スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
しまじろうにはまるワケ
2010 / 02 / 26 ( Fri )
いきなりですが、しまじろうってご存知ですか?
子供チャンレンジとか進研ゼミとかなら1回ぐらいと言わず、10回ぐらい聞いたことあるのではないでしょうか?

お友達の間でもやっている人が多く、遊びに行った先々で同じおもちゃが置いてあったりするのは、あったり前の光景です。俊太は無料サンプルで食いつき、サンプルDVDに釘付けで、半年前に始めてみたのです。

今じゃ、大のしまじろう好きで大変結構なのですが、そのしまじろうの存在がミステリーな感じになってきてるようなのです。
先日、3月生まれの俊太に、誕生日特別号というので、こんなのが届きました。
左はおめでとうの本、右は自分でお絵描きとかして「世界にひとつだけのバッグを作ろう」というプレゼントでした。
shunta100224_3.jpg shunta100224_2.jpg shunta100224_1.jpg

俊太はバッグに絵を描きまくって、こんなに賑やかなカバンになったのですが、ふとある疑問が沸き起こったようでして…。

しまじろうの家にどうして、いっぱい本とかおもちゃがあるの?」
「どうして、お友達にいっぱいあげるの?」

つまり、俊太としては、しまじろうは友達なのですね。
そのお友達がどうして、同じおもちゃや本を一杯持っていて、毎月、たくさんのお友達にそれをあげているのか?という大変、深刻な疑問を持ち始めたわけです。

これ、ママにしたら、痛恨ですよ
「金払ってるから、くれるんだよ!」「しまじろうなんて架空よ。実在しないよ。これは会社がやってる事業だよ!」なんて言っちゃったら、興ざめですよね

ママ、脳みそ全開で考えましたよ!
「あのね、しまじろうのお父さんが、本やおもちゃを作っているんだよ。そういう仕事なんだよ。」

これ、どうですか~
スゴイ、無理あるけど、名案で、Good Job!だと勝手に思ってんですけど、ダメですかね~


言うてる間に3月号が届いちゃって、また難問をぶつけられやしないかとヒヤヒヤしております


↓ランキングupへポチッと押して下さい!
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:習い事 - ジャンル:育児

トラックバック(0) | page top↑
初めての習い事 ~絵画教室~
2010 / 02 / 24 ( Wed )
俊太の先日の決意表明を受けまして、ママ、行動力フル回転で頑張りました
同じバス停のママさんに絵画教室情報をゲットして、早速、今日体験に行ってきたのです

「絵画教室」と言っても、一戸建てのお宅でこじんまりやっているので、そんなに仰々しいものではありません。
けれど、かつて、体操教室とスイミングの体験で恐怖と地獄を味わい、完全に「習い事のトラウマ」と化してる俊太ですから、習い事に対する拒否反応は半端じゃありません


幼稚園に通って、集団生活に慣れた今でも、あんなのはゴメンだと思っているみたいです
確かに、習い事って別ですよね。友達作る場所ではないし、楽しく遊ぶ場所ではないし、お金払って、その専門分野のみを習得させる事業ですから、そりゃ好きなことじゃないと、続きませんし、無理矢理行くようなもんじゃないです

俊太は今でも体操は好きじゃないし、スイミングは怖いから嫌だとはっきり言います。幼稚園でごくたまにスポーツクラブから専任講師が来て、体操授業があるらしいのですが、それすら好きじゃないと言いますから、本当に好きじゃないのでしょう


お恥ずかしいですが、4歳を目前にしても、顔に水がかかると気絶寸前ですから、赤ちゃん抱っこで頭も洗います。スイミングなんてのは俊太にしたら、溺死しにいくようなもんですね。


え~、そんな俊太が初めて、自分から「絵だったら習いたい」と言ったのですから、この少ないチャンスをママとしてはモノにしたいわけでして…


今日は朝から、俊太も「お絵描きを習いに行く」というのが楽しみだったみたいで、これは機嫌良くやってくれそうな予感です


初めて尋ねると、小学生が3人、園児が俊太の他に1人、全部で5人でした。まぁ5~6人ぐらいしかスペース的に無理ですが。。。
俊太はちょっと緊張しつつも、ちゃんと「こんにちは」と言えました。

先生に画用紙を渡されて、クレパスと絵の具を使って、俊太の好きな「電車」を描くことになりました。色の選択は自由な時と、こういう色にしましょうと促される時があります。

そりゃ、そうですね。何もかも自由に絵を描くだけだったら、お金払って習わせる必要ないですね。
「顔は鼻を先に描いてから、目や口を描くとバランスが取れるよ~」とか「はみ出さないように塗る時はこうやるんだよ。」とか丁寧に教えてくれます。

確かに、ちょっとしたアドバイスでコツがわかったりするのでしょう。ママってバカだから、何でも芸術だ~と思ったけど、やっぱり、自由な発想の中にも、多少の秩序みたいなものがあった方が、絵として成り立つのだと思います

先生に言われた所までを少しずつ仕上げていくのですが、その度ごとに「出来た~」と大きな声で言います。
「すごいね、なかなか初めから出来たって言ってくれる子いないんだけど。」と先生。

