スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
美容院
2007 / 04 / 26 ( Thu )
初めて俊太が美容院で髪を切りました 
ひとまずビフォーアフターチェックということで行く前の俊太を激写。

美容院って何するとこだろう?
shunta070426_1.jpg

前回はパパが散髪して虐待ヘアーになったので、今回はプロにお願いしようと思ったのです。まず俊太をママのお膝に向かい合って座らせて、いっちょまえにクロスを掛けて、抱き締め状態にして散髪開始しました。子供はとにかくジッとしてないので、かなりの手際でさっさと済ませないといけないらしく、とても迅速に始まったのです。最初の3分は隣のおばさんがパーマをあてている最中でたくさんのカーラーに俊太は釘付け。「この人は何者だ?」って興味津々でジーと見つめています。しかし、ここで俊太がクロスをバサーッと持ち上げ、今切ったばかりの髪の毛が顔にかかったからさぁ大変。口にも髪の毛が入ってしまったようで泣きわめき、美容師さんもこれはまずいと大急ぎ。俊太が暴れるので全然切らせてくれません。美容師さんも「いい子だね~、俊太クン」などと慰めながら、とにかく切れるところから切っちまえって勢いでかなり荒技。ハサミを払いのける俊太をかわすように、あっちを切ったりこっちを切ったり、はっきり言って無茶苦茶です。でも肝心の俊太が暴れまくっているのに、「もっと丁寧にお願いします」なんて言えませんよ、そりゃ!「じゃ、ジッとさせて下さい」なんて言われたら返す言葉もございませんしね。耳回りがちょっと乱れていて、本当は何とかして欲しかったけど、耳だけは死んでも触らせてくれない俊太なので、これ以上続行は無理と思い、出来上がった「子ザルヘアー」を泣く泣く了承したのであります
本日の教訓、1歳児はプロがやっても上手くいきません。ハサミを払いのけるほど暴れられりゃ、美容師もお手上げです
美容院を出て、そのままスーパーに寄っても、俊太はヒクヒクと泣き続けておりました。いつまで泣いてんのさっ
しかし、「子ザルヘアー」効果なのか、サルパワーが乗り移って、俊太は幾度も「立っち」をしているのです。しかもすぐに倒れることなく、しばらくそのまま立ってられるようになりました。こうなると歩く日までカウントダウンかも知れません。ママ、心の準備はいつでも出来てます。いつでもOKだよ、俊太クン。
最初の一歩でママの胸に飛び込んでおくれ~

子ザルヘアーだ、バンザーイ!
shunta070426_2.jpg

| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。