスがあって、そこに大きめのビニールプールを2つ用意してくれて、あとは水遊び用のおもちゃとか、プールが怖いという子供のために横でただ水に手をつけたり出来るようにタライを置いてくれています。
俊太は何かにつけて、とにかく「最後の一人」になる男で、ママもかなり頭を悩ましていたので、どうせプールは嫌がるだろうと思い、連れて行ってなかったのですが、ママも変に親バカで、心のどこかで「1年半以上も通い慣れた支援センターのプールなら入るのでは」と思っていたのです。
そして、今日はプールの日だったので、思い切って連れて行ってみました。
朝、俊太に「支援センターで水遊びが出来るけどやる?」と聞くと、「いや!」と即答されてしまいました でも俊太は支援センターには行きたいらしく、「おままごとやる。」と言ってます。
良く分かってないみたいだし、とりあえず連れて行きました。
まずはプールに入る前にいつもの体操を2曲踊りました。俊太は「ミッキー!」と嬉しそうに踊っていたし、これはいい調子じゃないかと内心、ドキドキするママ
体操が終わって、「では水着に着替えた人から行って下さい!」と先生が声を掛けて、可愛い水着姿の子供達がテラスに出ていきました。
「俊太も着替えようか」と海パンを出すと、「プール、いや!」とまたしても即答
はぁ~またかよ・・・。あっという間に20組以上いた親子が全員テラスに出ていきました。
室内に残される俊太とママ・・・ ガラス戸の向こうにははじける笑顔と楽しげな笑い声
その輪に入れない親子が一組、ポツンとおりました~。もうね、申し訳ないけど、自分の子供じゃないと思いたくなりました
ア~タね、プールいやっていうけど、こんなのプールじゃないわよ。ちょっと大きな水たまりって感じよ!こんなんでグダグタ言ってたら、これから先、生きていけないっつうの 来月にはもう幼稚園の入園の手続きも始まるのに、水たまりごときで泣いてて、集団生活出来ると思ってんのかしら?
「俊太、お水で一緒に遊ぼうよ!」と誘っても、「ママ、ひとりで行って!」とママだけ勝手に遊んで来いなんて言われちゃう始末でして・・・ おめえの為に来たんだよ!
支援センターの先生が3人もこぞって、手を替え、品を替えしてくれたけど、結局プールには入りませんでした。まぁ先生方はもう俊太の性格は十分に承知しているので、予想通りの展開だったんでしょうけど。終いには「いつもは一人や二人、こんな感じで入らない子が居るんですけど、今日は俊ちゃんだけだったね」ってあんまりフォローになってないお言葉を頂きました。
ホント、拒否組がもう少しいるかと思ったのに、俊太だけ 何か寂しいわ~ ママも他のママさんと傷の舐め合いをしようと思っていたのに誤算でした~。

日々、育児に悩んでばかりなのですが、ママは俊太にどういう子供に育って欲しいと思っているんだろうって改めて考えてみたんです。例えばプールにしても、俊太は基本的に嫌がっています。嫌ならもう二度と連れていかないでいいんじゃないかと、そうすればママも俊太も嫌な思いをしなくて済むわけです。でも何故かそれを改善したくなる・・・。一つにはプールはやっぱり楽しい遊びの一つだし、好きになってくれたら、それだけ俊太も楽しめるし、それを見ているママも嬉しくなる。もう一つには、やっぱりこれから先、集団生活をする中で、みんなと一緒に出来ないことが多いと、俊太自身が苦労するんじゃないかという心配の部分があると思うのです。
まだ歩きもしない赤ちゃんだった頃、さすがにそんな心配はなかったけど、歩き出し、動くようになる頃から子供の個性や性格が少しずつ顕著になってきて、俊太がかなりの怖がりで甘えん坊で運動が苦手で順応性が低いということがわかってくると、ママも度々、落ち込んだり、うちの子、大丈夫か?って思う頻度が高くなってきたんです。特に「本来楽しいはずのことを楽しめない俊太の姿」に何度苛立ったか数知れません(今日もだけど)。
「三つ子の魂、百まで」神話が本当だったら、この先の俊太はどうなるんでしょうか

