スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
栗拾い
2008 / 09 / 28 ( Sun )
先日、どんぐり拾いに夢中だった俊太ですが、今日はパパの提案で「栗拾い」に行くことになりました。「栗拾い」なんてとっても豪勢なヒビキ でも、料金を払ってやるあの勝算間違いなしの栗園ではなく、野生の栗というか、野グリというか、まぁとにかくタダで拾ってやろうじゃないのって感じで生駒山に散策に行ったんです。
今夜は栗ご飯かなぁ… なんてワクワクしながら、いざ散策開始
そこら中に転がっているどんぐりを見つけて、俊太は「ドングリあった~」と大喜びで袋にジャンジャン採っています。いやいや、今日の獲物はそんなちっぽけなんじゃないんだよ!
パパもママも大物を狙ってんだからね~
そして、しばし、散策を開始すると、私有地と思われるところに栗の木を発見 たくさん栗がなっています。でもこれはさすがに私有地なので、手を出すわけにはいきません。
我々の目的は「野ぐりちゃん」なのです。更に散策を続けると、「あった~」確かにありました。パパは俺が採るぜって息巻いているのですが、これがちょっと大誤算。栗って意外に高いところにあるのね~ 身長が2m50cmぐらいあればなぁ、何とかなりそうなんだけどなぁ。
っていうか早く落ちて来いよ~
結局、とても手が届きませんでした。それに野グリちゃんは何か小さいな…
山に住んでいる人達の家には柿の木があったり、栗の木があったり、そういうの栽培して食べたりするのって楽しいだろうなぁって思いました。
それから散策途中に「手打ちうどん」のお店があって、腹ぺこなママ達はご飯を食べることにしました。田舎の家でやっている風情のあるうどん屋さんでとっても美味しかったです 俊太なんておにぎりにうどんにかやくごはんにサービスでくれたアイスまで一気に食べまくり
山の中の自然に囲まれたところで食べる食事ってまた格別にウマイのです
はぁ、でも結局「栗ご飯」の夢はあっけなく散ったな… そんな簡単にあるわけないか
あっ、でもスーパーで1パック399円の立派な栗が売ってた。。。もうそれでいいじゃんね

ボク、どんぐり拾いで忙しいよ
shunta080928_1.jpg
柿も美味しそうになっています
shunta080928_2.jpg
私有地の栗はめっちゃ美味しそう
shunta080928_3.jpg
スポンサーサイト
| page top↑
できた、できたぁ~
2008 / 09 / 25 ( Thu )
待ちに待ったこの瞬間 大げさと言われても、何と言われても、ママ絶叫です 俊太が、俊太が、うちの息子の俊太がトイレでおしっこできた~
思い起こせば今年の2月。アンパンマンのおまるを買って、気軽にトイレトレーニングを開始してから半年以上の月日が流れました。真剣にやったり、しばらくやめてみたり、紆余曲折はあったけど、よくもまぁこんなに長い期間、意地でもトイレでちびらなかったと思うと、敵ながらアッパレじゃ~
最近、少しずつ前兆があったのです。俊太と同級生の友達で、既に第二子が産まれている子も結構いるのですが、大体がまだ赤ちゃんです(そりゃそうだ)。友達の家に行くと、赤ちゃんが居たりするのですが、当然オムツをしています。ママは俊太に「赤ちゃんはオムツだね。俊太はもう赤ちゃんじゃないから、パンツだよね。」と心理戦を狙って語りかけていたんです。
俊太も段々自分は赤ちゃんじゃないし、どう見たって俺様の体はめちゃデカイし、オムツはおかしいのかなって感じ始めていて、「オムツは赤ちゃん、俊太はパンツ」と言うようになって積極的にパンツをはいてくれていました。おもらしはするけど、一応トイレまで行って、補助便座にまたがって、「チーチー」と声を上げて、出てもいないのに、ご丁寧にトイレットペーパーを捨てて、水を流すというフルバージョンを毎回実行していたんです。
あとは実際にしてくれさえすれば完璧なのに~っていうあと一歩まできていたのですが、なかなかしてくれませんでした。そして終いには一人でトイレのドアを閉めて、自分だけの世界を満喫するようになっていたんです そういうのは全然怖がりじゃないのね~。
しかし、今朝、ちょっと様子が変。「おしっこ」と言って、トイレに行ったのですが、いつものごとく「ママ、あっち行って」と言われたので、リビングに退散していたんです。すると「ママ、おしっこ~」という今までにない叫び声が ママ、直感的に「キタ~」と思って、猛ダッシュで行くと、補助便座に座って初めておしっこがちゃんと出ていました 
「俊太、すごいぞえらいぞ頑張った」とにかくめちゃくちゃ褒めまくって、俊太が「パパに言って!」と言うので、9時半という会社ではタブーな朝の忙しい時間なのに、携帯鳴らしちゃいました~。(出なかったけど…) 後から電話が掛かってきて、パパにも褒められた俊太はすっごく嬉しかった様子
俊太を抱っこして、たくさんたくさん褒めてあげたんです。出来たのは偶然かも知れないけど、俊太はもうかなり知恵がついているし、自分なりに「ちゃんと出来た」という意識がありました
まだ二度目の成功にはお目にかかってないけど、これを機に少しずつ、オムツ離れが出来そうな予感です。はぁ~、何かホッとした~

