スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
ハイキング
2009 / 04 / 29 ( Wed )
今日はパパのお誕生日 毎年、この日は「昭和の日」とかいって、祝日なのです。毎年、必ず自分の誕生日がお休みの日にあたるってちょっと羨ましかったりしますよね~
子供の日に向けて、恒例のこいのぼりも完成で~す
shunta090429_1.jpg
さて、今日はとってもお天気がいいので、パパが「タケノコを採りに行く!」と言い出したのです。しかし、往々にして、こういうことが成功した試しがないわけでして、確か、野生の栗を拾うと言ったときも、木っ端微塵な結果だったので、本当に採れるのかなぁと半信半疑だったのです。そして、やはり、野放しのタケノコはなくて、ちゃんと個人で管理している私有地にしかありませんです。なかなか「野生モノ」とゲットするのは難しいですね~
なので、今日は3人で生駒山の麓にある枚岡公園の展望台までハイキングしてみることにしました。
かなり傾斜のある上り坂をえっちらおっちら登っていきます。俊太も頑張って、一生懸命歩いているんです。行き交う人に「頑張ってるね~、えらいね!」と連発されました 展望台までの距離がわからなくて、なかなか到達しないし、俊太がいつまで歩き続けられるかなぁと不安が募りながらも、俊太はへこたれず頑張っています。
shunta090429_2.jpg
多分、40分ぐらいは登っていたと思うんだけど、しんどい上り坂を一人で歩いた俊太に感動してしまいました。3才になったからか、幼稚園に通いだしたからかはわからないけど、ほんの少したくましさを感じたんです。そして展望台に着いたその景色は絶景です 普段でさえ、かなり高台に住んでるけど、半端じゃない高さでした。見下ろす景色って綺麗ですね~
shunta090429_3.jpg
家の近所で手頃に山登りが出来るって山の麓に住んでる特権です
しかし、明後日あたりに、筋肉痛が襲ってきそうな予感がする・・・
スポンサーサイト
| page top↑
親子遠足
2009 / 04 / 23 ( Thu )
幼稚園に通い始めて、10日近くが経ちました。えらいもんでして、あの俊太が、早くも幼稚園に泣かずに通うというびっくり仰天な展開になっているんです 制服も嫌がらずに着替えてくれるし、バスもすんなり乗ってくれます 幼稚園の話もたくさんしてくれるし、「結構楽しい」なんて言ってくれちゃって、ママもそれはそれは嬉しいはずなのですが…。。。
何故だが毎日とっても憂鬱 それは幼稚園に通い出した俊太が今までの100倍わがままになっているからなんです。幼稚園から帰ると、緊張から解放されるのはあるのでしょうが、それ以上に「俺様は幼稚園に行ったんだから、あとは好き勝手にやらせてもらうぜ」というスタンスで、もう何でもかんでもわがままし放題。ママに命令ばっかりするし、叩いてきたり、「これは嫌!これがいい!こうする!」と言ったら、何を言っても聞きません。コイツ、こんなに強情だったっけ~?とママもイライラしっ放し 折角、幼稚園に通い始めたのに、奴のいないたった2~3時間を除けば、今まで以上に、発狂&激怒の連続で、もう手をあげてしまったり、滅茶苦茶な感じになってます。幼稚園に行って我慢している分をぶつけてきているのかも知れないのですが、それ以上に、妙な自信というか、自分の事をとってもエライ奴と勘違いしているような気配がありまして、ママも頭を抱えているのです。

それはさておき、今日は親子遠足の日でした。こんなマンモス幼稚園で親子遠足なんてどうすんの?って感じですが、2日に分けて行くそうです。行き先は王子動物園 今日は第1班、年長さんと年少さんの半分とで行きます。大型バス10台の貸し切りでっせ~ もうスゴイ人なんだから
俊太はママも一緒に行くし、大好きな動物園とあって、かなり興奮気味でした。ちなみに俊太のかぶっている帽子、これって一見すると赤白帽に見えるのですが、実は違うんです。3学年全部で20クラス程の帽子の色がそれぞれ違って、カラー帽子と呼ばれています。20色に分けられているんですよ。カラー帽子を見れば、一瞬にして、クラス分け出来ちゃうってことなんですけど、俊太はたまたま「はな組」さんで赤色だから良かったけど、中にはかなり残念なお色のクラスもありましてね~。
いいんだが、悪いんだか、っていうより、3年間買い換えないといけないってもうちょっとコスト考えてよ~と不満もアリアリです。

shunta090423_1.jpg
大好きなマユちゃんと一緒に動物園を散策です
shunta090423_2.jpg
ボク、コアラの真似してるんだよ
shunta090423_3.jpg
機関車の展示では電車友のセイマ君とハイチーズ
shunta090423_4.jpg
ボクの担任、マユ先生
shunta090423_5.jpg

