スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
IKEA
2008 / 11 / 23 ( Sun )
今日はIKEA鶴浜に行ってきました 夏にオープンした頃はすごい人だと聞いていたので、ちょっとはほとぼり冷めたかな~と期待しつつ、でもお店に電話したら、午後からは入場制限する可能性が強いというので、慌てて準備をして出発です
何だか楽しそうな雰囲気のお店。スウェーデン生まれのデザイン家具だから、とってもオシャレなモノが勢揃いです。まずはちょっと腹ごしらえにホットドッグ&ドリンクの180円セットを見つけました~ 意外にめちゃ旨 こういうの好きだわ~。そして俊太の大好きなソフトクリームは何とたったの50円 ビックリ仰天だけど、十分な大きさで俊太は大喜びです。

ボク、今日は2回もソフトクリームを食べました~
shunta081123_1.jpg
さてと、お店を順番に見て回りましょうかね~。ここはお友達の情報によると、かなり広くてトイレの場所が限られているので、子供は要注意とのこと。頻尿の俊太が居ると、トイレに振り回されそうなので、本日はオムツ着用です ごめんちゃいね~。
リビングコーナーでは素敵なソファがズラリ かなり昔からソファの買い換えを検討しているのに、全く進展のない我が家 もう今のソファはボロボロだし、早く買い換えたいんだけど、どうしても決まらないのです。
もし今日いいのが見つかったら、買っちゃってもいいな~と思いながら眺めていると、2、3めぼしいのを発見 パパもママもテンション上がってきて、こっちがいいかな、あっちがいいかなと悩んでいます。過去に何度も何度も見て回った家具屋の数々。いつもパパとママの好みが合わず、パパなんか、ソファの時だけかなり頑固です でも今日はちょっといい感じ。珍しく二人の意見が一致して、これいいんじぇね~のって買う気マンマンになってきました。
ちなみにIKEAは価格がかなり安く設定されているのですが、これはセルフサービスというからくりがあります。家具のセルフってスゴイでしょ。ガソリン自分で入れまっせ~というノリではいきませんよ。自分の欲しいソファをチェックしたら倉庫みたいなところまでいって、自分で運ぶんです。宅配サービスはあるけど、宅配料はちょっと割高。宅配するにしてもとにかくレジまで自力で持っていかなくちゃいけません。基本は自分で持って帰って、自分で取り付けるというコンセプトなのです。でも、ソファって半端じゃない だって、ソファだよ。幅2m近いソファを自分で持って帰るってスゴくない?っていうかソファをレジまで自力で持っていくという発想が異次元だよ。
パパとママは、果たして車に積めるのかを検討。梱包サイズを確かめると何とか車に積めそうということで倉庫へ いざ棚の前まで行って唖然・・・ デカっ 何じゃコレ そこには巨体と化したソファが梱包されて置いてありました。持ち帰ることが前提だと、もっとコンパクトに梱包されてるのかと思ったけど、さすがにソファはソファ。もうほとんど原型に近い状態なので、めっちゃデカイです。まずこれを台車に乗せるだけでも一苦労。パパとママはその巨体を前に目を合わせて、足が止まりました。
これを車に積むなんて無理・・・。仮に積めたとしても、マンションに帰ってからどうやって部屋まで持ってあがるのか?こりゃ、引っ越しセンターの兄ちゃんじゃないと出来ないよってね。それにどう考えても男手2人はないと不可能です。マンションのエレベータにこのソファを乗っけるのなんて、素人じゃそう簡単にはいきません。モタモタしてたら住人に怒られちゃうし
宅配してもらうという手もあるのですが、これまた組立サービスは別なんですって!お届け物です・・・みたいにただソファ渡されても、後が大変ですよね。宅配&組立まで別料金だと、何か本当に安いのかちょっと微妙になってきたんですけど。このへんがIKEAの特徴なんだと思います。自力で全部出来る人には割安&出来ない人には普通・・・なのかな~。
パパとママはそういうシステムを良く理解してなかったので、ちょっと考え直した次第なんです。
あ~今回はあと一歩で購入まで辿り着いたのに、このセルフシステムが微妙に足を引っ張った感じになっちゃいました。
でもやっぱり気になるソファ もういい加減、買い換えたいし、やっぱりそこらへんの家具屋よりはオシャレなソファが並んでいたので、買っちゃおうかなってパパと話しています。
でも車に積むという発想はもうありえないので、素直に宅配サービスをお願いしなくちゃね。
う~ん、年内にはリニューアルしたいな~ もう一回IKEAに行くことになりそうです。

