スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
目覚ましい成長
2009 / 02 / 23 ( Mon )
今日は俊太と二人で駅の方まで歩いて散歩に行きました。山手に住んでいるせいか、普段は車に乗ることが多くて、俊太と歩くことがほとんどありません
かなり久しぶりに俊太と二人で歩いて、驚かされたんです。俊太、歩くの速くなってる~
しかも小走りで、ルンルンと進んでいきます ちょっと前まで「抱っこ、抱っこ」だった、あの俊太はどこに行ったんでしょうか~
ジャンプするのに、気が遠くなるほど、時間のかかった息子ですが、今じゃ、飛んだり跳ねたりが大好きで、家でも前転や後転にチャレンジして、大忙しです。
それから、今日はもう一つ、嬉しい成長がありました
お風呂で頭を洗う時、ママの膝に乗って、抱っこ状態で洗っていたのですが、今日は何を思ったのか、「シュンタ、イスに座って洗う。ガーゼ貸して!」と言って、ガーゼを目に覆って、待ち構えています こんなことを言い出すのは初めてでちょっと戸惑ったのですが、ママは頭からシャワーをかけて、シャンプーをして、ジャバーと流してやりました。俊太は「やったね、座って出来たね しゅんた、かしこいね」と興奮していたんです。「早くパパに言おうね」と言って、パパにも褒めてもらいたい様子。そういえば、ちょっと前から、俊太は「お友達はどうやって頭洗ってるの?」って何度も聞いていたんです。ママはその度に「お友達は座って洗ってると思うよ。抱っこして洗ってるのは俊太だけじゃないかなぁ。」と話していました。俊太なりに、色々考えていたのかも知れません。今日は何故だか、勇気を振り絞って、頭からシャワーをかぶる覚悟が出来たのでしょう。ママがそうしろと言ったわけでなく、俊太自身での決意表明にはママも成長を感じずにおれませんです

どこかの育児本に「親の仕事は待つことだ」って書いてたけど、確かにそうだなぁと思います。
何でも早くやって欲しい、出来るようになって欲しい、と願う気持ちは当然だけど、子供には出来る時期というのがあって、それを他の子供と比べず、根気よく見守って待ってやれるかどうかってとても大事なことなんだと思います。あ~1年前に戻ったら、もっと広い心で俊太を受け止めてやれるのに…なんて後悔してみたり (もう遅いっちゅうの!) せめて、俊太に浴びせた罵声を無かったことにしたいわぁ・・・
でも、ホント、最近の俊太の変貌ぶりは目覚ましくて、その昔「オブジェ」と呼ばれた息子と同一人物に思えません 
俊太は日々どんどん進化していくけど、ママって全く成長してない気がする。。。
shunta090221.jpg
スポンサーサイト
| page top↑
優先順位
2009 / 02 / 18 ( Wed )
最近、何かバタバタとしつつ、遂に俊太が今シーズン初の風邪っぴきになったようなのです
鼻水と咳がたま~に出る感じ・・・が気になって
本人は至って元気だけど、ここが本格的な風邪にステージアップするかどうかの分岐点だわ~と思いつつ、安静第一で家に引きこもっています。
家で一日一緒に居ると、気分的にかなり疲れるのですが、最近の俊太との会話は少々おもろ~ございまして。。。
「俊太さ、ご飯食べてる時と、おやつ食べてる時と、電車で遊んでいる時、どれが一番好き?」と聞くと、「電車で遊んでる時」というお答え ほ~ん、何か意外 おやつより上に電車が君臨してるなんてね~。
ではでは「チョコとアメちゃんと電車、どれが一番好き?」と聞くと、「アメちゃん」だって。
いいね~、いいね~、質問の切り口によって、どんどん答えが変わっていく、魔の幼少期 じゃさ、「チョコと電車、どっち好き?」と聞くと、「チョコ」 ムフフ、そう来るわけね~。
じゃあ、「アメちゃんと、700系どっち好き?」と聞くと、「700系」だってさ~。どんだけ翻弄されても、俊太にとって「700系」は神様のようでござんした。
もうホント、聞いてて笑えることが盛りだくさんなのです。ママとの会話でちょっと気になるフレーズがあると、必ずそれを盛り込んで会話してきます。例えば、「パパとママは、俊太が生まれる前に、ラピートに乗ったんだよ。」と言うと、「俊太ね、生まれる前にこまち(秋田新幹線)に乗ったことあるよ!」とか言っちゃってます。恐るべし妄想 何だよ、生まれる前って でも、こうやって気になるフレーズをどんどん使ってくるから笑えるんです
今日なんて、寝る時、ポツリと「しあわせ」だってさ。何だそれ?って思ったら、「あっ、まちがえた。おやすみ!」だって 「しあわせ」と「おやすみ」って4文字っていう意外、全然似てませんけど~。
それから、一週間の曜日をやたらと意識しながら暮らしているらしく、毎日「今日何曜日?明日は何曜日?その次は何曜日?」と曜日攻めの質問がジャンジャンきます。ママがその都度、教えると、「ママはどうして覚えた?」と、どうやって曜日を覚えたのか質問される始末。今は言葉や会話に対して、尋常ではない好奇心を抱いている俊太。一つ一つ相手するのはくたびれるけど、たま~に、ツボに入って抜け出せない時があるので、目が離せませ~ん
| page top↑
初チョコ
2009 / 02 / 10 ( Tue )
今日はとってもラブリーな出来事が起こったのです ちょっと早いけど、俊太、生まれて初めてバレンタインデーのチョコレートをもらいました~
支援センターでよく遊んでいる女の子のお友達から、直接手渡されてしまったのです
俊太はプレゼントを手渡されて、すんごい笑顔で「ありがとう」と言ってました。
「これはね、バレンタインデーのチョコレートって言って、女の子が好きな男の子にくれるんだよ!」とママが説明すると、「チョコ?チョコなの?食べていいの?」と更に喜び2倍って感じでした。
このお友達は俊太を気に入ってくれてるらしく、そのママさんが言うには、「俊ちゃんの写真入り年賀状をジッと眺めていたよ~」だってさ~ たまに絵を描いたハガキを渡してくれたりするんです。
ママなんて調子にのって「大きくなったら、俊太のお嫁さんになってあげてね~。」と言ったら、そのママさんが、すかさず「あかん。俊ちゃんはいいけど、俊ちゃんママがこの子の姑になると思うと嫁にやられへんわ~!ダメ~」だってさ~ 何でじゃ~い 確か他のママさんにも同じこと言われたことあるんだけど、アタクシ、妙に評判悪いじゃないの。。。
まっそれはともかく、まさか、俊太にチョコレートなんてもらえると思ってなかったから、ママはほんのりとあったか~い気持ちになったのです
良かったな~、俊太 今度はホワイトデーにはプレゼントしようね