動物園はとっても充実してて、俊太は大喜びでした。しかし、親子遠足って微妙だわ~。下の子連れて行ってるママさんなんてめっちゃ大変そうだし、家の事情でおじいちゃんやおばあちゃんが連れて来てる人もいるし、先生はほとんど保護者任せだから、点呼のみで楽チンそうで、自由時間もノホホンとしたもんだけど、親は結構疲れますね~ だけど、さすがに幼稚園での遠足だと、俊太はジュースもアイスもちゃんと我慢出来るので、やっぱり集団生活って知らず知らず、我慢を覚えるもんだな~と感じました。
ところでまたまた担任のマユ先生から一言「この俊ちゃんのホッペタ、たまんないんですけど、最近、他の職員の間でも、俊ちゃんのホッペタが評判になってて、触ってばかりいるので、俊ちゃん、ちょっと怒ってるっぽいんですけど、大丈夫ですか?」いや~、そんなに気持ちいいっすか~ もうジャンジャン触っちゃって下さいませよ~
| page top↑
個人懇談
2009 / 04 / 15 ( Wed )
今週から本格的に幼稚園に通い始めたわけですが、案の定、マイナスオーラたっぷりの俊太 朝から、ドヨーンと落ち込んだ様子。顔色が悪くて、起きると挨拶代わりに「幼稚園イヤ~」と一言。7時に起きて、家を出る9時15分ぐらいまでこの調子だから、見てられないって感じ。今まで朝ご飯もしっかり食べる子だったのに、ほとんど喉を通らないみたいで、よっぽどプレッシャーを感じているのでしょうか・・・。
制服着替えさせるのも一苦労。家を出るまで、「抱っこして」「シュンタ、寂しいよ。」「幼稚園イヤ~。」を順繰り順繰り、繰り返して、何度も抱っこしなくちゃいけません。
でもバスが来ると、一応行かないといけないと思うらしく、抵抗せずに乗ってくれます。今日なんて、乗るなり、先生に「どこ座ったらいいの!」って軽くキレちゃって何かビックリ
帰ってくる時はバスの中から手を振ってくれるし、家では園の様子も話してくれるので、それなりにやっているのかな~と信じたいママ。しかし、帰宅して2~3時間は機嫌良く遊ぶものの、夕方から、またマイナスオーラ全開、しかも昼寝もしない上に、寝付きが悪く、何度も起きては泣いたりしてて、「幼稚園」に完全に支配されてしまっている俊太なのでありました。

今日は個人懇談の日 午後から懇談がある為、幼稚園から帰ってきて、お昼ご飯を食べたら、また幼稚園に行かないといけません。一日に二度なんて、今の俊太には酷だな~と思いつつ、「ママね、先生にプリント渡すから、ちょっと付き合ってね。車で行くからね。」と話したら、意外にも「いいよ。」と一言。私服だし、車だし、ママと一緒だから、全然抵抗ないみたいでした。園に入って、「俊太の教室、ママに教えてよ!」と聞くと、「こっちだよ~」とちゃんと案内してくれます。「ここがトイレだよ。シュンタ、自分で出来るよ」と自慢げに教えてくれます。「バスはここで待つんだよ。(体育座りしながら)こうやって座って待つんだよ。」ってとっても丁寧に教えてくれて、何だか楽しそうじゃんか~ ママは安心したぞ やっぱり幼稚園に着いたら、ちゃんとやってんだ

教室に入って懇談の時間です。横におもちゃが置いてあって、俊太は遊んでていいんだけど、何故かしっかりママの横の椅子に着席。キミがいると話しにくいんですけど~
先生「いや~、俊太君はやっぱりママが居ると全然違うんですね。笑ってくれてる・・・
先生「いつも教室の前でシクシク泣いて、なかなか入ってくれないんです。もうすぐおやつの時間だし、おやつ食べたらすぐ帰れるよって言ってるんですけど~。」
ゲッ やっぱ教室の前で泣いてんのか しかもおやつで釣るっていきなり特効薬注入されてんな
しかし、色々聞いていると、俊太にとってはちょっと気の毒なことがありまして・・・。
俊太が乗るバスは一番最後に到着するんです。一番早い子は8時過ぎに教室に来るらしく、俊太は最後で教室に入るのが9時40分頃。みんな9時半ぐらいまではおもちゃとかで自由に遊ぶのですが、俊太が到着する時にはおもちゃも片づけられてて、椅子にちゃんと座って、保育開始を待っている状態だとか。先生は最後の俊太が到着して、教室に入ったら、ご挨拶とかから始めるんだそうです。ママは俊太の性格からして、たくさんのお友達が既にそういう状態になっている教室がちょっと嫌なんじゃないかな~。まるで一人だけ遅刻しているみたいな感じでね~
ただおやつが10時に配られるので、先生は俊太にすぐおやつだよ!ってなぐさめてくれてるみたいです。それがまた「おやつ」の一言で大体、機嫌が直ってくれますなんて言われたら、ママも返す言葉ありませんね~

