スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
GW その②鈴鹿サーキットの巻
2010 / 04 / 30 ( Fri )
さて、今日も快晴 神様、ありがとう
俊太クン、「遊園地、楽しみぃ~」と、ウキウキです
shunta100430_9.jpg

朝から、またまたバイキングでお腹一杯になったママ達は、いざ鈴鹿サーキットへ出陣
平日とはいえ、GW中ですから、もしや結構な混雑ではと不安を持ちつつ、「みんな学校は休まずちゃんと行けよ~、会社も休むなよ~家族連れで来るなよ~」と心の底から願ったら、叶った~

今日はかなり空いています 遠足か修学旅行か、高校生の制服集団がいたけれど、小学生やらお父さんやらの家族連れがあまりおらず、スイスイと乗り物に乗れます
ちょっと混雑してそうなのは、パパに先行して並んでもらったので、ジャンジャン乗れて、20個ぐらいは制覇しました。フリーパスの価値アリで~す

ボク、格好良いでしょ
shunta100430_1.jpg shunta100430_2.jpg
パパとメリーゴーランド   ママとスカイライダー
shunta100430_3.jpg  shunta100430_4.jpg

どんぐり広場で走り回る俊太
shunta100430_5.jpg   shunta100430_6.jpg ←気が付いたら、大の字で寝ています

バイクにも乗りました~
shunta100430_7.jpg
観覧車に乗ったら、レース場も一望出来ました
shunta100430_8.jpg 

今日はホントに空いてたから、乗り物もたくさん乗れて、俊太も大満足でした
鈴鹿サーキットは俊太がもっと大きくなってから、是非また連れてきてあげたいです。
乗り物の中には身長が120cm以上限定のものとか、本当のサーキットで走れるものとか、ミニバイクとか4歳の俊太では出来ないけれど、小学校の3・4年生ぐらいなら出来る魅力的なものがあります。
きっと大きくなったら、こういうのがかなり本格的に楽しめるだろうなぁと思います。

今回の旅行は天気にも恵まれて、俊太も体調を崩すことなく、混雑もなくて、ゆっくりたっぷり満喫出来ました
ひとえに、ママの日頃の行いが良かったのだと自負しております…

たった一日違うだけでね、翌日の土曜日は、待ち時間が1時間半ですと~
絶対ムリ… 俊太にゃムリ

我が家のGWは4月の内にとっとと終わっちまったよん
妙にやりきった感があります。

あとは、パパが俊太を連れて実家へお泊まりしてくれるので、ママは思う存分休憩させて頂きます
これが本当のゴールデンかも知れないぜっ


↓ランキングupへポチッと押して下さい!
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト
トラックバック(0) | page top↑
GW その①忍者の巻
2010 / 04 / 29 ( Thu )
さぁさぁGW突入です 単身赴任中のパパは7連休をゲットして戻ってまいりやした…
そりゃね、もうホテルも予約済みだから、死んでも休んでもらわなきゃいけませんです。

今回の旅行プランは1泊2日『伊賀上野忍者屋敷&鈴鹿サーキット』

1日目は伊賀上野忍者屋敷をブラブラと散策して、ホテルでのんびり。
2日目は朝からガッツリ鈴鹿サーキットを満喫するという予定です。

GWはどこも予約が一杯ですが、4/30が平日の為、学校や会社があるせいか、ママ達はそこを狙い、底値で宿泊出来ました~ だって会社も幼稚園も休んだのですから~ 
かまへん、かまへん、一日ぐらい休んでも 
だってだって、これが1日ずれるだけで、料金は2.5倍にはねあがりまっせ~
そんなお金は出せませんよ~

