スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
オオカミ参上
2009 / 12 / 05 ( Sat )
え~、無事にリズム会が行われました~ とにかく新型インフルに振り回されている世の中。小学校や中学校だけではありませんです。幼稚園も次から次へと学級閉鎖があり、練習時間が思うように割けないらしいのですが、何とか、年少組は持ちこたえておりました。
何せ、運動会が終わった直後から、このリズム会に備えて練習してきていますから、先生達も大変だと思います。
リズム会は合唱、合奏、劇の3つを各クラスごとに行います。
例のごとく、マンモスですから、20クラス程がこの3種類を披露するには当然半日なんかじゃ出来ないわけでして、土日の午前午後の4部構成に分かれており、自分の子供が出るグループのみ参加というわけです。
俊太は一番最初のグループで土曜日の午前にさっさとやってくれて良かったです。

さてさて、行事の度に全力投球する俊太 運動神経はないけれど、歌ったり、踊ったりは大好きなのです 今日も血管浮き出る予感がします…
一番最初は合奏 合奏と言っても、年少さんですから、「鈴」「タンバリン」「カスタネット」の3つにしか分かれておらず、メインメロディーは勿論、先生のピアノです。じゃないと何やってるかさっぱり分かりません。面白いことが始まりました。「タン・ウン・ウン・ウン」「タン・ウン・ウン・ウン」「スズ、サラサラサラサラ~」先生が叩くところと休むところをタンとウンに分けて教えたら、その通り、大声でそれを言いながらやっちまうのが、年少さん スズを上から下に奏でるところは「サラサラサラサラ」と言っちゃってます。
ホント、大真面目な子供達を見ていると大爆笑ですよ もはや楽器の音よりも声の方が大きいんじゃねえかって感じ でもこうやって教えてるんですね~、先生、エライよ
そして、もれなくクラス一デカイ声でやっちまっている俊太クン。しかも鈴の叩き方ハンパねえよ こんなオーバーリアクションで奏でるヤツ、ちょっといねえじゃんって感じ もうリアクション芸人、目指すしかないね。。。間違いなく、血管浮き上がってました
そして、そのままの情熱で合唱も絶叫マンです。 何歳頃まで恥ずかしがらずにこんな調子で歌ってくれるのか、ちょっと気になってきましたけど、歌いきったその表情は達成感に満ち溢れておりました。
そして、と~っても、丁重かつ丁寧なお辞儀をしている姿を見ると、上品な子供に見えたり…。(ママって親バカ?)
しかし、俊太の鈴っぷりに動揺したのか、パパのビデオ撮影はプルプル震えておりましたです。

さぁ、そしてお待ちかね、びっくり仰天オオカミ、トゥエルブキャストの結末ですが。。。。
一度に3人ずつのオオカミが登場するんです。まぁ年少さんは一人で台詞を言うのが難しいので、2~3人で言わせるように指導してるようなのですが、なかなか俊太が登場しません。でも、舞台裏で待機している子供達が要所要所、BGMとして歌を歌っているのですが、ははぁ~ん、聞こえてきますよ、ア~タの声が ガッチリ舞台裏にいるってことがわかる声が聞こえてきますね。
そして最後のシーンで登場しました~ オオカミ3人で登場です。登場したらすぐ泣く演技をするというとろこですが、俊太しか泣いてねぇ~ 忠実にこのささやかな演技をしている俊太っていじらしいです。
オオカミが遂にウサギとキツネと友達になれるシーンをバッチシやりきっておりました~
1つだけ、台詞を言い出し損ねて、口パクみたいになってたけど、踊りもバッチシ、声も大きくて、100点満点だよ 最後は全員で歌を歌う時も、中央で熱唱
わしゃ、もう言うことないわいっ

全てをやりきった俊太は家に帰ってから、何度もビデオを見ながら、一人で反省会をしておりました。「もう1回やりたいなぁ。」とつぶやいておりますが、「○○君、ちゃんとやってないなぁ!」と友達にも結構手厳しい俊太でありました。

遠いけど右から3番目が俊太です。
shunta091205_1.jpg
お面はもらえたんだよ!
shunta091205_2.jpg

はぁ、無事にリズム会が終わって、ホッとしたのも束の間、この夜、俊太の体に異変が
3度目の正直、恐怖のインフルエンザが遂に俊太の体を襲う~

次へ続く~
スポンサーサイト
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。