スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
笑顔
2008 / 06 / 01 ( Sun )
週末はママの実家へ行きました。ジジババ&にいに、ねえねに遊んでもらうのが目的です。ママも最近の俊太にはちょっぴりくたびれモードだったので、リフレッシュも兼ねてレッツゴ~
あの体操クラブの一件以来、俊太の甘えとベッタリ度は増すばかりでした。そして実家に着くと、今までは一目散にばぁばの家に入っていたのに、今日はママが車を止めている間、不安な気持ちになったらしく、家に入らずに、シクシク泣き出す始末。いつもと違うなぁ、やっぱりママベッタリな時期に戻ってしまったのかなぁと思っていたのですが、一緒に家に入ってしばらくすると、念願のナオねぇねが遊びに来てくれました。
俊太、感激 一瞬にして、ナオねぇねの虜になって、金魚のフンのごとく、絶対離れません。ママなんてそっちのけ~ そして俊太は今日、ナオねぇねのことを「なっちゃん」と呼ぶようになったのです。
俊太はなっちゃんが大好きで大好きで、何をするのも一緒。なっちゃんが見えなくなると、「なっちゃん、あしょぼ(遊ぼ)」と言って探し回り、見つけると、「てって(手をつないで)」と言って引っ張って部屋に連れて行きます。何ともほのぼのとした温かい光景なんです なっちゃんは小学3年生。俊太の相手を任せるのには丁度いい感じです。なっちゃんも俊太が大好きで、「俊ちゃん、可愛い。俊ちゃんが欲しいよ。」と言ってくれます。ママなんて日頃はストレスたまることばっかりだから、「どうぞあげるわよ~」なんて言い返してしまったり…。「えっ、本当にくれんの?」ってあんさん、本当だったら、大問題だよ。
でも、なっちゃんやにいにを筆頭に、ジジババやおねえ(ママの姉)に遊んでもらってる俊太は心底楽しそうで笑顔一杯なんです 楽しくて仕方ないって感じ。変なわがままやグズグズもないし、幸せそうに無邪気に遊んでいます。言葉もたくさん覚えました。
でも、ママ、何だか切ない… 我が子なのに、家ではこんな笑顔、なかなか見れないなぁ。ママが怒ってばっかりだからかなぁ。一生懸命育ててるつもりでも、あんまり楽しい思いさせてやってないのかも知れない。俊太も本当はこんなに楽しそうな顔するんだね。
普段、家に二人で居ると煮詰まるからって、支援センターとか色んなところに連れていってるけど、きっと、たっぷり遊んでくれる人がそばにいれば、どこに行かなくても俊太はそれだけで十分満足するんだなと思うと、ママって悲しいかな、とっても無力な自分に気付かされたのです
俊太と二人で暮らしていると、遊び相手をするというよりは世話の部分が中心になって、思うようにいかないことにイライラしてしまったりで、ちゃんと遊んであげる時間なんて、ほとんど作ってないような気がします。それはママだけじゃないかも知れないし、母親は案外そういう余裕がないものなのかも知れないけど、ママも折角ずっと一緒に居るので、もっと俊太の笑顔が見たいなぁと思うようになりました。
はぁ~、「我が子の笑顔が見たい」なんて、寂しい願い事だこと
わしゃ、悲しいわいっ

なっちゃん、大好きよ
shunta080531.jpg

ばぁば、しゃぼん玉、綺麗だね~
shunta080602.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。