先生「俊太君は大人しいですね~。みんながわ~っとはしゃいで走り回っていても、一人で椅子に座っていますよ~。」ガーン、暗っ でも想像出来てしまうとこらがや~ね
先生「でも俊太君は何でも一人でやろうとしてくれるのでえらいですよ。」やった、一つ褒められた
家に帰ってからママに色々と話をしてくれることを報告すると、
先生「わぁ~、でも安心しました~。ちゃんとそうやって話してくれてるんですね。良かったです!教室で泣いてるから、嫌がってるかな~と思ったんですけど。」
嫌がってるけど、話はするんですよ、これが

懇談で聞いた限りでは、やっぱりイメージ通りというか、園でも、決して楽しそうに遊んでいるわけでなく、ポワーンとした感じで過ごしているみたいです。「椅子に座っていることが多いです。」って何度か言われたけど、妙に引っかかるわ~。つまりオブジェってことか~い
他人様の迷惑になってないから、まっ、いっか~

先生「あの、俊太クンのホッペタ、私、好きなんです~。ポチャポチャして」って満面の笑みで言われたけど、そりゃね、アンサン、座ってばっかりで、走り回らずに3才まできたから、こんなホッペタなんすよ。小児メタボじゃないかって心配してるのに、もっとガンガン遊ばせて、締まった体にしてくれ~い!

そんなこんなで先生との懇談は無事に終わりました。まだ入園して一週間だし、不安一杯で慣れるまでには時間がかかりそうです。来週は親子遠足で動物園に行きます。何だかんだで意外に慌ただしい4月の慣らし保育。泣いてばかりだけど、でも一日一日確実に成長しているような、何故だかそんな気がします。
shunta090412.jpg
| page top↑
初登園
2009 / 04 / 10 ( Fri )
一昨日、入園式を終えて、昨日はお休みだったので、今日から園バスに乗って初登園です 俊太は昨夜、何度も起きては泣きながら「幼稚園イヤ 抱っこして」と言って、なかなか寝付けない様子。軽いノイローゼかよ?って感じで、このデリケートさに同情すら覚えます。「大丈夫だよ。そんなに心配しなくても、先生が優しくしてくれるよ。」となだめながら、何度も寝かしつけました

朝、俊太は制服を着たまま、「おい、づらかろうぜ!」とポツリ 「づらかる?」何だそれ 「おい、づらかろうぜ!」と再びポツリ 俊太はどうもトーマスのビデオの悪どいワンシーンをしゃべっている様子。「おい、づらかろうぜ!が見たい!それ見てから行く」という俊太。そんな悪どいシーン見てから行くんかい?と思いながらも、それで気合い入るならと、若干5分程度のチャプターを見せてから、レッツゴー 効果あるんかいな…。