shunta081123_3.jpg
パパとママはさっさと買えばいいのになぁ ボクは暇
shunta081123_2.jpg
スポンサーサイト
| page top↑
ジャ~ンプ
2008 / 11 / 19 ( Wed )
今日は真冬並みの寒さ ちょっと凍える山手に住んでいるので、これまた異様に寒いです。そんなのお構いなしの俊太は「お砂場行きたい!」なんて、拷問のようなお誘い
風がきついし、砂場で水をジャージャーだして遊ぶなんて、我慢大会のような時間はお供できませ~ん 
でも、一日中家の中で過ごすのもつまんないし、室内遊戯施設の「ドリーム21」に行くことにしました。この前、パパと俊太が二人で行って、とても楽しんできたとのことだったし、最近の俊太は「ジャンプ」が少しずつ出来るようになってきたので、お手並み拝見です。
2歳になったばかりの頃はチケットを買って、受付まで行ったところで号泣された苦い思い出も頭の片隅には残っているママですが、今日の俊太は意気揚々 
自分でチケットを渡して一目散に駆けだして行きました

さぁさぁ、俊太が日々家の布団で練習を積んできたジャンプのお披露目開始です
まずは低いところからジャ~ンプ
shunta081119_1.jpg
こんな高い所からでも俺様は飛ぶんです 行くぜ~い!
shunta081119_2.jpg
ジャ~ンプ
shunta081119_3.jpg
ボクってスゴイでしょ
shunta081119_4.jpg

ただの「ジャンプ」。これが出来るまでにこんなにお待たせしてじらしてくれる子供ってなかなかいませんね~ 高さのあるジャンプのみならず、ただ地面に足を着けてその場で上にピョンピョンと跳ぶジャンプですら、つい最近まで出来なかったんです。本人は「ジャンプ、ジャンプ」って言ってるけど、どっちかの足は必ず下に着いているので、ジャンプと呼べる状態ではありませんでした。階段のたった1段上からのジャンプですら、掛け声だけでっかくて「いっせ~の~で、ジャ~ンプ!」って絶叫してるけど、片足はしっかり着いたまんまでしたから こんなの教え込むようなもんでもないし、うちの子ってもしかして恐ろしく運動神経が悪いのか?と不安になったりもしましたが、めでたく「ジャンプ」達成です
俊太は「ジャンプした~ たのしかった」と満足そうで良かったです。外へ出るとめっちゃ寒くて、向かい風で顔面にビュンビュン風を受けてたのに、俊太は「すずしい~」とゲラゲラ笑いながら、走ってました 
一体何が面白いのか意味不明だけど、子供って寒さはあんまり感じないのかな~。あぁ、うらやまし
| page top↑
ダウン・・・
2008 / 11 / 16 ( Sun )
ママ、先週は風邪でダウンしてました~ 先週の日曜日、妙に激寒だった日、家族で住之江の方の電車フェアみたいなのに行ったんだけど、電車と歩きで行った上に、屋外展示だったこともあり、とにかく寒くてママは一発でやられてしまったようなのです。。。
喉が痛くて、鼻がグズグズでとにかくだるくてだるくて、よりにもよって月曜日からしんどくなったものだから、パパも居ないし、こんな時ホントに辛~い 誰か助けて~
俊太が居なかったら、点滴でも打ちに行きたいとこだけど、そういうわけにもいかず、家でマスクをして、布団の上で横になっていたんだけど、そんなママの姿をちょっと感じつつも、結局はお構いなしの俊太 あれしよ、これしよ、今日どこ行く?とママにまとわりついて、じゃんじゃん迫ってきます。「ママはしんどいから、一人で遊んでよ!」とお願いしても、すんなりわかってくれるはずもない2歳児。
あ~、とにかく一人で眠りたいのだ~ 
ママはとにかく喉がめちゃ痛かったので、1時間おきにイソジンのうがい薬でガラガラやって(もうイソジン飲んじゃう勢いでした)、のど飴を食べていたら、俊太はこの「のど飴」をお菓子と思いこみ、「アメちょうだい!」のオンパレードです。ママは喉が痛いので、しゃべるのもしんどくて、言い聞かせる余裕もなく、程々にアメを与えつつも、あまりのしつこさに怒鳴り散らしたりして、俊太を何度も泣かせてしまいました 
母親なら誰でもこういうシチュエーションってあると思うんだけど、自分がすごくしんどいけど、育児や家事を休めない時ってとにかくイライラしっぱなし。ホント、動くのがしんどいから、寝ていたいんだけど、やれおしっこだ、やれおやつくれだ、やれおもちゃで遊ぼうだの、分刻みどころか、秒刻みでママに要求してきます。特に外に連れて行ってやれない分、俊太もストレスが溜まって、家の中で退屈オーラを存分に発しています。
食事も風呂も、チャッチャとやってくれない俊太にママは何度もキレてしまって、その度に俊太はそんなに悪くないけど、「ママ、言うこと聞く~。ママ、好き~」と涙ながらに訴えてくる姿にママもかなり心を痛めました。あぁ、悪いことしたなぁ、俊太を傷つけちゃったなぁ、と反省しつつも、一刻も早く全てを終えて、布団に入って眠りたいママ その気持ちもわかってくれ~い
そんなこんなで俊太に当たり散らしている内に、かなり回復してきたので、マスクを外して、俊太に「ママ大分元気になったよ。ごめんね。」と言ったら、「ママ、元気?なおった?一緒あそぼ~」って目をキラキラさせて喜んでくれました。
はぁ、何かやり切れないほど、俊太がいじらしく思えて、悪いことしちゃったなぁと反省している毎日です。
だ~か~ら~、埋め合わせってわけじゃないけど~、ちょっと高いソフトクリームを食わせてやったわい 
これで許せ、俊太