それはともかく、さぁレッツゴ~

サービスエリアで休憩。見て下さい、今日はいいお天気
shunta100429_1.jpg

伊賀上野の忍者博物館では、忍者の格好をした係りの人が案内してくれて、忍者屋敷の説明をしてくれたのですが、俊太は色々な仕掛けのある館がとても興味深かったようです。
ママもかなり勉強になりました~
shunta100429_2.jpg
ホレ、忍者だぞ
shunta100429_3.jpg
そして、手裏剣投げも体験させてくれました。本物の手裏剣です
なかなか的にグサッとささらないんだけど、6枚目にして、見事に刺さりました~
shunta100429_4.jpg
伊賀上野はね、学校とかもかなり忍者風で面白いです
校舎の屋根が瓦でね、学校の周りも石垣とかで、いかにも忍者屋敷らしい造りです。
shunta100429_5.jpg
いやいや、忍者ってママは「忍者はっとり君」しか知らないけれど、とても面白いところですね。

さてと、無事に車を走らせ、鈴鹿フラワーガーデンホテルに到着です。
今夜はバイキング ここのバイキングはワンダフルでした
バイキングっていわゆる大雑把な料理法というか大味が多いと思うのですが、ここは一つ一つかなり丁寧でこだわりがあって、オシャレでとっても美味しかったです。
バイキングっぽくない料理っていうんですかね…。Good Job
shunta100429_6.jpg
部屋も綺麗で十分広かったし、俊太はベッドの上を飛び回っていました。
夜は温泉に浸かってゆっくりリフレッシュ
さぁ、明日は鈴鹿サーキットを制覇するぞ~

う~ん、何か忘れとる気がする…

何だろう、何か大切な事を忘れている気がする…

あっ………、パパ、お誕生日おめでとう~


↓「誕生日おめでとう」へポチッと押して下さい!
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ 人気ブログランキングへ 
トラックバック(0) | page top↑
子供の喧嘩に大人が入りましたけど…
2010 / 04 / 25 ( Sun )
良く晴れた日曜日 こんな気持ちの良い日はどっか出掛けたいけれど、パパは単身赴任先で今週は帰らないし、俊太と二人きり、遠出する気にもなれず、図書館に行って、本を借りました。(とってもインドアでしょ

その帰り、俊太が「マクドに行きたい」と言うので、いつものマクドナルドに行きました。俊太の行きつけのマクドはすべり台などの遊具設備が付いていて、俊太は平気で1時間ぐらい遊べてしまうのです。
ママはコーヒーを飲みながら、それを見ているだけなので、楽というか退屈というか、まぁそんな感じですが、いつも暇つぶしにここへ来ています。
20100425152642.jpg
だけど、トレーの上には衝撃的な広告が「4月30日を持ちまして、クローズします。」
なんですと~ 俊太のお気に入りのこのマクドがなくなるなんて、大ショックです 
あぁ~、これからはどこへ行けばいいのかしら~

20100425150645.jpg

さてさて、俊太は嬉しそうにソフトクリームを平らげると、さっさとすべり台へ遊びに行きました。楽しそうにしていたのも束の間、何やら俊太が不機嫌そうにママのところに戻ってきました。
「あのね、ここは女の子しか入ったらアカンって言われた………」とつぶやく俊太クン。

どうやら、すべり台の上の方で、遊んでいる女の子が俊太に「来ないで」と言ったようなのです。
トンネルみたいになっているので、ママからはよく見えなくて、本当なのかなぁと思いつつ、「みんなで遊ぶところだからいいんだよ。やらせてって言えばいいよ!」と諭すと、俊太は再び走って行きました。

すると、上のトンネルの中で(柵みたいなので、声は聞こえます)、何やら俊太と女の子がもめています。
20100425152642.jpg

ママが近寄ると、俊太ぐらいの歳の女の子が「ここは女の子2人だけの場所やから、来ないで!」と怒鳴っているんです。通せんぼしてしまって、前に進ませてくれません。
なかなか強気な子やなぁと思って見ていると、俊太はさっきママに言われた通り、めちゃめちゃデカイ声で「ここはみんなで使うところだから、使ってもいいの どいて 行かせて」と応戦

