スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
一日入園
2009 / 03 / 07 ( Sat )
3歳の誕生日を前に、今日は幼稚園で「一日入園」というのがありました 4月からの入園に備えて、少しでも慣れてもらおうという主旨のようですが、たった一日、しかもたった1時間程度では、慣れるどころか、余計に逆効果だったりしないかしら~?という予感はバッチシ当たったのでありまして・・・。
仮のクラス分けがあって、7クラスに分かれていました(やっぱしマンモス
今日は保護者も一緒に教室の後ろで見て良いので、パパと一緒に行きました。だって、俊太のことだから、またしてもオンリーワンになったりした場合、ママは一人だととても心細いのです
さて、教室の前で先生はとっても温かく迎えてくれているのですが、「おはよう!」と声を掛けられて、俊太は精一杯「おはよう!」と挨拶をした瞬間にいきなり泣き出してしまったのです 「おはよう」の4文字を言うことに本日の全パワーが注ぎ込まれたようで、緊張したのか、怖かったのか、そのまま「ママ、抱っこ」と言って先生を拒否してしまいました。
教室では他の子供達がおもちゃなんかで楽しそうに遊んでいます。俊太は勿論、その輪の中に入れず、パパとママに抱っこされたまんまです。
そろそろ、先生が「おもちゃを片づけて好きなイスに座って下さい」と言ったので、俊太も無理矢理座らせました。嫌々ながらも、何とか座ってくれています。
そして、先生が「順番に名前を呼びますので、手をあげてお返事して下さい!」と言うと、俊太は早くも2番目に呼ばれてしまったんです。返事するわけないな~と思ったら、あったり前に返事なんかしません それどころか、急に目をつぶって、下を向いています(おいっ、死んだフリか?)
他の子供達はほとんどがちゃんと手を挙げて返事をしていました。はぁ~、先が思いやられるなぁ。
それから、先生はピアノに合わせてたくさんの歌を歌ってくれて、ちょっとしたダンスもしていました。これまたほとんどの子供達は一緒に歌ったり、踊ったりしているのですが、微動だにせず、イスに座ったまんまなのは勿論俊太だけ 落ち着きがなくウロウロしたりする子もいるし、歌ったり止めたりする子も確かにいるけど、完全見学状態は俊太一人って感じです
アンパンマンの紙芝居をするので、前に座って体育座りをしましょうと先生が言うと、みんなおりこうさんに前に座りに行きました。なかなか行かない子は先生が声を掛けて、手を引っ張ってくれているのですが、俊太のところに先生がやってくると、握っていたタオルを顔にかぶせてまたしても拒否です(再び、死んだフリか?) 
そんなこんなで、何とかイスには座ってたけど、先生が近付くと、「目をつぶる作戦」と「タオルで顔隠し作戦」に徹して、心を開かない俊太でした~ 
まぁ、俊太は慣れるのに時間がかかるし、その「かかる時間」ってのは下手すると年単位だったりする可能性があるので、ママもそれなりの覚悟をしなくちゃいけないなぁと改めて感じたんです。年少さんの1年間は「慣らし保育」であって、本入園は年中からだと言い聞かせるママでありました。
しかしなぁ、先生に近寄られて、目をつぶるって、どんな抵抗だよってね
結構、ユーモラスな予感もするけど、お笑いの才能でも開花してくれたらなぁ

ボクは前には行きません!
shunta090307_1.jpg
全然楽しくない
shunta090307_2.jpg
カレーパンマンは好きだよ
shunta090307_3.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。