ボク、やりました~
shunta080925.jpg
| page top↑
親子教室 最終回
2008 / 09 / 24 ( Wed )
今日は保育園で行われている親子教室の最終回でした 半年に渡る全10回コースで、毎回色々なことをしてくれて、俊太も泣いたり笑ったり、それなりに楽しんでくれたと思います。
今日は行く前から、俊太が「わたなべしゅんたくん、は~い!」と出欠確認の時の返事の練習をしています。今まで一度も出来たこと無いけど、今日は最後だし、頑張ってくれるといいなぁ・・・
先生がご挨拶をして順番に名前を呼び上げて、みんな次々に元気良く手を挙げて返事をしています。くるぞ、くるぞ、きた~「ワタナベシュンタ君!」、俊太いけ~、返事しろ~ 俊太は即座にママの膝に顔を突っ込んで、拒否でした~ 恥ずかしがってる場合じゃないっつ~の アナタ、最後のチャンスをあっさり逃しましたね
俊太と1歳児を除いて、みんなちゃんと返事してました~、はい、残念、俊太クン。
今日は2グループに分かれてのミニミニ運動会でした。フラフープに入って電車リレー、おんぶリレー、積み木リレー、玉入れなど、俊太も俄然やる気でハッスルしています
積み木リレーは走っていって、積み木を一つずつ積み上げて、次の人にタッチして、どちらかのグループが倒れるまで続けるというレースなのですが、俊太はママそっちのけで一人で走っていて、直方体をこれまた迷惑なことに横ではなく縦にして積み上げちゃって、安定度最悪の状態で次の人にタッチしちゃってました~ 自分さえ良ければいいのか~い???
最後に先生が絵本を3冊読んでくれたのですが、ママから離れてトコトコと先生の真ん前に歩いていってデーンと座っておりこうさんに聞いてました。どしたんだろ、今日は
そして、何と言っても恐るべし最後の園庭遊び。毎回拒否し続けていたので、今日はどうだろうと思ったのですが、俊太に「今日で最後だから、アンパンマン達にバイバイ言いに行こう!」と言うと、「行こう行こう!」とこれまた俄然やる気 アンタ、ホントに俊太かい
外へ出て、滑り台やら遊具で元気一杯に遊んでました。先生に「俊ちゃん、変わりましたね。最後に外で一緒に遊べて良かったですね!」とお褒めの言葉を頂きました~
ホント、終わりよければ何とかって言うけど、今日は良く頑張りました

