スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
TSUYOSHI
2009 / 11 / 28 ( Sat )
え~俊太とは関係のないお話をちょっと。。。。。
『つよし』と聞くと、どちら様を思い浮かべますでしょうか
う~ん、例えばSMAPの『草剛』とかKinkiKidsの『堂本剛』とか、そういった感じですかね~
ママにとって『つよし』というのは『長渕剛』のことになるのです それもそんじょそこらじゃなくて、小学生からずっとファンを続けているわけです。
でも、同じような友達は残念ながらおりません
逆に『剛ファン』を公言すると、引かれたりすることもあったりして、気が抜けません(←何が
でもママはあまり人に勧めることもありません。
自分だけのお楽しみとして生きてきたのです(←大袈裟だという突っ込みはナシにして…)

でも剛の音楽はとっても良いのです。昔からの固定ファンは熱狂的で信者と化してますが、怖いイメージとは裏腹にとてもとても熱いメッセージの歌が多いのです。耳障りのいい、お気楽な音楽ではないので、一般受けしにくい側面もあるのですが、でもその昔は強烈なカリスマとして君臨しておりました。今はTVの露出もなくなって、若い世代はほとんど知らないかも?と思ったりするのですが、それはさておき、とにかく30周年を迎える剛はホントに神様なのです
そして、ママは10月の大阪城ホールのアリーナツアーと、昨日のグランキューブ大阪で行われたホールツアーの2本にガッツリ参加してきましたのです
人に言ってもあまり羨ましいと思われることはないのですが、ママは一人で悦に浸っているのです。
だって、まだまだチケット入手困難なアーティストの一人ですから、何度も何度も抽選予約に落ちながら、やっとの思いでゲットしたことをお忘れ無く(←どうでもいいですか?)

家事と育児に追われるしがない専業主婦ですが、ママは生きてて良かったと思う瞬間なのです う~ん、『夢と希望をありがとう』という気持ちですね~。
それはどうしてかというと、ファンも20年以上やってますと、自分の人生と歌が時系列にリンクしているんです。小学生の時、初めて買ったレコードがこの歌だったなぁ、この歌が出た頃は中学生だったなぁ、あぁこれは受験勉強の頃に聞いてたなぁ、高校生の部活で青春してた頃だなぁ、大学時代の通学途中に電車で聞いてたなぁ・・・と自分の過去を懐かしく思い出せるツールが剛の歌なのです。19××年の曲だとか、20××年の曲だと、バッチシインプットされているわけで、それに付随して色々な思い出を整理しているぐらいです。

他にもたくさんのアーティストの曲は聴くし、若い頃はカラオケに良く行ったので、その時の流行の歌をバンバン吸収したりもしました。でもそういう曲と剛は自分の中で全然違うのです。自分の中では音楽の中に剛の曲があるというのでなくて、『音楽』というジャンルとは別に『剛』というジャンルがあるという感じです。
「好きな音楽何ですか?」と聞かれても、「長渕剛です」という答えはしたくないという感じですかね。
「趣味は何ですか?」と聞かれて、「長渕剛です。」と答えると言った方が正しいかも知れません。
でも共感してくれる知人・友人は今までほとんどいませんでした。女性はあんまり好きじゃなくて、男性の方がファンが多いというイメージはあるかも知れませんが、実際のコンサートの男女比は5:5~6:4ぐらいで、かなり女性も多いです。(←だから何?という突っ込みもナシにして…。)

でも、この歳になって、子供が幼稚園に入って、ビックリ仰天な出会いがあったのです。
同じクラスのママさんにとっても若い20台前半のママが居て、そうですね、はっきり言って、一回り違うくらいなのですが、ママがカバンにひっそり付けていた剛キーホルダー(一応遠慮気味に)をめざとく見つけて、「何ですか、これ?」と興味津々にやってきたのです。先日の盛大なお祭りの役員を一緒にやった時なのですが。。。
「言ったら引くかも知れないけど、長渕剛ファンだよ。引かないでね」と言ったら、周りのママさんは、「うわ~、そうなんや~。」と絶対引いてんなって感じだったのですが、そのヤンママ(ヤングという意味ね)と来たら、「マジですか~?私、死ぬほど好きですよ!家族全員ファンですよ!イントロクイズあったら、全部答えますよ!」という筋金タイプのファンに出くわしたのです。それから、もう弾丸のように剛について話す二人を周囲は完全に引いてました そのママさんは若いですから、リアルタイムで剛の全盛期を知るのは難しいはずなのですが、これがよくある『継承』というヤツですね。親が聞いてて、子供もはまるというパターンです。しかし、こんなところで、しかも一回りも違うヤンママに剛ファンがいるなんて、人生何があるか分からないですね。

そして、もう一人、生まれた時から洗脳されている俊太クン 彼はもう立派な剛ファンです。何せ、車の中は常に「剛」ですから、かなりの歌をマスターしてます。もはや幼稚園で教わる童謡の「とんぼ」より先に、剛の「とんぼ」をマスターしてしまったのは俊太ぐらいではないでしょうか?
でもこの前、TVで井上陽水の写真が出て、「剛だ~」と言っていたのは、ちょっとショックですが。。。
だから、ママがコンサートに行くときは、「ママね、剛んとこ行くからね、お留守番しててね。」というと、「ママ、今日は剛だね」と言ってくれる優しい息子になりました。

え~、とりとめもないまま、こんなに長文で書き綴ってしまったけど、書きたい事の10分の1も書けてませんが、俊太の成長記録にあまり関係ないので、これっきりにしようと思います。
でも、俊太が生まれてからは、俊太の成長記録と剛がこれまた時系列にリンクしておりまして、「30周年のライブに行ったのは、俊太が年少さんの時」という年表がバッチシ出来上がりました。これで死ぬまで忘れることはありません。

2009.10.7 大阪城ホールでのツアートラック
tsuyoshi2.jpg
2009.11.28 グランキューブ大阪でのツアートラック
tsuyoshi1.jpg

継承を義務付けられた俊太クンです
shunta091129_1.jpg shunta091129_2.jpg

| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。