スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
面白い感覚
2008 / 12 / 01 ( Mon )
あれやこれやしている内にもう師走 あっという間に2008年も終わりです。
あ~どうしてこんなに早いのでしょうか~ 会社に勤めている当時も、1年って本当に早いなぁって思ってたけど、子育ての1年はもっとあっという間です。だってついこの間、2歳の誕生日を祝ったばっかりな気がするし、ついこの間、年賀状を書いてた気がするけど、それなのに、もう新しく年賀状の準備をしなくちゃいけない時期にきてます。俊太の成人式姿もそう遠くないぞえ~(そこまでとぶか!)

さてと、俊太の面白いお話を一つ。我が家は少し高い棚の上に、パパとママの結婚式の写真やら、俊太の生い立ちの写真やらを飾っています。なので、俊太の目線からだと、写真が置いてあるのはわかるけど、細かいところまでははっきりと見えないわけです。今日は自分でイスを持ってきて、そこに上って、写真をマジマジと見ておりました パパとママの結婚式でのキャンドルサービスのツーショット指差してポツリ。「これパパ。こっちはおばちゃん。」 うっ、今何て?ちょっと後半聞こえなかった気がする さぁもう一度お願いします。「パパとおばちゃん・・・」何じゃそりゃ~ お腹の中にいる時を含めて4年近くもアナタ様にお仕えしているママを差し置いて、何でパパの横におばちゃんの写ったツーショットを我が家に飾るんじゃ~い
普段怒鳴ってばっかりの鬼母からは想像もつかないウエディングドレスなんか着ちゃってる人を、ママだと認識出来ない俊太って、責めれないけどはっきり言ってや~ね
ちなみにおばちゃんと言うのはママの姉のことであります。間違えてんじゃないよ
しかし、毎日毎日ストーカーのごとくつきまとってくるくせに、ママの写真見て、本物のママではなく、おばちゃんが頭の中に浮かぶってどんな感覚なんでしょうか。

ついでにもひとつ。土曜日に支援センターで「パパも一緒に遊ぼう」という講座が開催されたので、3人で行ってきたのです。一緒に遊んだり、パパが育児に関わる重要性を考えようみたいなビデオ鑑賞があったのですが、そのビデオの進行役が元シブガキ隊の薬丸裕英(ヤックン)だったのです。ヤックンは4児の父なので、こういうのにふさわしいキャラなのかも知れないのですが、その映像を見ると、俊太は「パパ!」と一言。ヤックンがパパに見えているようです 「男の人=パパ」という単純な図式はもはや今の俊太にはないと思うので、これがヤックンではなくモックンかあるいはフックンだったら、パパって言ってない気がします。つまり、パパはヤックン顔なのです
高校生の写真はヤックンそっくり。あだ名までヤックンだったそうな・・・
これがキムタクとかだと、オノロケ話みたいで公表出来ないけど、ヤックンだからいっかぁ(ヤックンに失礼?)
俊太にとって人の顔がどう写っているのか、興味深いというお話でございました~
では今年も残り1ヶ月、「終わりよければ全て良し」法則で、良い年末を迎えたいものです
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。