そうなのです。俊太って穏やかで大人しいオーラを持ちつつも、意外に自己主張が強かったりする時があって、ママもビックリ仰天な時が多々あります。


しかし、俊太ってなかなかの集中力 50分間、ずっと集中して一気に描き上げました
親バカだけど、とっても夢のある電車の絵が描けたと感動しています

shunta100224_4.jpg←クリックして拡大を…


もし通われるのであれば連絡して下さいと言われ、俊太の気持ちも聞かなくちゃいけないし、今日は一旦保留で帰ってきました。そして帰ろうとした時に、ママはまだ何も言ってないのに、自分から、すんげえでかい声で「ありがとうございました」と言ったのです。

いや~ん、もうね、電車の絵より、それが感動やないかいっ
自分から「ありがとうございました!」を言うなんて芸当、いつの間に身につけたんじゃ~
それが一番大事でしょ 我が子ながら、3歳でこんなにきちんと挨拶出来る息子に涙がちょちょぎれました
もういい、習い事なんかどうでもいい気がする だって、俊太はこんなにおりこうさん
幼稚園に行って、こんなに立派になったのだろうか
もしや幼稚園って魔法の館

知らぬ間に我が子がすんごい大人に見えた瞬間でした…(大袈裟だという突っ込みはナシにして~)

さてさて、家に帰ってから、俊太にお尋ねしますと、緊張からか、ちょっと疲れた様子。
でも帰ってきていきなりまた絵を描いてるし、本当に好きなんだろうな~と。
「習い事」というジャンルに対しての抵抗はまだ少しあるらしく、通い続けるということにちょっとまだ自信はなさげだけれど、ママと一緒だったらまた行ってもいいというので、思い切ってやらせてみようかな~と思います。

だってこのチャンス逃したら、俊太はこの先、何も習えない気がするしね~
(さっき、習い事なんかどうでもいいって言ったのは何だったんだという突っ込みもナシにして~


ママの本音を言えばね、「絵画」自体は習うようなものなのかなぁと少し疑問もあります。ピアノとか水泳とかはっきり成果が出るものとは種類が違うし、「絵」というのは誰でも出来るじゃないですか
ピアノや水泳はやってない人はまず出来ないけど、絵画はね、結局、誰でも出来るから、習っている人が習っていない人より上手いという保証は全くないですよね。
お金払ってやらせても、普通のお友達より、劣ってしまうという結果もあり得るわけで。。。
「アート」というジャンルは結果を求めるとなかなか難しいです。

でも、初めての俊太の決意表明を無駄に出来ない親心がね~、どうしてもね、やらせてしまうんですね。
もうこれしかやってくれないじゃんっていう不安もありますし。

本当は、俊太はとても指が長いのでね、何とかピアノに導きたかったんで、前向きに検討してくれと頼んだんですけどね、俊太は「考えてみたけど、イヤ!」って言われちゃいました。
「イヤ」と言われたら、100%出来ませんね。今の俊太の意志というのは尊重しなくちゃいけない時期になってます。

だから、とりあえず、やらせてみます。途中でイヤになったら、やめさせてもいいし
逆にね、「絵画」はやめさせるのに勇気いりませんね。ピアノとか水泳とかは勿体ないって思うかも知れないけど、「絵」はね、面倒だと思うようになったら、もうその時点で終わりですからね。

ママの気持ちはね、今の俊太の意欲をそがないように、先生には上手に導いてもらえたらなと思います。

↓ランキングupへポチッと押して下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

テーマ:習い事 - ジャンル:育児

トラックバック(0) | page top↑
肉厚な息子
2010 / 02 / 23 ( Tue )
俊太は今、身長101cm、体重18kgです もうすぐ4歳になる俊太ですが、身長はやや高い方、体重だとぶっちぎりの太っちょになります。標準曲線のかなり上の方ってことですね


不幸中の幸いと言いますか、3月生まれということもあって、クラスの中ではそんなに大きいわけではありませんが、とにかく抱っこはもう出来ないよって感じです だけど、毎日甘えて「抱っこ」と言ってきます。もう座って抱っこしか出来ませんね~

ちなみに生まれた時は身長47cm、体重3012gでした。全くもって標準の平均です。
その後、おっぱいもよく飲んだし、かなりよく食べる方だったと思いますが、その割に、運動量が極端に少なくて、じ~っと座っていることが多い子供だったので、全部体に付いてしまいました…。
公園に行って、ベンチで座ってるだけ…なんて当たり前の光景でしたからね~


『ハイハイするようになったら痩せるよ』『歩くようになったら痩せるよ』『幼稚園に入ったら痩せるよ』次々に色々な人にかけられたアドバイスも結局どこへやら~
4歳を前にして、肉厚な幼児と仕上がりました…

お風呂に入ると、ホント肉厚だわ~ 動きがちょっと鈍いのはやっぱりこのせいかなぁ。
もうちょっとスリムになった方が絶対動きやすい気がする
でも3歳児に減量なんてさせられない ダイエットなんてさせられないよね~
でもあと少し2kgぐらい減ったら、軽やかな動きになる気がする…

