スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
しまじろう
2009 / 09 / 28 ( Mon )
え~、しまじろうの子供チャレンジとかいうやつを始めてみたのです。
これ、もっと小さい頃から周りではたくさんやっているお友達がいて、色んなお宅に同じおもちゃがあったりして、ちょっと笑えたのですが、おもちゃ王国に行った先でうっかり書いた住所にちゃっかりDMが送られてきまして、その中のDVDに俊太が釘付け 色んなおもちゃが出てきて、「これ欲しい シュンタもこれやりたい」等と言うわけです。
習い事関係は一切拒否の俊太ですが、こういうのはやりたいというのです。まぁ定期的におもちゃが送られてきて、ひらがなとか工作とか、発達に応じたモノを提供して頂けるのは大変結構だし、いつでも辞めれるから、軽い気持ちでやりましたところ、これがなかなか虜なのです。
お絵かきのキットとカラフル鉛筆にはまったらしく、とにかく一日中、何やらお絵かきに夢中です。と言っても、書いているのは幾何学的な模様みたいで、アナタ様はピカソですか?というような迷走の世界ですが、でもとにかく一心不乱です。
机に向かうその姿はさながら「お受験生」って感じだったり
確かに俊太の年齢に合わせた、興味のそそる仕組みになっていて、ママが本屋とかおもちゃ屋で手頃なものを見つけるよりは、はるかに楽だし効果的なので、今のところ始めてみて良かったかなぁと思っています。
ゆくゆくは進研ゼミに突入するのでしょうか

・・・でも、波線描いたり、字描くのも、左利きだと、ちょっと違和感があって、鏡文字になりやすいのです。線もどうしても右から左に書いていくしね。
う~ん、例えばさ、中学ぐらいで英語の授業とか社会の授業で、「先生が今から言うところをアンダーライン引いておきなさい!」なんて言われた場合、ちょっと苦しいんじゃないのかしら~?と今から心配になってみたりします。このまま左でいいのだろうか?
最近、やたらと鉛筆などを握る姿を見ていると、段々焦ってくるというか、利き手を替えさせるのって先延ばしには出来ないよって気持ちになりますね。
でも「右でも書いてみたら?」と言っても、「イヤ!」と言われてしまうし、無理強いは出来ないし。
エジソンのお箸はうっかり「右利き」買っちゃったけど、右しか指が入らないから、それはそれでちゃんと使ってるし、まだ右の可能性は残ってる気がするけど。
でも組立キットのドライバーとかも左でやっちゃうから、いつも初めは回す方向が逆になって、やりにくそうに見えるのです。世の中のあらゆるものが右利き用に出来ているのだと感じますね。
自然に持ってしまうんだから仕方ないけど、親がどっちも右利きの場合、色々と教えにくいことが多いし、どうしたもんかなぁと悩み中です

shunta090927.jpg
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。