ボク、チョコもらって、とっても嬉しいのです
shunta090210.jpg
| page top↑
2月の俊太
2009 / 02 / 06 ( Fri )
幼稚園の制服は無事にワンサイズ大きいLサイズにチェンジしてもらいました~
もう一度、着せてみたら、やっぱりLサイズで良かった~。これでしばらくは持ちそうです。
俊太は最近、お友達と遊ぶのがとても楽しいみたい
俊太は「子供=お友達」と表現するのですが、公園に行って、初めて会うお友達でも、同じくらいの歳の子供を見ると、一緒に遊びたくなるらしく、近寄っていったり、勝手に追いかけたりしています。
家に帰ると、「お友達いたな~。楽しかったな~。」と言って満足気
少し前の俊太には考えられない事ですが、やっぱり3歳ぐらいになると、ママとだけじゃなくて、同じ年齢の子供との関わりが必要になってくるんだなぁと感じます。
だから、俊太は3歳になってすぐ幼稚園に行けてラッキーです
最初はちょっと早過ぎるかなと思ったりもしたけど、今の俊太を見てると、それなりに楽しんでくれるそうな予感がビンビンしてます (ちょっと甘いかな?)
それから俊太は幼稚園の給食が気になってる様子。俊太の幼稚園は月曜から金曜まで毎日給食で、園内のキッチンで作られているので、温かくて美味しいと評判です。ママは弁当作らなくていいから楽チン
「カレー出る ヨーグルト出る お魚出る おにぎり出る キューリでる」と何が出るか知りたくて仕方ないみたいです。「何でも出ると思うけど、キューリがそのまま出ることはないと思うよ!キューリは家で食べてから行きなよ。」と言うと、「キューリは出ないか?」と念押しで聞いてます。
遂にキューリ好きも丸2年に迫る勢い 幼稚園でキューリそのまま出たら、園児からブーイングやろ~

さてさて、話は変わるのですが、俊太は電話とかTVとかDVDなどの操作を覚えるのがとても得意なんです。これってみんなそうなんでしょうか?
例えばDVDを見る場合なんて、結構ステップがあって、実家の母なんて何度言っても危なっかしいのに、俊太なんて慣れたものです。自分で見たいDVDを入れ替えて、TVをつけて、DVD画面に切り替えて、さらに自分の見たいチャプターまで早送りモードにしてるし。
そして、「ちょっとおしっこ行ってくるから!」といって一時停止ボタンを押して、戻ってきたらちゃんと再生して続きを見てます。終わったら、DVDとTVの両方の電源のボタンをちゃんと切ってるし、ほぉ~大したもんじゃ~
shunta090206.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。