ボク、自分で自分の写真撮ったよ どう?
shunta080924.jpg
| page top↑
優しい俊太
2008 / 09 / 21 ( Sun )
ちょっと親バカな話なのですが、こんな気持ちも綴っておきたくて・・・。
何かと弱系のイメージが板についちゃってる俊太ですが、最近おしゃべりが上手になって色々と会話が出来るのですが、俊太ってとっても優しい男なんです
一日に何度も何度も「ママ、すき~」と言ってくれます。それから、ママが誕生日に買ってもらったバックも「ママ、カバン、かっこいい!」と毎日言ってくれます。毎日の普段着も「ママ、かっこいい!」ってとにかく褒めてくれるんです。車の運転をしている時も「ママ、うんてん、じょうず!」と賞賛の嵐。食事の時も、ただの納豆ご飯にキューリとトマトとソーセージ並べただけなのに、「ママ、おいしそう~」と過剰な程、褒めてくれます。(何にも作ってなくてごめんなさいよ~)
ママ、ママってとにかく甘えん坊の頼りない子だけど、でもママのことを好きと言ってくれて、とにかく褒めてくれるんです。ママ、人生でこんなに連日褒められた記憶はどこまで辿ってもありませんです
だから、俊太はとっても優しい男 大きくなって、ママを煩わしく思うようになっても、褒め上手な優しい男でいて欲しいです。

今日は山でどんぐり拾いをしました。帽子をかぶったどんぐりが木から落ちてきて、それをめくって中からどんぐりが出てきたりするのを見て、俊太は興味津々 たっくさんのどんぐりを拾って、両方のポケットにジャンジャン入れています。かなりジャンボのどんぐりもありました。
どんぐりって実はめちゃくちゃ種類があるんですね。ママってこういった自然の知識が乏しくて、パパの解説なしには俊太に何も教えてやれません。
途中でムカデを発見 パパは俊太に「これはムカデっていうんだよ。絶対触っちゃダメだよ!」って教えていました。ママなんて大人なのに、あぁそうなんだって俊太と一緒になって聞いてました。虫系もとにかく苦手だし、ムカデとか視野に入れたくないっていうのが本音です。
家に帰ったら、俊太は「どんぐりころころ」を大合唱 戦利品が一杯でよっぽど嬉しかったようです。

shunta080921.jpg
| page top↑
説明会
2008 / 09 / 20 ( Sat )
今日は幼稚園の説明会がありました。願書をもらって優先枠も確保しているので、行くことは決めているのだけど、ちゃんとした説明会なんて行ったことないし、ちょっぴり緊張しながら行きました。
子供連れて来ている人が圧倒的だけど、子供は別室で先生が預かると事前に聞いていたので、俊太は爆泣き間違いなしだし、こんなことで幼稚園のイメージが悪くなられても困るので、パパに預けて行きました。
行ってびっくり、まぁすごい人 夫婦揃ってという人も珍しくないし、ホント今時のパパさんて子供に熱心な人が多いご時世のようです。
そして更にびっくり、2つのお部屋で子供は預かってもらっているのですが、みんなおりこうさんで全然泣いてない 楽しそうに先生と遊んでもらっています。
あ~、俊太には絶対ありえないことなんだけど・・・。みんなこんなにしっかりしているのかぁ。。。
説明会始まる前から、意味不明なブルーに陥るママ
幼稚園に入るとき、みんな緊張や不安はあるだろうけど、実際にギャーギャー泣く子って半分も絶対居ないだろうなって思いました。10人居たら、1~2人ぐらいなのかなぁ。
俊太は間違いなく、その限りなき少数派に入ります。これ、もう絶対の絶対です。
あ~、またまた何とも言えぬブルーな気分に陥るママです

そして説明会が始まって、一通りの説明を聞いた後、実際の園児達の様子を色々な行事などと合わせてスライドで見せてくれたんです。これまたびっくり
様々な教育もかなり熱心だけど、行事がかなり大がかりで立派で、とにかくすんごいのです。
ママの子供の頃の幼稚園のイメージとは全然違うのです。
正直、圧倒されてしまいました。でも、俊太がこの園児達のように、色んなことにチャレンジして発表してる姿を見たら、感動して泣いちゃうだろうなぁ…と考えて、ジーンときたり
でもこんな雰囲気のところで俊太がついていけるのか、不安も倍増になったり…
あ~、とにかく期待と不安で頭がパニックなのです

たかが、子供の幼稚園ごときで何でこんなに悩んでいるんだろう・・・って思うけど、やっぱり親も子も初めての幼稚園は何かと不安や緊張が一杯です。
でも来年の今頃はきっと、俊太も少しずつ慣れて、笑って幼稚園に通ってくれていることを信じて、願書を提出することにします!

パパとゴルフの練習しているよ
shunta080920.jpg
| page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。