ボク、いっぱい怒鳴られたよ~
shunta081109_1.jpg
この日はとっても寒かった
shunta081109_2.jpg
| page top↑
好きな遊び
2008 / 11 / 07 ( Fri )
俊太に今何してる時が一番楽しい?って聞くと、「どんぐり拾い」という答えが返ってきました ほほ~ん、なかなかちゃんとした答えが返ってくるではありませんか~ 
確かに公園に行ってどんぐりを拾う姿は真剣そのものです。ねっ、大きなカートを引っ張って、どんぐりを集めてる姿は真剣でしょ!
shunta081105.jpg
「どんぐり、あった、あった~」ってそりゃ何度も何度も絶叫なんですから。
しかし、相変わらずの怖がりというか慎重派というか、2ヶ月程前に、滑り台で強打して以来、長い滑り台には近寄ってくれなくなりました。一度、怖い思いをすると、それを克服するのに多大な時間がかかるので、「失敗は成功の元」っていうけれど、俊太の場合、「失敗は臆病の元」になっちゃって面倒くさいんです。それからお砂場で水遊びをするのが大好き 何度も水を汲みに行ってはお山に掛けたり、ビチャビチャと遊んで、服はどろんこです。
もう一つ、俊太にとって楽しい時間は、お布団の上で前転の練習をすることだそうです。最近、やたらめったら前回りを繰り返して、まっすぐにくるりんと回れるようになりました 何十回とやって目が回らないのかと心配ですが、本人は俄然やる気 「ママもやって!」というので大人の意地で上手に前転をした後で、張り切っておまけに後転まで披露してあげた途端、ママ、軽くめまいがしました~ 何十年ぶりにやった後転ってこんなにヘビーだったっけ 頭がクラクラする~ 自分の体をなめちゃダメですね。
恐ろしく老体な自分に幻滅してしまいました~ 老化現象が半端じゃないぜ
最後にお悩み事を一つ。俊太はトイレでおしっこが出来るようになったのですが、信じられないほど頻尿なんです。ホント、1時間持たない ジジイかっ それに毎度毎度、それなりにちゃんと出ることが摩訶不思議。アンさんの利尿作用ってどうなってんだ!
公園にいる間に2回はトイレ、支援センターで遊んでる間に3回はトイレ、朝から晩までトイレかよ~って怒っちゃいけないけど、妙にイライラしていまいます。でも連れて行くとちゃんと出るし、責めれないよなぁ。水分もそんなにとってないのに、何でやろか~ 体質なのかなぁ
だから車でちょっと遠出とかだと、結局オムツつけさせたりしちゃって、なかなか完全にオムツ卒業出来ない俊太でありました。。。
| page top↑
ガチャガチャ
2008 / 11 / 03 ( Mon )
結局、お祭りですくった11匹の金魚達は絶滅してしまいました・・・ 無惨な光景を幾度と見せられて、ママも残念無念です っていうか飼い方、間違ってんのか
でも、折角買った水槽やらエサやらを無駄にするのも勿体ないので、新しい金魚を2匹購入したんです。今度はかなり大きめの金魚を2匹、赤い金魚を「キンちゃん」、白い金魚を「シロちゃん」と名付けました。今度こそ、元気一杯、年を越して欲しいのです

