スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
主婦のつぶやき
2010 / 01 / 19 ( Tue )
今年に入って久々の更新 3学期も順調に通っている俊太クン
けれど、さっそくオレンジの体操スボンで帰って来ちゃって、おもらしがまだ時々あります。
そろそろ恥ずかしいって気持ちになるのかなぁと思いきや、「シュンタね、トーマスのパンツで帰ってきたよ」って喜んでしまっている様子… 借り物のパンツで喜んでんじゃねえよ
あと少しで年少さんも終わり、年中へと進級します。早いけど、密度の濃い一年でした。
幼稚園は進級に備えて、進級費用なるものを早々に請求してきますから、臨時出費ばっかりですが。。。
それから3学期の唯一の行事、「作品展」というものが予定されておりまして、俊太の報告を聞く限り、先生達は大急ぎで様々な作品を作らせているようです。
「今日はヒヨコを作ったよ。明日は機関車を作るんだって!」もはや、やっつけ仕事のように次々に作りまくっているようで、先生達のミッションも大変なものです

さてさて、今日はママのぼやきをば一つ ママは今日、「オフィスマスター」なる称号を取得しました
これってご存知ですか 知っている人は知っている、知らない人は知りませんが、マイクロソフトのオフィス製品のことです。
「Word」「Excel」「Access」「PowerPoint」の4科目を受験して、全て合格すると、「オフィスマスター」に認定されるのです。ちなみに「Word」「Excel」に関しては上級レベルを取得しておく必要があります。
今日はめでたく「オフィスマスター」となったわけですが、まぁ、謙遜でも何でもなくてね、ほとんど市場価値はないと思っていいんじゃないでしょうかね~、悲しいかな…
今の時代、会社勤めしてる人で、パソコン使えない人なんて居ませんしね、逆に、パソコン使い過ぎて、漢字とか書けなくなってるから、漢字検定とかの方が凄かったりする気もしますが。。。
しかも何を隠そう、ママは元々システムエンジニアですから、こんなものは「屁のカッパ」なわけです。
大した努力もせずに、試験対策だけすれば楽勝ですたい

では何故ママがこのような資格を取ろうと思ったのか、話せば長くなりますが、短く出来ませんので、長いままで
ママは幼稚園に入ってから、昼間少し時間も出来て、何かしたいと思ったのです。大した趣味はありませんが、やっぱり社会復帰したいなと常々思っており、しかも出来ればレジとかじゃなくて、オフィス職に憧れるわけです。
けれど、実際ね、昼間で、短時間でしかも週3日ぐらいの事務なんてあるわけないんですよ
そして、仮にそういう仕事の応募があったにしても、ママの立場って企業側からしてどんぐらい優先順位低いかわかりますか~
ほとんど最下位ですよ 最下位

一度、応募したい仕事があって、面接に行ったのです。そしたら、まず派遣登録しますとかで、職務経歴書とか見せて、パソコンのスキルチェックをしますと言われました。
正直ね、そういうのって必要ある~?と思うのです。ガッツリ、システム開発の仕事をやってても、意外に一般事務職の仕事に応募すると、全然伝わらないんです。
WordやExcelの細かいスキルシートがわんさか書いてあったりとかして、どれが出来ますか?とかテストとかされてイライラするんです。でも、「出来まんがな~、やれまんがな~」は口頭で言っても伝わらないです、勿論
だから渋々ですが、弾丸のごとく、スキルチェックをして難なく「Aランクです」と言われました。
そしてね、仕事の説明やら、何やらが始まって、色々面接していって、一応社会人経験もあるアラフォーですから、無難に受け答えも出来ますわね。前職のことや、子供がいて、主婦の立場であることとかね。。。
そして、いよいよクライマックスですよ、「あの~近くにご両親はお住まいですか
おいおいっ、それって何じゃいな 何で面接で両親が出てくるんじゃい
「いえ、近くには住んでません」と言うと、「あ~そうですか~ じゃ、お子さんを見てくれる方はおられないんですね」 うぎゃ~、もうね、その表情がね、その目がね、「不採用」と語っているのです。
わかります?コイツ使えないねって感じなんです。そりゃ確かにこっちはまだ3歳児ですから、ハンデは百も承知ですけど、アタシのさっきのスキルチェックを返せ~って感じでしょ
一番最初に、もうね、入り口の段階で、それこそエレベーターの前で「ご両親は近くにいますか?」と聞きやがれって感じです。
その方がスッキリするわいっ
わかりますか~、子育て主婦の価値なんてね、「資格より実家」「スキルより実家」「経験より実家」これマジです

現実は、本当にその通りだと思うのです。
ママも正直、責任ある仕事が出来るか言われたら、自信はあまりありません。
だって、幼稚園なんて、働く親が前提にないから、午前保育になる事もちょこちょこあるし、行事もバンバンあるし、毎日のバス送迎とか、風邪引いたり、学級閉鎖になったり、夏休みがあったり冬休みがあったりね、もう色々大変ですよ。
落ち着いて仕事出来るかと言われたら、確かに代打がね、祖父母とか居ないと、難しいのはわかります。
この不況にね、いつ休むかもわからない主婦より、フットワークの軽い人は溢れてますよ

ただ、ママは、ほんの少し、悲しかったのです。一生懸命、スキルチェックのテストを受けて、これはいけるぞ~なんて思ってた自分が悔しいというか。。。だって、昔はね、就職というのは自分の能力や人格、全て自分自身のことだけだったのです。でも今は、子供の年齢とか、周囲のサポート環境が採用の基準の大きな要素になるんです。
働ける曜日や時間だって、限られているから、当然、優先順位は低いけど、更に環境面まで整ってないと、信用してもらえないということですね。そして、気付けばブランクも5年を過ぎてきました。
もはや、市場価値ゼロの自分がここにいます

だからというわけじゃないのですが、大体、派遣登録っていうのはパソコンスキルとか必ず聞かれますからね。
そんな無駄話はもういいよって言う意味での、「オフィスマスター」です
いきなり本題に入ってくれよってことです!

本当に、現実は厳しいですね~ 100年に1度の不況っていうのも大変だけど、やっぱりいつの時代でも、小さな子供がいる主婦が働くのって並大抵ではないだろうな~。
職場のみならず、幼稚園とかね、スーパーとか諸々の生活環境も近くに整ってないと、とてもやってけないだろうし、旦那の協力とかも必須だろうし。。。
あ~、ママが社会復帰する日は来るんでしょうか~
子育てが一段落してからだと、今度は年齢制限にもひっかかるな…。
八方ふさがりって言うのかしら、こういうの

ボクは絵の具が大好きなのです
shunta100108.jpg

↓ランキングupへポチッと押して下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 
| page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。