スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
ママ、きれい
2008 / 05 / 25 ( Sun )
先週は俊太がちょっと体調を崩していたのですが、その回復と共に、わがまま&甘えぶりに拍車がかかって、ママもくたびれモードです
まず「イヤ」の回数が激増 「イヤ」の言い方もかなり憎たらしい感じに仕上がって、本気で腹が立つ事もしばしば。そもそも「イヤ」の使い方が意味不明で、全てに対して「NO」と言いたいだけ。なので、真面目に相手にせず、気持ちを受け止めて、落ち着くのを待とうとしているのですが、ママもそれが出来るのは3打数1安打ぐらいでしょうか・・・。家事の途中だったり、あまりにもしつこいとイライラしてきて、怒鳴ってしまったり、別室に逃げ込んだり。叩きたくなるぐらい頭にくると、ひとまず一呼吸入れようと別室へ移動するのは正しいと思うのですが、俊太が猛ダッシュで追いかけてきて、しがみついて泣くので結局同じです。そんな「魔の2歳児」まっただ中のハチャメチャ生活ですが、たまには面白いことも発生します。
外でお花が咲いているのを見る度に「俊太、お花がきれいだね。」と話しかけていたのです。俊太はお花を見ると自分から「きれい、きれい」と言うようになっています。ある時、家で遊んでいると、突然、「ママ、きれい」と言ってくれたんです。何ですと?ママのこと、きれいって言ってくれたの?ママはめちゃくちゃ嬉しかったので、「俊太、ありがとう。嬉しいな。」と言いました。すると直後、電気コンセントを差して「これ、きれい」、ハンガーを差して「これ、きれい」と言いまくり。おいおい、「きれい」の定義が完全に狂っとるやないかい!ママと電気コンセントとハンガーが同列かよ ショボーンです。
でもそれ以来、俊太は何度も「ママ、きれい」と言ってくれます。多分、それを言うとママが喜んで「ありがとう」と言ってもらえるのが嬉しいようです。ちょっとした知恵がついちゃって、自分が怒られている時でも「ママ、きれい」と言って、機嫌を取ったりしています。最近は「パパ、きれい」「シュン、きれい」って自分のことまで褒めちゃって、「きれい」を言うのがブームです 「きれい」は良い言葉だし、聞いてて嬉しくなるから、「イヤ」なんかよりよっぽど多用して欲しいです。

体調を崩したのがきっかけなのか、たまたまそういう時期なのかはわかりませんが、俊太が急に小食になりました。それもかなり極端な小食です。朝もちょびっと、昼はほとんどなし、夜もちょびっと、という日が続いています。大好きなラーメンも拒否気味。何とかキューリとゼリーだけは食べ続けているけど、その要求もいささかやんわりしてきました。もらえないなら別にいいです・・・的な態度です。
2歳ぐらいだと急にそういう時期があるという話を聞いて、俊太もそういう時期なのかなぁと思ったりしています。蓄えた余分な脂肪があるので、少々食べなくても大丈夫だと思うけど
唯一、俊太の心を掴んでいるのは「ラムネちゃん」だけですね

ボクは何もかもイヤなんだよ
shunta080524.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。