この連休はママと俊太がちょっくら実家へ帰ってました。10月の連休はパパと俊太が奈良の実家へ帰ってました。こうやって交代で実家へ帰ると、お互いゆっくり骨休め出来ていいんです。大事ですよね、リフレッシュタイム
俊太はトイレでおしっこが出来るところを、おじいちゃんとおばあちゃんに見てもらって得意げでした。一人で着替えたり、靴下を履いたりするところも、逐一「見て見て~」とアピールしています。ママよりもたっぷり褒めてくれる相手をちゃん~とわかってんですから、憎い奴め
おじいちゃんに何度もコンビニに連れて行ってもらって、おやつをたくさん買ってもらったし、おばあちゃんにも甘えてちょこちょこおやつをもらっているんです。ママに言うと怒られるからね~
まぁ、ジジババにとことん甘えられるのは孫の特権だから、大目に見ちゃうけど~
それからナオねえねと一緒にショッピングセンターに行って、お買い物を楽しみました。俊太は最近はまっている「おままごとセット」をおばあちゃんに買ってもらって、大喜び クレヨンがボロボロになったので、新しいクレヨンも買ってもらいました~
ショッピングセンターをブラブラ歩いていると、新幹線の模型のガチャガチャがあって、18種類のどれかが落ちてくる仕組みとなっています。俊太は「300系」を指差して、これが欲しいと言うんです。でもガチャガチャなので、必ずそれが出てくるとは限らないので、俊太に「この中のどれかが出てくるけど、300系かどうかはわからないよ、それでもいい?」と聞くと、「うん」と言いました。ガチャガチャなんて滅多にやらないので、システムを分かってんのかなぁと半信半疑で、ガチャと回したら、ガビーン かなりヘンテコリンなのが出てきました~ 俊太の反応はと言いますと、「これ違う。こっちだ!」とあったりまえコメント。やっぱりガチャガチャの意味は分かって無くて、買い間違えたようなニュアンスで指摘しています。
自動販売機のジュースでも欲しいのはちゃんと出てくるし、こういうのも欲しいのがもらえると信じている様子。でも18種類の中から希望のが出てくる確率は極めて低いし、これ以上お金をつぎ込むのはバカバカしいので俊太を納得させようと説明したけれど、やっぱり理解出来ない俊太 どうして欲しいのがもらえないのかと、泣き出す始末 「300系欲しい。これ違う!」と連呼しています。面倒くさいことになったなぁと思って、おばあちゃんとママとナオねえねで散々、「これ格好いいの出てきて良かったね~。こっちの方が格好いいね~」とおだて倒したら、段々、俊太も満更でもない感じになってきて、「これ格好いい」と納得して泣きやみました。
でも、内心は全然納得出来てないみたいで、次の日もまた次の日もこのヘンテコ新幹線を握っては「これ300系違うね。でも格好いいね。」と自分に言い聞かしている感じで、ちょっと胸が痛みます
ガチャガチャってこだわりなくやったらそこそこ面白いけど、絶対これがいいって思ってる子供にとっても残酷なゲームですね~ 子供の心理を利用したメーカーの作戦にまんまとはまってる親って多いんでしょうけど、ママはこういうのは極力避けて通りたいのです。

shunta081102.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。