おぉ~、コイツなかなか言いよるな~、感心じゃ、感心じゃとママは秘かに思いました。
そうだよ、ここはみんなで遊ぶところなんだから、俊太は間違ってない
ママは心の中で俊太を応援しています。

しか~っし、敵もなかなかの根性者 「ここはアカンの 来んといて」とまぁ憎たらしいことこの上ありません。

俊太はトンネルの中で通せんぼされてしまっているので、動くに動けず、「どいて~」と絶叫すると同時に、泣き出してしまいました~

さぁさぁ、子供の喧嘩でも、ママは容赦しませんで キミの親はどこにおるんじゃい
ママが社会のルール教えたろか~

ママ、トンネルの下から遠慮無く言ってやりました。
「あのね、ここみんなで使うとこやから、どいたってな 俊太にもやらしたってな
顔は笑って、心は鬼です、ハイ

しっかし、ママにまでそのおなごは言いました。
「イヤ ここは女の子だけの場所なの

カッチ~ン、コッチ~ン

おめぇ、子供だと思って、いい加減にしろ~い
うちの幼稚園にきたら、間違いなく、教室から出されとるぞ

いい加減にしないとアタシャ、本気でおこるばい!と思っていると、何やら様子がおかしいと思った母親らしき人が走ってきました。
そして、猛烈にその娘を怒り始めまして、
「何やってんの!またどうせ意地悪、言ったんやろ!」と厳しく叱責してましけど、まぁ、怒るのは後にして、早いとこ、下ろしたまえ~って感じですね。

ママは大人げなく子供の喧嘩にも首を突っ込みます。だって、公共の場なんですもの…。
あったりまえですよ~(本当は俊太を守りたいだけなのかも。。。)

俊太は「今日は楽しくなかったな。あんな意地悪、アカンなぁ。」とボソボソと言ってました。

その帰り道、スーパーの駐車場の向かいに道路を挟んで消防署があるのですが、そこで、梯子の上り下りの訓練をやってるところでした。俊太は興味津々で見ていると、ふと俊太に気が付いたベテランっぽい消防士さんが、道路を渡って俊太のところに近寄って来て、「ハイ、どうぞ」と消防車のシールセットをくれたんです。
俊太は「ありがとう」と言って、嬉しそう
「消防士さんって優しいな。シールくれたな。」と俊太、大興奮

パトロール中の警察官がパトカーの窓から手を振ってくれたり、ゴミ収集車のおじさんが笑いかけてくれたり。。。

働く男達の優しい眼差しって何かいいですね…

↓「その通りだ」と思った方はポチッと押して下さい!
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ 人気ブログランキングへ 

トラックバック(0) | page top↑
『一人っ子』って何だ?
2010 / 04 / 20 ( Tue )
え~今日はちょっとした愚痴をば…

まぁウチは子供と言えば、一人息子の俊太クンのみなわけで、数えるまでもなく、全1名ですから、世間でいう「一人っ子」なんですね
「一人っ子」という言葉は、子供の頃から使っていたし、要は兄弟がいない人を指す言葉ですねっ!

お友達のママさん自身が一人っ子の方もおられますからね、「アタシは一人っ子なのよ~」なんてまぁ普通に使う言葉なんですけれども~

今回はあんまり、いい気がしないよっていうお話でして…。

う~ん、まずひとぉ~つ(金八先生風に)、一人っ子に対する「二人目はまだ?」的な発言は、こりゃもう容赦なく普通に言われます、ハイ

例えばね、結婚して、お子さんのいない方に対しては、ある一定の配慮がありますね。色々な事情があるかなぁ、出来ないのかなぁとかね、だけど、なまじ、一人子供がいると、一気にその壁が下がって、ど~んと聞いてこられますから、まぁその度に適当にやりすごすわけですけれど…。

わざわざ「二人目頑張って」なんて言われるとね、有り難いというか、大きなお世話というか、これがまた兄弟が既にいるお方が言うとね、何とお気楽な発言だなぁと思って、スルーするわけですが…。

