スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
初めの一歩
2007 / 05 / 21 ( Mon )
待ちに待ったその瞬間は意外なタイミングで訪れました。
今日は久々に健太クンが遊びに来てくれたのです。家に着いて、5分と経たぬ間に俊太は得意の立っちをしたかと思うと、わずかに右足がヒョコっと前に出たのです。そのまま尻もちをついて座ってしまったのですが、健太ママに「今、歩いたよね?」って確認すると、「1歩歩いたよ~」と言ってくれました。そう、それは確かに俊太史上初の「初めの1歩」だったのです。その直後、ママが少し目を離したスキに、な・な・な~んと健太ママに向かって再び2、3歩進んでいるのです。これ、まさにママがずっと待ち焦がれていたシーン。その貴重な大役をものの見事に健太ママが果たしちゃいましたよ~ん。ドッカ~ン でもいいのです。長い付き合いの健太ママなんだもん。それに俊太は健太ママのことが大好きなようで、とてもなついているのです。だから今か今かと焦るママよりも、案外、健太ママの穏やかオーラにクラッときて、あっさりアンヨしたのかも知れません。とにかく、俊太は1歳2ヶ月12日で歩いたことになりました。万歳万歳万歳
その後、ママは何度もシャッターチャンスを狙って、デジカメ片手に、俊太に「アンヨしてよ~」ってお願いしたけれど、もう二度としてくれません。このママの必死のパッチ姿が俊太にはウザイのかもな~
ボクはね、歩きたい時に勝手に歩きますからね~
俊太は、「ダッチ」という言葉をよく発します。特に意味はないのですが、ママが勝手に「友達の"ダチ"」というように解釈しています。健太クンに「俊太がダッチって言ってるよ。友達だね。」と言うと、健太クンは何が面白かったのか、その「ダッチ」にはまってしまい、ゲラゲラ笑い倒しています。その後も健太クンは「ダッチ、ダッチ」と楽しげに笑っています。子供って大人では理解不能な域に入ると止まらないから面白いですね
今日は俊太とたくさん遊んでくれてありがとう。これからも俊太の「マブダッチ」でいてやってね~

ボク達「ダッチ」なの~!
shunta070521.jpg

| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。