俊太の良いところや個性を伸ばしてあげたいけど、正直、それが何なのか、親の私でさえ今はまだ分かりません。でも、親としては、何でもいいから参加して欲しいのです。ママの理想も段々現実的になってきて、何かで一番になってくれなんて間違っても願わなくなりました。でも、でも「棄権」だけはして欲しくない。上手でも下手でも何でもいいから、ひとまず「参加」して欲しいんです。
だってね、親が一番嬉しくなる時って、子供が何かを一生懸命やってる姿を見る時だと思うんです。
そう、俊太に望むのはもう「参加賞」だけです。俊太よ、ハードルは限りなく下がったんだから、「参加賞」ぐらいもらってこいよ~
| page top↑
俊太の近況
2008 / 08 / 03 ( Sun )
8月に突入 猛暑日の連続でグッタリです 俊太も「暑い」と「涼しい」の区別はバッチシ付いているので、「あちゅいね~」「ちょっとすずしいね~」「スーパーすずしいね~」と色々お話してくれます
2歳半ば近くなってきて、俊太なりに日々成長しているのですが、その記録をちょいと綴ります。

まずは「おしゃべり」。俊太はおしゃべりに関しては2歳を過ぎたあたりから急激に進歩してきて、予想以上に早く会話が成立するようになりました。女の子みたいなしっかりりした会話ではないけれど、滑舌もそこそこ良いので、何を言ってるか大体わかります。言葉を教えるとすぐ吸収するようになりました。最近流行っているのは、電車のアナウンスの真似事。「つぎはぬかたっす」「つぎはひょうたんやまっす」と駅名を言いながら、電車を走らせています それからママの言っている事や他の人と話していることはかなりのレベルで理解しています。もう余計な一言も全部伝わっちゃうようになりました~ 

次に「記憶力」。毎日のように車に乗るせいか、スーパーや支援センター、近くの友達の家や実家などの大体の道程や風景を記憶しているようです。目的地が近づいてくると、「着いたね~」と言ってくるので、ホントにびっくりします スーパーや支援センターは日常的に通っているし、近隣なのでまだわかるのですが、ママの実家なんて高速使って30分の道程なのに、実家が近付いてくると、「もうすぐつく」と言い出して、ちょっと道を変えて運転してたら、「じぃじばぁばの家行く!」と怒って、道が違うことまで指摘されてしまいました。
それに過去の色々な出来事も結構細かく記憶していて、もう忘れたらいいのに!って思うことまでしっっかり覚えています。ただ俊太の不思議なところは嫌だったことや泣いてばかりだったことを、楽しかった思い出にすり替えているところです。プールで泣いたり、保育園の外遊びを拒否したことさえも、「たのしかったね~」なんて普通に話したりするんです 思い出が全て楽しくなるのは良いことだけど、実は妄想癖です・・・なんてことになったら困るわ~

最後に「おむつはずし」。これは残念ながら全くダメです。まだ一度もトイレでおしっこが出来たことがありません。おしっこやうんちをした後は必ず事後報告してくれるのですが、事前に伝えてくれません。タイミングを見て、トイレに誘うと、アンパンマンの補助便座に座ってくれるのですが、「チーチー」と自分で言って、紙を流して、「出来た!」と言ってます。全くおしっこは出てないんですけど・・・。
「出来た」と錯覚してる俊太がちょっと怖いです また妄想癖??
こちらはまだまだ時間がかかりそう・・・。夏場に取るのは無理かも知れません
でも幼稚園に入るまでには完璧じゃなくてもいいから、それなりに出来るようになって欲しいなぁと思っています。

こんなボク、どうですか~
shunta080801.jpg
またニイニとネエネに遊んでもらったんだ
shunta080803.jpg
| page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。