ちょっとスリムな俊太が見たいなぁ。
だって、ほっぺたも落っこちそうにパンパンで、幼稚園で「モチモチ」ってあだ名付いてるんだって!
『シュンタモチモチ』 ガビーンなニックネーム、命名してくれたお友達、どうもありがとう

シュンタモチモチで~すっ
shunta100220.jpg

↓ランキングupへポチッと押して下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

トラックバック(1) | page top↑
未来の石川遼君か?絵描きか?
2010 / 02 / 21 ( Sun )
またしても、ママの「心の師匠」でもある宮里藍ちゃんが米ツアーで優勝しました~ 本当におめでとう~
以前、米ツアー初優勝の時に宮里藍ちゃんファンであることをこのブログで綴りました。

さっきもね、早速藍ちゃんのブログに書き込みしましたけれど、優勝が決まってからは、ジャンジャン書き込みが開始され、通常の5倍ぐらいには膨らみますね~。ママなんて、いつも藍ちゃんを応援しているので、ブログもチェックしてますけど、本当に感心するくらい自然体でポジティブシンキングです。「ゴルフを楽しむ」ことに徹底しているのもスゴイ
アメリカに挑戦する女子プロゴルファーも多くなってきたけど、やっぱり、常に優勝争いに絡める力を持っているのはまだ藍ちゃんだけじゃないかなぁという気がします。…ってお前は何者かってね 勝手に評論家気取りですけど、ただただ女子プロゴルフの一ファンに過ぎませ~ん

でも良かった、ホントに嬉しいニュース
オリンピックの話しより、こっちの方が正直、グッドニュースです
藍ちゃん、これからも頑張って 今年は絶対賞金女王取って下さ~い

さてさて、早くからゴルフの打ちっ放しデビューを果たしている俊太ですが、ゴルフクラブを持って出掛けるところを掃除のおばちゃんに目撃されて以来、「将来は遼くんみたいになるんか~?」と気軽に聞かれるのですが、俊太は「うん」と応えておりました。

マジですか~ そりゃ夢があっていいなぁ。

俊太はたまに幼稚園でも先生に「俊太、ゴルフ行った!」と言うそうで、先生に「俊ちゃん、ゴルフ出来るの~?」と聞かれて、これまた「うん」と応えているそうな。。。

大金持ちやったらな、やらしてみたいけどな~ 気軽に出来るスポーツちゃうしな~。
でも好きそうやから、やらしてみたいな~

そろそろ俊太も年中さんになるし、何かやらしてみたいな~と思って、「ピアノどう?スイミングどう?」とか色々聞いたけど、どれもこれも「習うのはイヤ」の一点張りだったのです。

しかしね、今日は突如、「シュンタな、絵描くの習いたい」って自分から言ったんです。
ひょえ~~~~ 俊太から決意表明ですか~
確か、近くで絵画教室みたいなのやってるって聞いたし、家でもジャンジャカ絵描きまくってるし、ママ美術才能ゼロだったから、息子にアーティストの夢を託したい気分で一杯です。

速攻、情報を仕入れに行かなくちゃ 待ってろよ、俊太

shunta100221.jpg

↓ランキングupへポチッと押して下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

テーマ:習い事 - ジャンル:育児

トラックバック(0) | page top↑
男の子がはまるもの
2010 / 02 / 20 ( Sat )
今日はドリーム21に遊びに行きました。入場まで少し時間があったので、表で待っていると、俊太が興味津々で歩いていきます。なんじゃらほい 知り合いでもおりましたか~
ポケットに手を突っ込んで、真剣に見入ってます。
shunta100220_1.jpg

その視線の先にあったものは、『ショベルカー』 何て言うでしょうか、工事車両っていうジャンルでしたっけ…
ママなんて人生で「ショベルカー」に目がくらんだ事はただの一度もございませんがね。
shunta100220_2.jpg

そりゃ俊太の興味はかなりそそられたらしく、もうかぶりつきのガン見でっせ
shunta100220_3.jpg

ずっと「すごいなぁ~。お山がいっぱいになるなぁ~。」と、あわよくば公園の砂場に登場して欲しいような勢いでした。
「バイバ~イ」と運転席のおっちゃんに手を振る俊太ですが、轟音響く中で全く気付かれず、寂しい俊太でありました。ママ、こういうの真剣に見たことないけど、こういう作業って意外に単調で根気いるなぁ…と感心してみたり。
ゴミ収集車とかショベルカーとかダンプカーとか、男の子ってこういうのが好きなんですね。どこらへんが興味そそられるのかなぁ。性別の差ってホント理解不能で不思議 だって、ホントに興味持てないんだもん。
ショベルカーなんて5秒見たらOKだし、ダンプカーなんて一生遭遇しなくてもいいし
車なんて乗れりゃ何でもいいしね~

さてさて、今日は土曜日だけど、意外に空いていて、俊太も思う存分遊べました。
まさかだけど、ほんの少しずつ運動神経が開花してきたかも~ ジャンプの距離、かなり伸びてきたで
バンクーバーオリンピックの影響かしらん
shunta100220_4.jpg


↓ランキングupへポチッと押して下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。