スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
天王寺動物園
2010 / 09 / 25 ( Sat )
ちょっと前に幼稚園で遠足がありまして、予定では「天王寺動物園」だったのですが、雨だったので「須磨水族館」に行ったようなのです。(←間違いなく行ったはずですが)
shunta100916.jpg
こんな感じでバッチシ、カッパを着用して行かせたのです。
俊太はイルカショーが見れて、満足だったようですが、一応動物園も期待していたみたいなので、ちょっとガッカリ感もあったし、本日は天王寺動物園に家族で行くことにしました。

実は1歳過ぎの頃に、一度連れてきているのです。
その時は歩くことも出来ないベビーカ小僧だったので、動物をほとんど認識することもないまま、散歩に来たって感じでした。こんな感じでしたね~
shunta100925_5.jpg

それが、まぁ何ということでしょう(ビフォーアフター風に)
今じゃこんなに大きくなって、再び訪れたわけです。動物さん、お久しぶりです
shunta100925_4.jpg

俊太クン、ママのおにぎりは美味しいですかぁ
shunta100925_1.jpg

キリンやゾウ、チンパンジーは良く動いてくれて俊太も興味津々です。
一方、毎度毎度ですが、こちらのライオンって全然やる気ねぇ~
動いてるの見たことないよ。寝てばっか
多分、俊太の目には「ライオンってぐうたら」と映っているのでないでしょうか。

ゾウの上に乗って、はいポーズ
shunta100925_2.jpg

俊太は怖がりの慎重派ですが、動物にエサをやったりするのは大好きなんです。
シカにえさをやるのも全く怖がらずに「どうぞ、どうぞ」とあげています。
いや~、あれかな、この柵があるから安心なんかな
それからアシカさんにも魚をぶったぎったものを投げてあげていました。
shunta100925_3.jpg

とても涼しくなって、疲れてベンチに座って休憩してても、気持ちの良い季節になりました。
8月の動物園なんて、どうなってたんだろうかぁ。
動物もお客さんもどっちもグッタリだろうなぁ

パパが、車を取りに行ってくれている間、出口付近で俊太と待っていると、人が倒れて、救急車が来たんです。
俊太はその音を聞いて、「ママ、見に行こう。見に行こう。」と手を引っ張ります。
あんまり興味本位で見るのはどうかなぁと思いつつ、付いていくと、もう目の前に人が倒れちゃっているので、出血とかはなさそうなのですが、何で倒れたか全然わからないし、事故や事件ではなさそうで、一人で勝手に倒れたっぽいのですが、俊太は「ママ、もうちょっと前行ってくるな。あのおじさんの横まで行ってくるな。」とか行って、一人でかなりの至近距離まで近付いて行くんです。
「シュンタ、おいで。戻っておいで。」と言ったのですが、俊太は顔までのぞき込もうという勢い。

何ていうんですかね~。
凄く臆病で怖がりで、アスレチックとかそういう危険が及ぶものには超慎重なくせに、こういう事には野次馬根性というか、見ずにはおれないといった野心がムクムクと沸いてくるようなのです。

不思議なやっちゃなぁ
まぁ倒れた方は無事に救急車に保護されて、意識もあるようだったので、大事には至らないと思うのですが。

あんまりそういうところで、ガッツいて欲しくないんだけどなぁ。

夕ご飯は珍しく焼き鳥のお店に行ったんです。しかもカウンター
日頃はファミレスやラーメン屋やフードコーナーなんてのばっかりですからね~

幼児なんか来るのは前提ではない雰囲気ですから、小さな器やスプーンフォークなんかは勿論ありません。
そしてオレンジジュースを頼んだら、何とビールジョッキで出てきてしまって、ウルトラびっくり

カウンターで焼き鳥なんて、おめえさんは10年早いよと思いながら、色々美味しそうにつまんでいます。

けれど、食べるだけ食べたら、もちろんゆっくりくつろぐなんて出来ない俊太くん。

しかもお座敷とかでなくて、カウンターだから、もうじっとしておれません。

「ママ、早く食べちゃってよ」と急かされて、折角のんびりつまみながらと思うところですが、やっつけ仕事のように食べて、30分足らずでおあいそです。

しょうがないな、こういうところは幼児連れのファミリーが来るとこじゃないね

ゆっくり焼き鳥にビールなんて、愉しめる日がくるといいなぁ
スポンサーサイト
トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。