スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
遅すぎたやる気
2010 / 07 / 29 ( Thu )
6月後半~1学期の終わりまで、プールの嫌々病でさんざん振り回されたママ


だけど


ど~して


何故か


今頃


おもいっきり「プール」のイメージではしゃいでいる俊太です

俄然、やる気やないか~い
shunta100729.jpg
スポンサーサイト
トラックバック(0) | page top↑
足裏
2010 / 07 / 28 ( Wed )
たわいもないお話を一つ…

俊太の「寝かしつけ」ですが、今までは「絵本を読む」だったのですね。

これに「しりとり」が加わることもあったのですが

それがあることをきっかけてに「背中さすり」&「足裏マッサージ」の2つが追加されるようになってしまったのです

幼稚園でサッカーの練習があった日だったと思うのですが、疲れて、うつぶせでゴロゴロしながらTVを見ている俊太の足を見て、何の気ナシに足の裏をモミモミとしてみたんです。
子供だから嫌がるだろうなぁと思って、おふざけ半分だったのですが

これが俊太にはド・ストライクだったようでして…

「もっとやって」と言ってしつこかったのです。

こんなの幼児でも気持ちいいんや~と勝手に納得していたのですが。


ある晩、いつもの通り、絵本をどっさり読んで、さぁ電気を消して寝ましょうとなると、「ママ、背中さすって!」と言います。
まぁ背中ぐらいはさすってやろうかと思い、ナデナデとやっていると、「足もみやって!」ですと

「え~そんなスペシャルなことせなあかんの~ お前さんは王子様やな」と不本意ながらも、足裏をモミモミとしてやると、2・3分で気持ちよさそうな寝息をたてて、スゥーと眠りに就きました。

それ以来、毎晩です

ママは奴隷のようで、かなり面倒くさいのですが、昼間、ヤクザのごとく、怒り散らしているので、償いの意味を込めてやってあげております。
これでチャラですな

でも、ママはびっくり仰天の事実を発見

なんとあのメジャーリーガーのイチローも少年時代、毎日毎日父親が、寝ているイチローの足を揉んでいたというエピソードを知りました。

ムフフ イチローは小学生になってからだね

ママの勝ちじゃ

だって4歳から揉んでおるのじゃ

俊太、これは先行投資じゃからな、大成しておくれよ
トラックバック(0) | page top↑
猛暑
2010 / 07 / 23 ( Fri )
暑くて、暑くて、もう家の中がモウモウと湯気が立っているような、そんな暑さでグッタリ

1学期も終了。夏期保育といって、来週は1週間、午前保育があります。これはほとんど有り難くない話しでして、わずか3時間ちょっとで帰ってくるという一番面倒なパターンです。

はぁ~、何とか1学期が終了しましたが、終盤はプール嫌々病が発症して、ママもかなり鬱状態でした。
夜中でも朝でも、「プールが嫌だ」と泣いてはメソメソ…

優しく慰めたり、先生に電話をする芝居を何度したことでしょうか。。。
もういい加減にしろと怒ったり、そんなこんなですが、何とか一度も休まずにプールに参加しておりました。

それだけでも褒めてやりたいところですが、果たして成長したのかどうかは疑問です。

サッカーの練習も初めて試合形式でやったのですが、爆笑珍プレーの連続。
もはや試合そのものが「珍プレー」なのです。

ルールが全く理解出来ない園児達。もちろん、ゴールキーパーなんぞおりません。
ボールが外に出て、スローイングをする時も、何人も外に出て、どこに並んでるんやって感じですが、先生が必死に「はい、ボール追いかけて」「はい、シュートして」「みんな、散らばれ~」と大声を張り上げております。
すぐボール持ち上げちゃう子もいるし。。。

もはや敵も味方もあったもんじゃありませんね。
あえて言うなら「ボールVS園児」の戦いとでも言いましょうか。。。

ゴールしても、何が起きたかわかってないので、先生に「赤チーム、喜べ~やった~って言え~」と喜びを強要する次第でして、何かのワンシーンのように、次々に「やったー」と喜びを上げる園児達。
もう保護者は爆笑ですよ。

サッカーでこれだからなぁ、野球とか難しいスポーツなんて、小学校でも低学年じゃ、ちょっと厳しい気がする。

つくづく思ったけど、ボールを使って運動するって言うことも難しいけど、スポーツのルールを理解するって結構難しいんですね。
勝ち負けとかの理解もどこまで出来ているのか微妙です。

