スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
俊太の気持ち
2008 / 03 / 17 ( Mon )
イヤイヤ病も盛んになってきて、俊太と向き合うことに少々お疲れのママです 一つのことがすんなりいかない俊太。ママが「○○しようね~」と言うと、絶対に「いや、いや」と言います。例えば「着替えようね~」と言うと、「いや、いや」。なのでママが「じゃ、今日はずっとパジャマでいようね~」というとこれまた「いや、いや」と言います。では着替えてくれるのかと言うと、結局「いや」。つまり、本当にやりたいことややりたくないことがどうかと言うよりも、気分的に「いや」を連呼したいだけの病気なので、これといった処方箋もないって感じ。時が過ぎるのを待てということでしょうか どうでもいい内容の時は放置プレイでいいのですが、無理難題の時はうんざりします。駐車場から家に戻るわずかな距離でも、ママが両手一杯の荷物を持っていて、絶対に抱っこ出来ないような状態で、「抱っこ」と言って泣き叫ぶ。俊太は埴輪状態で動かない。「お家に帰って、キュー食べよう」という究極のキューリ攻撃でも動いてくれない時などは、途方にくれて、終いには怒鳴ったり、無理矢理手を引っ張ったり。こうなると逆効果で涙が倍増、もうお手上げです。もう少し大きかったら、本当に放って置いてもいいのかも知れませんが、まだ2歳児ですから、車などが来たら危ないし、やっぱり放っておけないのが辛いですね。一日に何度か本気でキレてしまう時があって、ママもちょっと精神不安定になってきました。
今日は2歳の歯科検診の日。俊太の歯磨きも毎日嫌がられて悩ましいのですが、しまじろうのDVDを見せながら、何とかやらせてもらっている状態です。もしや、虫歯なんかがあったら、どうなるんだろうと不安一杯。それより何より俊太がまた号泣するのではと嫌な予感。でも、今日は不安げな顔をしている間に一瞬で終わったのでラッキーでした 虫歯はなし。特に異常もなしです。そのまま近くのスーパーで買い物をしようとしたのですが、また俊太は歩かないと言いそうなので、ママは念のため、ベビーカーを持ってきました。すると、これまたあまのじゃくで、ベビーカーには乗らず歩くと言っています。じゃ、歩けよってことで歩かしたのですが、スーパーの中で、キューリやイチゴを見つけた途端、「これを絶対に買ってくれ!」と言って、「キュー、キュー」と叫びまくり。しかも俊太の手の届く高さにむき出しのキューリとイチゴがあったからたまったもんじゃありません。こんな時に限って自分で歩くと言って、店内をウロウロしまくり。余計なことばっかりしてくれるので、落ち着いて買い物も出来ません。歩いて欲しい時に歩かず、歩かないで欲しい時にイケイケの俊太 何だかんだと余計なものを買わされてしまいました(キューリは確かに必需品だけど)。
あぁ、最近、一日一日がすんごい激しく疲れるんですけど、気のせいかなぁ・・・。
shunta080316.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。