我が家も好きで一人っ子なわけじゃないし、何せ今は単身赴任中ですし、諸々の事情があっての、一人息子ですから、放っておいて欲しいなぁと思ったりするわけです。

そして、もひとぉ~つ(金八先生風に)、俊太が幼稚園に行った後にね、下の子を連れてるママさんが、「いいなぁ~、今から一人でゆっくり出来て」とね、これも良く言われます。
一人でゴミ出しに行っただけで、「一人はいいよね~」と下の子を抱っこしたママさんに言われると、何やゴミを一人で出しただけで、羨ましがられるって無茶苦茶やな~と思います。

確かに小さい子は大変ですね。世話がかかるし、目が離せないしね。だから、そういう意味で何の悪気もなく、「いいなぁ、自由で」っていう意味で、私に投げかけてくるのかも知れませんけど。
兄弟がいても、一番下が幼稚園に行った子供のお母さんも一人でゆっくりなわけでね~、けれど大体そういう言葉の矛先は私に向けられるのはな~ぜ?と思ったりしますけれど。。。

更に、もひとぉ~つ(金八先生風に)、子供がね、とにかくちょっと大人しいとか、ちょっと弱いとか、ちょっとわがままとか、ちょっと積極的でないとかね、我が子の心配事をたまに愚痴ったりすると、何かに付けて、「一人っ子だから、仕方ないよ~」とね、全ての根元たる原因は「一人っ子にある」という神話ねこれもかなりありますね~

兄弟がいると、喧嘩もあるし、揉まれて逞しくなる…というのは確かにあると思います。だけど、「兄弟いないからひ弱」という逆説は成り立たないと思うわけです。でもね、まぁなかなか反論出来ませんね

まだまだ、もひとぉ~つ(金八先生風に)、学級委員の選抜がありましてね、毎回「一人っ子やから当たるんちゃう?」と予想メッセージを頂くのですが、私は今年も選ばれなくてセーフだったのです。けれど、下の子がいるママさんが当たってしまったんですね。そしたら、別のママさんがね、「え~何で??下がいるのに、当たるの~?一人っ子さんも当たってないのにね~」とね、またもやその矛先は一人っ子ですね。

え~っと、代わったろかと思いますけどね、内心。
学級委員でもPTAでもジャンジャン持ってこいや~っですよ、ハイ

そしてね、「ええな~、下の子いたら、何もせんで!あぁ、毎年ワタシャ忙しいわいっ!」とね、嫌みの一つでも言ってみたくなる時がありますけれど


まぁ、世の中は確かに色々と無責任な発言だらけで、そういう自分も、過去を振り返ればそんな事も言ってしまったかも知れ無いなぁと思うわけです。
「結婚は?」「子供は?」「二人目は?」「男の子は?女の子は?」とかね~、キリがないですね。

強いて言えば、一姫二太郎を成し遂げた人ぐらいでしょうか、とりあえず、何も言われずに済むのは~

けれどね、「一人っ子」って、いつ決定的になるのかっていうのが微妙でね、まだやっぱり欲しいなぁとか、無理かなぁとか、悩んでる内は何か重大な事をやり残した感があって、スッキリしない気持ちがありますね。

だから、余計に敏感になるのかなぁ。

俊太は、兄弟がいない事をどう思っているのかわかりませんが、そんな色んな神話をね、ぶち破って、逞しく育ってくれたらいいなぁと願っています。

親バカですが、俊太のお絵描き教室で描いた作品。なかなかの出来映えじゃござんせんか

【電車】            【うさぎ】           【かたつむり】
shunta100419_1.jpg shunta100419_2.jpg shunta100419_3.jpg

【りんご】           【こいのぼり】        【みかん】
shunta100419_4.jpg shunta100419_5.jpg shunta100419_6.jpg  