そして、俊太クンはと言いますと、

一度もボールに触れることなく、団子の集団にもまれて走る…

ママが目撃した記念すべき初試合はそんな姿でございました。

ヤツがボール蹴るシーンってこの先あるんかなぁ。


shunta100723.jpg

長くて暑い夏休み。

もう既にママは熱中症ですわ
トラックバック(0) | page top↑
七夕祭り
2010 / 07 / 07 ( Wed )
今日は七夕祭りでした プールは嫌いでも行事ごとは大大大大好きな俊太クン

雨が降ると中止になって、翌日体育館で制服姿で発表だけする…という味気ないプランが用意されている為、俊太は何が何でも晴れて欲しいそうなのです

『プールの日は雨になれ~』『七夕祭りの日は晴れになれ~』と、てるてる坊主を出したり引っ込めたり忙しい俊太ですが、今朝からどんより曇り空で、しかも雨が降ってきました

「俊太、今日はないかも知れないね~」と話していたら、「てるてる坊主」をベランダに置こうと言う俊太。

これが嘘のようにラッキーで、昼過ぎから神懸かり的に晴れました~


年中組は「合奏」と「合唱」をやります。
俊太はタンバリン担当で、これまたいつものごとく、ガムシャラにやっておりました。
家で幾度となく、練習を繰り返して、もはや本番を見るまでもありませんけどね~
毎度毎度、お決まりで、120%の力で披露してくれるので、ママも安心して見ていられます。

最後は盆踊りをバッチシ踊って、無事に終了しました
shunta100706_1.jpg shunta100706_2.jpg

今年のお願い事は「サッカーがもっと上手になれますように」だってさ
shunta100707.jpg

七夕祭りも無事に終了して、いつも一緒にバスにのるショウ君と歩いて家に帰っている途中、いつもなら疲れて歩くのが嫌だとか言うのですが、お友達が一緒なので、はしゃいで走り回っています。

それは元気でいいのですが、ママ、俊太の行動にちょっと驚かされる事が!!!

普段、幼稚園にはバスで行くし、出掛ける時も車がほとんどの我が家ですから、俊太と道を歩く機会ってあんまりないのです。
友達と二人で走り出したら、曲がり角や、交差点みたいなところ、何にも見てない

俊太って慎重だし、怖がりだから、安心だと思っていたのに、とんでもない誤算です

所詮、子供は子供。交通ルールなんて、全然わかってない。

この調子で走り回って小学校なんて通い出したら、間違いなく、車に轢かれますね

車やバイクが後ろから来ても、全然気付いてないし、ほんとヒヤヒヤしました

ママもね、ドライバーとして、つくづく子供の怖さを痛感しましたよ。

安全第一、子供の飛び出しにはもっともっと気を付けないといけないと言い聞かせました
トラックバック(0) | page top↑
気が付けば7月
2010 / 07 / 04 ( Sun )
6月は忙殺する程、在宅ワーク三昧で、明けても暮れても、入力している状態で、ちょっとめまいがしますけれども、まぁ入金を楽しみに、夏休みの軍資金になればと思うのですが………


年中さんになったと思ったら、もう7月 1学期も終了間近となって、恐怖の夏休みに向けてカウントダウンです

『夏休み』この言葉、学校も会社もどんな人達にとっても、ある程度嬉しい響きのものかと思うのですが、この世の母親だけは、『夏休み=ウンザリ』と言ったところではないでしょうか…

いえいえ、夏休みに限らず、通常の土日でも全く嬉しいことはございません

はぁ、この土日だって、俊太と二人きり、何かどっと疲れたわ~

公園でサッカーするのも、汗だくで、そろそろ公園遊びも厳しい季節になってきました。


ロックタウンの中にゲームセンターがありまして、俊太がお気に入りのコーナーは20分500円の遊び放題というスペースなんです。
これ、何かというと、色々な種類の電動カーで走れるコースがあったり、もぐら叩きやら、アンパンマンなどの乗り物やらが、好き放題乗れるというものです。
大体、乗り物やゲームって1回100円とか200円とかするじゃないですか?
これが500円払うと、20分間やり放題なので、かなりお得なんです。
1000円分ぐらいは遊べちゃいますからね~
次から次にやってしまえ~という感じです

20100703142050.jpg 20100703144047.jpg

それからコインゲームも好きなんですけれど、この場所、かなりローカルな地域にあるからなのか、コインが結構安く買える上に、何故だかわからないけれど、いっつもどのゲームやっても、コインがかなり出てきて、なかなか終わりません。
500円分ぐらいのコイン買ったら、全然終わらなくて、もう帰りたいと思っても、ジャンジャン出てきてしまって、終わるに終われないという面白い場所です。


土日でも格別に早起きの俊太クン、ママは恐ろしく眠いよ
トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。