スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
イクラ
2008 / 09 / 14 ( Sun )
いきなりですが、俊太はイクラが大好きです そう、あのお寿司のイクラのことです。でも普段は滅多に食べません。スーパーでもイクラは売ってますが、高い割にちょっとしか入ってないし、こんなもの1度買ったら、スーパーに行く度に買わされること間違いナシです
だから、回転寿司に行った時とか、ジジババの家に行った時とか、誕生日のお祝いの時とか、スペシャルな時だけ食べさせています。多分、毎日食べてたら、イクラの価値も納豆とイコールになると思うのですが・・・。
さて、週末になると、お寿司屋さんのチラシとかがジャンジャン入ってたりします。俊太はそれを見つけて、「イクラ、イクラ」としつこくアピールするんです ママに頼まれても困るよってサーッと受け流すのですが、あっ、そうだ、奈良の実家にそろそろ行かなくちゃってことで、ばぁばに「イクラ食べたい!」って言うんだよ・・・なんてとんでもないことを息子に教えたママでした。
そして、今日は奈良の実家に行ってきたのですが、俊太はかなりおしゃべりが上達してきたので、「おばあちゃん、いっしょ、あそぼ~」とかスラスラ話しかけています。たった1ヶ月会わないだけで、すんごい成長したとびっくりされました。そして、待ちに待ったイクラはと言いますと、もうワンダフルっていうぐらいすんごい「イクラ丼」が俊太の為に用意されてました お子様用でも何でもなく、普通の大人用のかなり高価なイクラ丼でございます キミには十年早いよって感じですけど、まぁじぃじばぁばのお気持ちということで、思う存分食べたまえ~

は~やく、イクラ!イクラ!
shunta080914_1.jpg
イクラがきた~、この丸い桶がボクのイクラだよ
shunta080914_2.jpg

・・・イクラだけのこんなくだらない話を公開するなんて、ちょっとお恥ずかしい
| page top↑
2歳半
2008 / 09 / 09 ( Tue )
俊太は今日でめでたく2歳半になりました~ もうほ~んとに早いです
生まれてから1歳の誕生日まではとっても長く感じたのに、その日以来、怒濤のごとく、毎日が過ぎて、あと半年ちょっとで母子べったり生活にもピリオドが打たれます。
そう思うと、この単調な日々も大切な気がして、俊太と二人でもっと何かしておくことはないのか?なんて大げさな気持ちになったりします。でも、きっと幼稚園に行っても、まだまだ二人の時間もあるよね~

さて、ここ数日、ちょっくら実家に帰ってました 春頃、俊太が勝手に名付けた「ぶーしゃん(ママの次姉」と久々に会えることになったのですが、かなりブランクがあったので、俊太はちょっとはにかんでいます。記憶にはあるんだけど、ちょっと恥ずかしい・・・
でも時間が経つにつれて、すっかり慣れて「ぶーしゃん」と楽しそうに遊んでました。しかし、このあだ名はちょっと宜しくないので、お風呂に入った時に、「ぶーしゃんって呼ぶんじゃなくて、わかよちゃんって呼ぼうね」って教えたら、すんなりインプット出来たみたい さすがに半年前とは理解力や記憶力も格段に伸びています。
一緒に公園に行って遊んだり、レストランで食事をしたり、またまたアンパンマンのおもちゃを買ってもらって、わかよちゃんは至れり尽くせりで有り難いです。俊太にとって「わかよちゃん」のランキングは大きくアップした模様。またしばらく会えないけど、しっかり記憶しておくんだぞ
しかし、やっぱり俊太にとってある意味、ママ以上かも知れない存在のナオねぇね 今回もたっぷり可愛がってもらって、俊太も大興奮でした。子供って本能的に自分のことを本気で可愛がってくれたり、遊んでくれる人を見極める力が備わっていて、凄いなって思います。
だから、ママがいつもちょっと面倒くさそうに遊び相手してるのも、奴は全部見抜いているはず・・・ その証拠に俊太は実家に帰ると、ほとんどママに寄りつかなくなりました。。。子供ってやっぱ正直だねっ

一緒に遊んだよ~
shunta080909_2.jpg
ボク、この滑り台気に入りました~
shunta080909_1.jpg
やっぱりナオちゃんが一番好き
shunta080910.jpg


| page top↑
幼稚園決定
2008 / 09 / 01 ( Mon )
今日から幼稚園の願書配布が始まります。色々思案する人もいるんだろうけど、ママは一番近くの幼稚園でいいやって決めています。広大な敷地で緑一杯だし、施設も立派で綺麗だし、近いけどマンションのエントランスまで園バスが来てくれるし、いいじゃんって感じです 多分、一番近いとこに、こじんまりした幼稚園があったら、それはそれでアットホームでいいじゃんって決めてると思いますけど。
願書は9月末までに取りに行って、10月1日に先着順で受け付けてくれるということでした。この「先着順」というのがどこの幼稚園もいささか問題になるみたいで、色んな情報が錯綜して、どんどん早く並ぶ人が出たりするらしいです。でも俊太の行こうとしている幼稚園は160名も定員枠があるので、まぁほとんど入れるみたい・・・ということでした。とはいえ、やっぱり当日は朝早くにパパさん、頼みますよって話してた矢先、今日はとってもラッキーなことが
9月中にいつでも取りに行けばいいんだけど、ママの性格上、何となく早くもらいたかったので、午後から俊太と二人で取りに行きました。今日は始業式なのか、午後の幼稚園は誰も居なくて、閑散としていました。
願書を取りに来ている人も全く居なくて、さすがに1日からいきなり取りに来ないのかなぁと思ったり。
そして受付で「願書を頂けますか?」と言うと、「あの、こちらを専願しますか?」と聞かれました。
「専願 幼稚園に専願とか併願とかあるわけ」ママは少々困惑して、「専願ってどういう意味ですか?」と尋ねると、「うちの幼稚園に入るって決めておられますか?」とのこと。
いや~、決めてるっていえば決めてるけど、「専願」って言われると受験みたいで緊張するじゃんね。ひとまず「はい、近所なので入りたいんですけど。(こんな理由はちょっと失礼?)」と答えると、「こちらに入ると決めて頂いてる方は、今年から優先枠というのがあって、今ここで優先的に受け付けることが出来ます。願書提出日は並ぶ必要はなくて、提出してもらえれば確実に入れます。ですが、辞退はご遠慮願います」と言われたんです!
えっ、じゃあ、もうこれでOKってこと?何だよ、超ラクじゃん そして、頂いた願書には「3」という数字と園章のハンコが押してました~。ってか、たった3人目かよ でも長嶋茂雄の「3」で縁起いいじゃん
実はこの「優先枠」という仕組みは今年から勝手に始めたらしく、HPとか募集要項とか、どこにも書いてません。ママだって知らずに行ったんです。
願書提出日の混雑を回避する為なのか、少子化なので早く子供を確保したいのか、良く分かりませんけど、とにかくラッキーでした。多分、こういう制度に変わったという情報が流れれば、来年からはきっと願書配布日にもっと人が殺到するんだろうね。でも160人という受け皿だし、実際に入れなかった人の話、聞いたことないけど。
とにかく、無事に近所の幼稚園に入れそうで良かったです。無駄に並ぶ手間も無くなったし、一安心 
がしか~し、重大な問題が一つ、入園まで半年ちょっと、オムツだけは絶対に取りたいんだ~
夏が終わっちまった・・・
| page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。