マンションのエントランスには、同じマンションとお隣のマンションの人などが6人程が集まっていました。知っている人もいれば、初めて挨拶する人もいて、ママも少々緊張なのですが、俊太と同じ年少さんの男の子が一人いたので、ちょっと心強かったり!
初日ということもあってか、バスも定刻よりやや遅れ気味。俊太はママが一緒にバスに乗ってくれると信じています。「ママ、一緒に行こうね。」としつこく念押しされるけど、ママは「うん」とは言えません。バスが到着すると、先生はもうかなり急いで次々と子供達を乗せ、俊太は「ママ、一緒に行こう!」と不安そうな顔をしていると、先生が座らせて、あっけなくドアがクローズ ドアの向こう側でものすごい号泣が聞こえてきます どうやら先生のお膝に座っているみたい・・・。何はともあれ、行ってらっしゃい 生きて帰って来いよ~
見送った後は他のママさん達とこれまた何やかんやとお話をして、家に戻ると10時過ぎ。おい、あと2時間半で帰ってくるじゃんか~
家事を済ませると、ゆっくりする間もなくお迎えの時間です。俊太のことが不安でソワソワするかと思ったけど、正直、そんな余裕もないし、逆に普段より気忙しいよ~ん
お迎えの時間が来て、マンションのエントランスで待っていると、バスが見えました~ 一番前に座っている俊太 あっちゃ~、あろうことか、また泣いてまっせ~ 帰りのバスでも泣いてるってちょっとショック~ しかも顔面蒼白っていうか、かなりグロッキーな顔してて、ママ、めっちゃブルーです
帰りぐらい笑って帰ってきてくれよん あれれ、しかも黒い革靴で行ったのに、青い外靴で帰ってきちゃって、どうしたのさ
とにかく俊太は「ママ~、お家帰る!」と愚図っているので、速やかに帰宅です。もうとんだ災難にあったって感じの様子。もうコリゴリですって顔に書いてあります。哀れなもんですよ・・・
とりあえず、ご飯を食べさせていると、幼稚園から電話が 先生からで「あの俊太クンの靴なんですけど、お友達が間違えて俊太クンの革靴を履いて先に帰ってしまったんです。代わりに青い外靴で帰ってもらったのですみません。」とのこと。お~、初日から不運な奴だぜ 先生曰く「俊太クンは教室の前で泣いちゃってたので、今日はすぐ帰れるよ!って話したんですけど。。。帰りのバスを待つ部屋でも泣いちゃってまして、まぁ気長に見ていこうと思っていますので。。。」
ママも予想通りの結果なので、痛くもかゆくもありませんけど、俊太がこれからどんな風に変わっていくのか、興味津々です
| page top↑
入園式
2009 / 04 / 08 ( Wed )
今日は桜満開のいいお天気 こんな素晴らしい日に、俊太は入園式を迎えました
あいにく昨日は「シュンタ、幼稚園行かないからイヤだから行かないから」とNO宣言をされてしまい、「またかよ~」と思いながら、初日から欠席ってまずいだろ…と面倒な気分に陥ってしまってたのです。夜中にも起きて「シュンタ、幼稚園イヤ~」と泣き出すし、朝起きて、第一声が「幼稚園はイヤ」と宣言されて、あ~こんなめでたい我が子の旅立ちの朝が、全然めでたくないわ~と鬱な気分になって、「何がイヤなの?」と聞くと、「先生」と答える俊太くん。
アナタ、担任も決まってないのに、もう「先生がイヤ」って、まだ見ぬ担任に超失礼だわ~
「じゃね、先生には、俊太には話しかけないで~ってママが言っておくから。大丈夫!絶対話しかけないでって言っておくから!」って何でこんなめちゃくちゃな約束をしなくちゃいけないのでしょうか~ しっかし、驚くことにそれで納得しちゃった俊太クン。「先生に言ってね。イヤだからって言ってね。」と念押しつつ、何とか制服に着替えてくれました~。さっ、いざ出発

今日からボクは年少さん
shunta090408_2.jpg
桜が満開で最高のお天気
shunta090408_3.jpg
受付を済ませると俊太は「はな組」さんでした。7クラスもあって、とにかく人がいっぱい
教室に行くと、担任の先生が「おはよう、お名前は?」といきなり話しかけられちゃって、大丈夫かしらと思ったら俊太は「3才!」とちゃんと答えました。でも年齢じゃないのよ、名前だよ、名前
先生が、「3才かぁ。じゃ、お名前は?」ともう一度聞くと、「わたなべしゅんたくん」と自分でクン付けしちゃってちゃんと答えたんです。ママからすれば、これだけでも上出来って感じなんですけど、俊太ってこういうことをちょっとやり遂げると、感極まって泣き出すという、これまた面倒くさいわけでして…。
7クラスもある中で、公園でよく遊んでるマユちゃんと同じクラスになって一安心
どうか、マユちゃん、俊太のこと、宜しくお願いしますよん

入園式も何だかたくさんの人でごった返して大変でした。クラスが多すぎてお友達がどのクラスなのかも全然わかりませ~ん 俊太って五十音順でも「わたなべ」だから最後だし、月齢でも3月生まれは一人だったので最後だし、とにかく呼ばれるのは最後みたいです。まっ、のんびり俊太にはちょうどいいかな~。
教室では先生が出席を取ったり、配布物を渡したりしていたのですが、体験入園とは違って、俊太も一応手を挙げて、返事をしたり、先生のところに、取りに行ったり、きちんと従ってやってました。もうこれだけでも奇跡的な偉業達成でして、昨日の心配をよそに、何とか入園式をやり遂げたぞって感じでした。明後日からはいよいよバス通園なので、これまたはちゃめちゃな展開になりそうですが、とりあえず4月はお昼までで帰ってくるし、少しずつ慣れていってくれればいいな~と願っています。
とにかく人が多くて、とっても疲れました~。正門に立て掛けてある「入園式」の看板の前で記念撮影をするだけでも、何人も並んじゃって、どっかのテーマパークかよって言いたくなるのですが、珍しく家族3人の記念ショットを撮ることが出来ました。
これから3年間、きっとあっという間だろうけど、俊太の波瀾万丈な幼稚園生活を一緒に楽しんでいきたいと思います。
俊太クン、入園おめでとう 泣いても笑っても、何でもいいから、とにかく頑張って行くんだぞ~
shunta090408_1.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。