【さくら】
shunta100419_7.jpg

↓俊太の頑張った絵にワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ 人気ブログランキングへ 

テーマ:4歳児の日常 - ジャンル:育児

トラックバック(1) | page top↑
年中組へ進級
2010 / 04 / 12 ( Mon )
この前、初めて家族でボーリングに行きました ラウンドワンですね
俊太は初体験ですが、友達がガーターの柵だけ上げてもらえば出来るよと言っていたので、やらせてみたんです。
俊太、この「ボーリング」にかなりはまったご様子で、順番を変わってくれず、投げまくっています。
ですが、ボールが重たいのか、ゆっくり転がすのが精一杯で、ピンに届くまで、延々と20秒ぐらいかかってるのではないでしょうか~

shunta100411_1.jpg  shunta100411_2.jpg  shunta100411_3.jpg

パパとママは数えるほどしか投げられず、俊太が連投に連投を重ねて、すっかりボーリングの虜となりました
けれど、翌日、「シュンタ、腕が痛いよ」だってさ~ 
そりゃ、アンサン投げすぎですわっ



-・-・-・ 祝・年中組進級  -・-・-・

サクラ咲く~ 俊太も4月からめでたく年中組になりました。
俊太は「もも組」を希望していたのですが、「ふじ組」さんになりました~
初日はママと一緒に幼稚園に行って、新しい教室まで連れて行き、先生に引き渡して、ママはそのままそそくさと帰るのですが、新しい先生が、教室の前で待っていました

でも、見たことない先生で、微妙に表情が緊張している… 大丈夫かしら~
俊太はお名前をちゃんと言って、名札を付けてもらい、一番だったので、誰も来てない教室で元気にママに「バイバ~イ」と手を振りました

1年前ではあり得ないけれど、ママにこれっぽっちの未練もなく、手を振れる息子を見て、成長したな~と実感です

けれど~、ハイハイ、どうして担任の先生が緊張の表情だったのかと言いますと………。
それは、新人先生だったからで~す もう、本当の新人です、担任も初めてなら、幼稚園も初めて、社会人デビューが初めてという、正真正銘ピッカピカの1年生です
いやね、そりゃ緊張して当然ですよ~

年中組は32人も園児がいますからね~、これをまとめていくのは並大抵ではありませんが、大抜擢なのか、先生の数が足りないのか、真相は分かりませんが、「初々しい事は美しきかな」です

俊太は3日目にして、早速「先生にお手紙書きたい」というので、折り紙に絵を描いて、先生の名前と自分の名前の書いたお手紙を渡したそうです。すると、先生は園児から手紙をもらうのも初めてで、感激してしまって、「先生、大事にするね、ありがとう」と何度も言ってくれたそうです。
この「何度も言う」っていうのはね、初めてならではでね、俊太も「帰る時もまた言ってくれたんだよ!」と嬉しさ倍増のよう

まぁその内、ジャンジャンもらって、有り難みも半減していくのがオチですが、先生はとても新鮮です。

どんな仕事でも社会人になって、初めて任される大きな責任というのがありますね
誰かの指示に従って…ではなく、一人で任される時というのがありますが、いやいや、なかなかね、「幼稚園の担任」という初体験も相当な重責だと思います。園児32名+保護者を一人で担当するわけですからね。
新人でも先生は先生ですが、やはり保護者の一人としては、温かく見守ってあげたいです。
しいて言えば、「年中組」はまぁ失敗しても、許される一年ではないでしょうか~
失敗も経験ですし、子供達からたくさん学んで、いい先生になって欲しいですね(←失敗するの前提かっ!っていう突っ込みはナシにして~

俊太も、新しいお友達の名前を覚えたり、多少の戸惑いはあるようだけど、今のところ、元気に通っているので、今年も一年、いっぱい成長してくれると思います。
ちなみに、バス停は全部で10組。男の子は俊太と同じ年中組の子がもう一人だけ。
可愛い女の子が8人もいて、ハーレムの一年になるかしら~

↓ランキングupへポチッと押して下さい!
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ 人気ブログランキングへ 
トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。