スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
悲惨週間
2008 / 07 / 01 ( Tue )
久々の更新でございます。何故ならば、先週は俊太とママが踏んだり蹴ったりの日々を送っていたからです
先週の月曜日、夕ご飯まで元気一杯だったくせに、急激に様子がおかしい俊太。ゴロゴロ寝そべって、やたらグズグズ言っています。「あれ~何か変だなぁ」と思ってると、体全体が熱い もしや熱?と思って測ると既に38度超え さっきまで元気だったのに、急激に熱が上がるなんて、子供ってなめてはいけません!そのまま寝かせると、俊太もよほどしんどかったのかハァハァ言いながら眠りにつきました。しかし、熱い 体中が燃え上がるようにパンパンに熱いです。こりゃ明日の朝、速攻で病院だな・・・。と思ったら、朝になると何故だかケロッと平熱に しかも超元気そう~ どうなってんだ
こんなピンピンした子供を連れて医者へ行くのも、何だかバカ親と思われそうなので、しばらく様子を見ることに。
結果この熱は一晩限りだったのですが、2日後の水曜日。最悪なアクシデントが発生 買い物やら所用やらで夕方遅くに車で戻ってくると、マンション前でお友達のアイリちゃんが遊んでいました。高さ50cmくらいのブロック塀からジャンプしたりして、おてんばそのもの。俊太はとてもそんな遊びは真似出来ないのですが、一応そこに立っています。ママ同志で立ち話をしていた瞬間、ママの目に飛び込んできたのは、頭から転落していく俊太の姿~ ゴツッ・・・!という鈍い音と共に俊太は頭を強打。そのまま、倒れ込んで泣いています。おでこは一瞬のうちに青く腫れ上がり、そして血がジワジワと出てきました。ママ、これはただ事ではないと思い、俊太を抱きかかえ、車を乗せて、病院へゴォ~ 急げ~、こんな時、とにかくパニック状態のママが一番危ないのは車の事故。冷静さを失っているので、運転も少々荒っぽいし、ヒヤヒヤもんで到着しました。脳外科の先生に診てもらって、レントゲンを撮って、処置完了。大事に至らずやれやれです。でも傷跡はかなり痛々しく、「やんちゃ坊主、生傷耐えず」みたいなウソキャラが出来上がっておりま~す
翌日、今度はママの体調が激変。朝から少々だるい感じはあったけど、夕方になるとゾクゾクと寒気がして、体の節々がズキズキと痛み、発熱の予感。予感が実感に変わり、熱はグングンウナギ登りで39度に到達!ママ、ピンチです。吐き気もするし、どうすりゃいいのだ~。結局パパが帰ってきてから、俊太を任せて、ママはタクシーで救急診療へ。点滴をしてもらって、ひいこら帰ってきました。
2、3日、熱が下がったり上がったりでぐったりですが、何とかこうしてパソコンに向かえるまでに回復しました~。

ボク、おでこをケガしたんだよ。
shunta080701.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。