スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
祖父母参観
2009 / 10 / 23 ( Fri )
今日は祖父母参観日でした 6月にあった日曜参観日から二度目です。運動会とかと違って、教室での俊太の様子を見るのはとても嬉しいです。一番自然って感じ
1学期と違って、幼稚園生活にも慣れ、一つ一つの動きも大分早くなってきました。それでも、中にはママが来ると、泣いてママにベッタリなんてお友達もいたりして、これまた自分の子供だと頭が痛い話しですが、他人の子供だと、可愛らしく思えたりして、アタクシって勝手なものです。
shunta091023_1.jpg

お返事も大きな声で出来るし、お帰りの準備とか先生の指示にとっても忠実な俊太の姿が見てとれます。
俊太は「先生に怒られる」ということが絶対タブーのようです。それはあってはならないこと!という絶対の信念があるみたいで、ふざけたりして怒られるとか、言われたことをやらない、なんてのはもってのほかみたいです。だからお友達が怒られたりしているのにもとても敏感
「○○君が怒られてた」とか、「○○ちゃんがふざけてた」とか、報告が細かいです。
こういう気質の俊太は多分打たれ弱いから、ちょっと怒られたりしたら、大変な落ち込み様なのではと、それはそれで心配ですが…
ただ、俊太は気が弱いのか、いつもお友達に叩かれたり、おもちゃを取られたりするらしく、「どうして叩かれるの?どうして取られたんだろう?」と聞いてきます。ママからすると痛恨の質問なのですが、「やめて!って言った?返してって言ってみた?」と言うと、「言ってもやめてくれない。言っても返してくれないもん。」と言います。なんかグッドな答えが見つからないな~と思い、「ママも子供の頃、よくおもちゃ取られたりしたよ!」って同じ気持ち作戦で返してみると、「誰に取られたの?」と興味津々。
「えっと、よっくんとかちかちゃんとか~」と適当に答えたら、俊太は何故か妙に納得した様子。
ママも取られたことがあるんなら、いっか~っていう不思議な気持ちに落ち着いたみたいです。
まぁ子供同志の叩き合いとかおもちゃの取り合いなんて、毎日のことだろし、あまり目に余る場合は、先生が仲裁するだろうから、あまり気に留めないようにしていますが。。。

さて、話しは戻って、参観日はおじいちゃんおばあちゃんと一緒に折り紙で「きつね」を作りました。子供だけではちょっと難しいのですが、おばあちゃんに手伝ってもらって一生懸命作ってました。
shunta091023_2.jpg

歌のプレゼントがあって、「とんぼ」「どんぐりころころ」「まつぼっくり」の3曲を熱唱してました。家で毎日のように歌いまくっている俊太ですから、もうネタバレはとうに済んでいるのですが、今日もバッチシ、みんなの前で歌っておりました
粘土で作った小物入れにどんぐりでコーティングされた可愛らしいプレゼントも渡して、おじいちゃんおばあちゃんに喜んでもらえました。
今日は来てもらえて良かったね
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。