スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
お泊まり保育
2011 / 07 / 22 ( Fri )
年長さんになると最大のイベント「お泊まり保育」があります

これってどこの幼稚園でもあるんですかね~

ママの子供の頃にはなかったと思うんですけれども。。。

俊太の幼稚園では1泊2日、幼稚園で寝泊まりします。

俊太はパパと二人でおばあちゃんの家に泊まりに行ったりしたことはあって、ママと離れて泊まるというのは初めてではありません。

でもパパとかジイバアという身内ががっちりガードしているのと、幼稚園というのはまた違いますからね~

大丈夫かな~とママは内心ドキドキしていました。

俊太は直前まで嫌がる様子もないし、特別それに触れてくるわけでもないし、幼稚園という慣れた場所だということもあってか、普通に行きまっせ~という感じでした。

それが、何故か、2日前の深夜、突然、高熱が出た~

どうしたんだろう~、焦るママ

翌朝、一番で病院に駆け込みます。
「明日はお泊まり保育なんですけど~」先生に事情をお話すると、
「熱が下がれば大丈夫だと思いますよ。点滴をしておきましょう。」とのこと。

点滴が効いたのか、午後からは熱が上がることもなくて、その晩も平熱のままだったので、何だったのかよく分からないけれど、峠を越しました~

翌日は朝から元気一杯 この分だと大丈夫かなと思って、幼稚園に連れて行きました


え~俊太の居ない夜を迎えまして・・・。

親バカのパパとママは幼稚園の運動場が見える場所まで行って、夜のキャンプファイヤーと花火をのぞいてやりました

顔は確認出来ないけれど、子供達の楽しそうな歓声が上がっています

ちゃんと参加出来て良かったね~

いい思い出が出来たね

その夜、パパとママは焼き鳥を食べに行き、初めて二人でカラオケに行き、パパのあまりにひどい歌声にドン引きして、俊太はちゃんと寝てるかなぁと思いながら、過ごしたわけです。


1泊2日なんてあっという間

昼前にはもう迎えに行かなくてはいけません。

俊太は帰って来るなり、「プールのハンコがもらえなかった。」と激怒しつつ、しばらく不機嫌だったのですが、少しずつ楽しかった事をお話してくれるようになり、布団で寝る時は、隣に去年の担任の先生が寝てくれて、胸をトントンと叩いてくれたけれど、それが強くて痛かった…とアンビリーバボーな話をしてくれました。

先生は寝かしつける為に、トントンしてくれたんだよね~

それが痛かったって、先生、痛恨のミスですけれど。。。

日を追うごとに、「お泊まり保育楽しかった」と色々話をしてくれるので、ママはとっても高い「お泊まり保育DVD」を注文しちまいました

何と4000円!

最初は買うつもりなかったけど、俊太の話す内容が気になるし、親バカですからね~。

50分収録らしいけど、俊太は一体何分映っているのでしょうか~

納品して頂ける日を楽しみにしたいと思います
スポンサーサイト
トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。