スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| page top↑
とんまさ
2011 / 02 / 20 ( Sun )
俊太が通っているお絵描き教室の先生の絵が奈良の美術館に展示されているということで、松柏美術館まで見に行ってきました。

家族3人で美術館なんて、ちょっとセレブな感じだわ~

ところがどっこい、美術館に来られるお方達ってちょいと雰囲気が違ってびっくり仰天さ~

ご年輩のおばさま方がお着物をお召しになられて、かなりお上品な感じで絵を鑑賞されております。

おおよそ幼児連れで来るような雰囲気ではないのですが、いやいや仕方ありませんよ~

ここにおる4歳児はですな~、こちらのグレートな絵画をお描きになられた先生のれっきとした生徒なのですから、大いに関係アリですからね~

しかし、スンバラシイです
矢沢永吉風に言うならば、『グレート』です

写真撮影は出来ませんので、お見せすることは出来ませんけれども…。

絵画というのは、あれですね、写真とかパンフレットで見るものじゃありませんな。

生で見るのは全然違います。

技術や技法なんかは素人なので全く表現出来ませんけれども、渾身の一作というのは本当に感じます。

複数の審査員によって、選考された末に展示されているわけですから、さすがですな~

う~ん、でも何か違和感がありますね~

「お絵描き教室の先生」なんてお呼びするのは申し訳ない感じ。

そうなのです、先生は正真正銘の「日本画家」なのです。

恐らくはね、将来美術の道を目指すような高校生や大学生などを本気で教えたりするような姿がしっくりくるのではないかと思うのですが、そのような先生に俊太のような園児が絵を教わるなんていうのは誠に恐縮な感じもします。

ママは、子供の頃から図工や美術は大の苦手
ママの描いたライオンのジオジオの絵で、母親を卒倒させた事が昨日のことのように思い出されます。

だから、美術とは無縁の世界で生きてきたのに、俊太が絵画好きになったばかりに、ママがこの歳になって美術館に足を運ぶなんて、これまた「人間万事塞翁が馬」ってやつなのかなぁ

良い経験です

そして、お昼に奈良の「とんまさ」というトンカツ屋さんに行ってきました。

ご存知ですか~

こちらは結構有名で、とにかく大盛りなのです
だから大飯食らいのご主人様とか彼氏なんかと一緒じゃないと行けません。
女性同士で行くと大変な事になりそうです。

こちらは並の若鶏カツ定食です。
とんまさ並
いいですか~、間違って大盛り頼んだらこんなことになっちまいますよ~
とんまさ大
ちなみに大盛りでも1523円とお値段は赤字覚悟でやっているみたいです。

お店に来るお客さんはもう常連というか、それなりのガタイの大きな男性が多いです。
ママはとりあえず並の若鶏カツ定食を食べましたが、半分以上パパに手伝ってもらい、俊太にもご飯を一杯食べて貰って、なんとか完食の運びとなりました。

興味のある方はね、是非一度チャレンジして下さいませ

久々にボーリングに励むシュンタ
shunta110219.jpg
トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://shuntafamily.blog98.fc2.com/tb.php/604-f5f53c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。